今すぐ申込むと即日借りられるカードローンはここ!!

「急な用事が入って今日中にお金が必要になった…」「とにかく今すぐにお金を借りたい」そんな方のために当サイトが全力を尽くしてあらゆる角度からカードローンを解説!!各種カードローンを比較して賢い選択をしよう!!

プロミス

  • お急ぎの方なら断然ここ!!最短1時間で融資可能!!
  • 30日間無利息サービスがあるから安心!!※
  • 審査は最短30分で完了!!
  • 来店不要、WEBからスピード申込で契約完了!!
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~17.8% 1万円~500万円 最短30分 最短1時間

※ メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

お申込みページはこちら

 

バンクイック

  • インターネットで申し込めば最短30分で審査回答!!
  • 最短即日で融資完了!!
  • 三菱東京UFJ銀行の口座を持っていなくても借りられます!!
  • 事業性資金を除く資金使途は自由、1000円単位で借入れ可能!!
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
1.8%~14.6% 最大500万円 最短30分 最短1時間

 

お申込みページはこちら

 

アイフル

  • 最短1時間※で融資可能!!
  • 収入証明書類は原則不要です!!※2
  • 知名度抜群!初めて借りる方でもホッと安心
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5%~18.0% 1,000円~500万円※ 最短30分 最短1時間※

※一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。
※お申し込みの時間帯により翌日以降になる場合があります。
※2アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合

お申込みページはこちら

 

アコム

  • 最短1時間で借り入れ可能な即日キャッシングに対応!!
  • 30日間金利0円サービスがあります!!※
  • 年利3.0%~18.0%。借り入れできるか3秒診断できる。
  • 契約までインターネット経由でスピーディーに完結!!
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~17.8%
30日間は金利0円!!※
1万円~800万円まで 3秒診断あり 最短1時間

※アコムでの契約が初めての方
※返済期日「35日ごと」で契約された方

お申込みページはこちら

 

オリックス銀行カードローン

  • 最短即日融資可能&最短即日審査!!
  • 年利3.0%~17.8%。全国の提携ATMで利用できる!!
  • 申込時にオリックス銀行の口座は不要!!
  • 所得証明書は原則300万円以下不要!!
実質年率 借入限度額 審査速度 融資速度
3.0%~17.8% 最高800万円 最短即日 契約後、最短即日

 

お申込みページはこちら

 

モビット

  • 最短即日融資可能!!審査時間:10秒簡易審査
  • 年利3.0%~18.0%。10秒簡易審査でWEB完結。
  • 提携コンビニATMでラクラク引き出し!!
  • 最高800万円の融資。ゆとりあるローンにも。
実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~18.0% 最高800万円 10秒簡易審査 最短即日

 

お申込みページはこちら

>> 8位以下のランキングを見る

キャッシングを目的別に選ぶ

あなたに合うキャッシングは?金利の安さ、融資スピード、安心感など目的別に探しましょう。

カードローンの意味と特徴について

card100「カードローン」という言葉、テレビコマーシャルなどでもよく耳にしますよね。ですが、その定義や意味についてきちんと伝えることのできる方は多くはないはずです。そこでまず、カードローンの定義について説明してみましょう。カードローンというのは、個人を相手に担保がなくてもお金を貸してくれる融資のことです。通常の融資というのは担保があってはじめて成立するものですから、この場合は個人の信用の存在だけで成立している契約(融資)ということになります。ですが、カードローンというのは手軽に、また簡単にその審査が通るようなものでもありません。例えば、自動車ローンのようなものでしたらその審査もわりと通りやすいですが、カードローンの場合は審査に通れずお金が借りられないことも多いのです。

基本的には、継続的に就業している仕事をもち、比較的安定した収入がある方であれば申し込むことができます。〇百万円以上、といった厳しい年収の制限があるわけでもないのです。最近では、限度額が低ければ、安定収入があるとは思いづらい学生や専業主婦であっても利用できる商品が登場してきました。限度額が10万円程度のものもあるのです。その分だけ、今までより多くの方が利用できるようになってきています。昔に比べたら、審査自体がかなりスピーディーに行われるのも理由のひとつかもしれません。

押さえておきたい、カードローンの2つの特徴

ローンとひとくちに言っても、その種類は多様です。大きく分けるとするならば、ローンには目的ローンとフリーローンの2種類があります。カードローンはこの2つのうち、後者の方に含まれます。(ただし厳密に言えば、カードローンはフリーローンとの相違点があります。ですが、その使い道が自由であるという点において、フリーローンに含まれるということです。)対して前者の方、目的ローンというのはその名称通り、その目的(使い道)が限定されているもののことです。住宅ローンや教育ローンなどをその具体例として挙げることができます。

先ほどふれた通り、フリーローンというのはその使い道に縛りがありません。目的ローンの場合は、その定められた目的のためだけにしか使うことができませんが、フリーローンであれば、自分の好きなように使うことができるのです。ですがその分、目的ローンと比べると設定された金利は高いです。このことは、使い道が限定されないカードローンにもあてはまります。使い道は自由に決められるけれど、金利の方は使い道が限定されるものよりも高くなる。これがカードローンの1つめの特徴です。

2つめの特徴ですが、カードローンというのは、限度額の範囲内で借り入れと返済を何度もくり返すことが可能です。返済の仕方について言えば「残高スライド定額リボルビング方式」を採用するところが増えています。毎月、一定の金額を返済するリボルビング払いでは、借入額が多くなるほどなかなか元本が減らなくなります。このような状況を避けるための仕組みがこの方式で、毎月の返済金額が借り入れ残高にあわせてスライドしていくのです。またカードローンは、きちんと毎月の返済を行ってさえいれば、何度も引き出しが可能でもあります。

当たり前ですが、お金の引き出しがなされなければ、返済の義務も発生しません。カードローンをつくっただけで、実際はほとんどそれを利用されない方もいます。万が一、生活資金が不足した時のために備えて…という方もいますし、住宅ローンの優遇金利を利用したいからという理由で、融資をしてもらっている銀行のカードローンをつくる方もいます。くり返しますが、カードローンをつくっただけでそれを利用しないのであれば、返済義務も発生しないのです。自営業の方の場合、所有している不動産に根抵当権を設定し、そのもとで決定された限度額の範囲内で、銀行からお金を貸し出してもらうことがあります。カードローンはこのような事業者向けではなくて個人向け、そして、担保も必要ない無担保型のローン商品なのです。

キャッシング審査通過のための条件!

目的別ローンとフリーローンの違いを比較

項目

フリーローン

目的別ローン

使途 自由 限定
設定金利 高めに設定 低めに設定
審査時間 最短即日 長い

知れば安心・カードローンの申し込み方法

card101カードローンの申し込みのイメージは、デパートやショッピングモールなどでカード会社の社員とワンツーマンで話をするケースや、自動契約機などで行うケースを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし現在はパソコンやスマホを使ってネットを媒介して手続きをするのが普通になっています。特別な場所に行く手間も省けますし、余計な緊張感がなく手続きができるのも魅力です。ネットでカードローンに申込む時は、まず銀行のHPにアクセスし、ログインをするところから始めます。申込みフォームに、名前や年齢、住所などの基本情報を入力し、身分証明ができる書類を送信するだけです。

身分証明ができる書類には運転免許証や健康保険証があります。スキャナーで書類をスキャンして添付ファイルにして送れば、書類による郵送の手間もかかりません。またカードローンを申し込むときに、銀行口座を記載する必要があるケースがあります。ここで注意すべき部分は、銀行口座を事前に持っていないとカードーローンに申し込めないことがあります。まずは銀行に普通預金口座を開設しておきましょう。

審査を通過しないとカードローンは組めない

カードローンの申し込みの際に記載した基本情報の中に、年収などの審査に必要な情報があります。申し込み後、こららの情報をもとに審査が行われ、「審査基準を満たしているかどうか」を判断され、「利用限度額」が決定します。カードローン申込みの審査には2種類あります。ひとつめが「カードローン会社の自社審査」で、申し込みの際に記載した情報と、カード会社が取り寄せた個人情報を比較して、審査基準を満たしているかどうかの確認を行います。記載された情報が不明瞭だと判断された場合は、電話やメールで再度確認作業を行うこともあります。ふたつめの審査が「補償会社による審査」です。カード会社の審査の結果を受け、本当にその個人に返済能力があるかどうかを判断します。この段階で「返済能力なし」とされると審査落ちになり、カードローンを組むことができなくなります。つまりカードローンの審査には二段階あり、どちらの審査も合格しないとローンを組むことはできないということになります。特に最初の審査に合格するためには、申込フォームに正確な情報を記載することが大切ですので、いい加減に記入しないようにしましょう。

申込みから融資されるまで

ネットを利用してローン申し込みを行うと、申し込みから融資までの時間が大幅に短縮されます。最短の場合、申し込み当日の融資、すなわち即日融資も可能です。ネットは郵送の時間が省かれるため、ダイレクトに審査を受けられるので、融資までの時間が短くて済むのです。時期柄融資の申し込みが多い場合などは審査の手が回らず、融資までに時間がかかることがありますので、そのようなケースがあることも心に留めておきましょう。

審査通過後の「在籍確認」について

カードローンの申し込みの審査に通過をしたら、「在籍確認」という作業があります。実際に申込みをした人と連絡を取る作業で、主婦の方なら自宅の電話、あるいは携帯電話に電話またはメールが来ます。会社員の方は勤務先に連絡があります。審査が早い場合は、申込みから最短で30分程度で連絡がありますので、いつでも連絡を取れる準備をしておくことが大切です。

契約をしよう

審査に合格をし、在籍確認が済んだら、いよいよ契約手続きになります。ネット申し込みをした人は、もちろん契約もネット上ですることができます。最近はスマホでも簡単に手続きをすることができますので、仕事中でもどこにいても手続きをすることが可能です。ネット申込みの際に本人確認書類をアップロードしている人は、特に必要な書類はありません。また配偶者の所得証明書や同意書などの面倒な書類が必要がありません。

ローンカードを受け取ろう

カードローン契約が済むと、ローンを利用するための専用の「ローンカード」が郵送で届きます。カードの受取先を自分が受け取りやすい場所に指定しておくとすぐに受け取ることができますので、使用までの時間が短くなります。ローンカードを手にしたら、カード会社と提携している銀行、又はコンビニのATMで融資を受けることができます。銀行のキャッシュカードや、カード会社のカードでキャッシングするようにカードローンをすることができます。またローンの返済もATMを利用して簡単にすることができます。まネット申し込みをした場合は、カードが手元に届くまでのタイムロスを防ぐために、初回のみカードが届く前に指定口座に融資額を振り込んでもらえるサービスがあります。申し込みがすぐに現金が必要な人にメリットが大きいサービスと言えるでしょう。

すぐにお金を借りる方法

card102人生の中でいつお金が必要になるかは分かりません。24時間365日いつでもキャッシングが利用できればいいのに、と思うこともあるでしょう。

金融業界で24時間365日もコンビニのように営業していることはありませんが、それでも早く借りるための方法はあります。時間的な問題は厳しいかもしれませんが、土日であっても利用できるキャッシングはあります。今回はそれらのスピードキャッシングについてご紹介しましょう。

即日キャッシングの詳細についてはコチラ

スピードキャッシングをする2つの方法

・ネットバンキング

まず、銀行のネットバンキングという方法があります。この方法ならば24時間365日、タイムラグ無しで振込をしてもらうことが可能です。

・自動契約機を利用する

もう一つの方法は、24時間、という訳ではありませんが、土日祝日でも利用可能な消費者金融の自動契約機を利用することです。身分証明書さえあればその場で申込み、審査は可能です。その場でローンカードを発行すれば、提携しているコンビニATMなどで24時間利用可能になります。自動契約機が使えるのは、ほとんどの消費者金融では21時までです。レイクの場合はローンカードの発行のみ24時まで可能ですので、申し込みと審査を済ませているのであれば、レイクもオススメです。ただひとつだけデメリットがあるとすれば、どこに自動契約機があるかを自分自身が確認しなくてはならないことです。もしかしたら近くに自動契約機がない、という可能性もありますので、きちんとチェックしておきましょう。

自動契約機が近くにない場合は、口座振り込みもできます。しかし、この場合ですと銀行がまだ開いている15時以内に審査を終わらせる必要がありますから、必ず早めの時間に申し込みをしなくてはなりませんから注意しましょう。早めに申し込みをしようと思って午前中に行ったとしても、混雑している場合もあります。そこで申込みなどに手間がかかってしまって、ついつい15時を過ぎてしまう、ということも容易に考えられます。それらの対策のためにもオススメなのがネット申込みです。審査結果を受け取るまではネットで可能ですし、申し込みだけを済ませて、自動契約機で審査だけを受ける、という方法もありますので、時短をするにはかなり有効的でしょう。

ただし、ネット申込みは24時間いつでも可能ですが、審査時間を超えた場合、夜9時を過ぎてからの申し込みは翌日に繰り越されてしまいますので、即日融資を受けたいというのであれば、こちらも早めに申し込みをしておくといいでしょう。もしくは、深夜に申込みをしておけば、翌日に確実にしてもらえるということでもありますので、明日でもいいからすぐにでもキャッシングしたい、というのであれば、はやる気持ちを抑えて申し込みだけを夜のうちに済ませておくというのもいいでしょう。

消費者金融でおまとめローンをするメリットはあるの?

card107

おまとめローンは銀行カードローンでも消費者金融でも行うことができます。少しでも金利を少なくしたいと思うのであれば、銀行カードローンを利用する、という方は多いでしょう。実際に、銀行カードローンの方がおまとめローンをした際の金利率が下がるのは事実です。しかし、銀行はおまとめローンを行うことをあまり快く思っていないようで、積極的におまとめローンをサービスとして取り扱っている銀行はかなり少ないのです。また、審査自体が厳しいためにおまとめローンを利用したいのに審査に落ちてしまった、というような場合も考えられます。そのようなときには、おまとめローン自体を諦めるよりは消費者金融を利用した方がいいでしょう。

消費者金融で行うおまとめローンのメリットと金利率

消費者金融でおまとめローンを行う最大のメリットは、審査に通過できる可能性が高いと言うことです。これは通常のキャッシングであったとしても、消費者金融は審査に通過しやすいということも理由ではありますが、おまとめローン自体を積極的に行っている消費者金融があり、それらはおまとめローンの専用の窓口を持っているのです。

それぞれの金利率

おまとめローンの専用のコースを用意している消費者金融はプロミス、アイフル、アコムの3社です。それぞれの消費者金融での金利率は以下のようになっています。プロミスは6.3~17.8%、アイフルは12~15%、アコムは7.7~18%となっています。それぞれ、上限金利は少額融資の場合、下限金利は高額融資の場合に適用されます。また、おまとめローンの上限金利はこれも3社とも同様で300万円となっています。そのため、下限金利の最も低い数値は、この300万円の場合に適用されることになります。ただし、おまとめローンを利用するとどうしても借入金額は大きくなり、100万円以上から200万円程度までは借入をすることになります。ですので、最も金利が安くなるのはプロミスだと言えるのです。もちろん、少額融資の場合はアイフルが一番金利が低くなりますので、もしもおまとめローンで一本化する金額が少額になるのであれば、アイフルを利用することをオススメします。

各消費者金融の金利比較

消費者金融

金利

遅延利率

プロミス 4.5%~17.8% 20.00%
アイフル 4.5%~18.0% 20.00%
アコム 3.0%~18.0% 20.00%

おまとめローン自体を行うこともメリットがある

金利などで比べると、それぞれどこの消費者金融が良いか、ということが分かります。そこからどこを利用するかを決めればいいのですが、それでも、やはり銀行カードローンの方が金利率は安くなります。ですが、それにばかり拘っているよりは、おまとめローンを早く済ませてしまった方がいいでしょう。というのも、おまとめローンはそれを行うだけでも、金利以外のメリットが確かに存在するからなのです。

手間や手数料を省くことができる

おまとめローンをして、借金を一本化することには、まずは借入先が一つになり、自分の背負っている借金の全貌を掴むことができ、返済を行うモチベーションを高めることができます。月々にどれくらいの返済を行えばいいかを逆算できる点も、精神的には非常にいいことでしょう。ですが、このような気持ち的なメリットばかりではなく、実利的なメリットが確かに存在します。それは、手間や手数料を省くことができるということです。複数の借入先があれば、それだけ返済期日もいくつかあることになりますし、返済の際には、自分でわざわざ返済先を切り替えて返済をする必要がありますので、以上に面倒くさいです。これらのような手間が省ける、というだけであっても、かなりのメリットであることは良く分かるでしょう。しかし、最大のメリットは手数料が無くなるということの方です。

積み重なる手数料は高額になる

返済の際に手数料が掛かってしまう消費者金融は多く、特にコンビニATMを利用して返済を行っている方の場合は、毎回かかる手数料がかなり溜まってしまいます。もしも、500円の手数料が掛かり、1年間の返済を行えば、6000円も手数料を支払うことになります。しかも、複数の借入先があれば、借入先の数だけ倍増します。そうすると、手数料だけでも1年で数万円掛かっているような方もたくさんいらっしゃるということになります。ですので、この手数料だけでも殆ど無くすことができれば、返済自体もかなり楽ちんになりますので、非常にオススメです。

おまとめローンの理想的な使い方や選び方、審査に通過するコツのまとめ

家族にバレずにキャッシングするコツ

card106キャッシングを利用したいと思っても家族と同居しているので、それがバレるのを懸念してキャッシングの利用を思い留まっている人も多いと思います。ですがうまく利用すればバレることはありません。ここではそのような場合の注意点を見ていきたいと思います。まず注意しなくてはいけないのは、キャッシング会社からの郵便物です。これが原因でキャッシングの利用がバレてしまうことが多くあります。特に申し込み時には契約書などが届いてしまうことがあるので、これを防ぐにはネットからの申し込みを行い、郵便物を一切届かないようにすることです。

最近ではWEB完結と呼ばれる、契約の手続き全てがネット上だけで完了する申し込み方法があります。これを利用して、ネットだけで申し込み手続きを完了させましょう。またこの申し込み方法で契約を行ったとしても、キャッシング用のカードが自宅に届いてしまう可能性があります。ネットから申し込みを行った場合、基本的にこのカードは後日自宅まで郵送されてきます。このカードを同居の家族に見られてしまうと、キャッシングを利用することがバレてしまいます。それを防ぐためには、ネットから申し込みを行った後に自動契約機を利用して、その場でキャッシング用のカードを発行してしまうことです。自動契約機を各地に設置している大手の消費者金融では、ネットからの申し込みの審査が終わった後に自動契約機を利用すると、その場でキャッシング用のカードが発行できます。

もちろん審査を通過したことが条件ですが、自動契約機を利用してカードを発行した場合、自宅へ郵送されてくることはありません。この方法でキャッシング用のカードを入手しましょう。自宅へ送られてくるキャッシング会社からの郵便物は、このような契約書やキャッシング用のカードだけではありません。借り入れや返済を行った際の利用明細書があります。この明細書には借り入れや返済を行うと、その内容と残りの借入残高などが記載されて発行されるものです。ATMを利用して借り入れや返済を行った場合、その場で機械から発行されることがあり、その場合は後日別に郵送されてくることはありません。

明細書がその場で発行されるATMかどうかは利用してみないと分からないところがあり、同一チェーンのATMでも個別に仕様が異なる場合があります。例えば同じチェーンのコンビニのATMを利用しても、店舗によって明細書が発行される店舗と発行されない店舗があるということです。明細書が発行されないATMを利用してしまうと、後日その時の明細書が郵送されてきてしまいます。普段と違うATMを利用する際には注意が必要です。また返済を遅延したことで、その催促の電話連絡があったり、督促状などの郵便物が自宅に送られてきてしまうことがあります。これはきちんと返済を行うことで防げるので、家族にバレずにキャッシングを利用したい場合は返済の遅延には注意しましょう。

一度の遅延でいきなり電話で連絡をされたり督促状が届くようなことはありません。返済日に支払いが行えないと、まずは携帯電話までその旨の連絡が掛かってきます。そこで返済できる日を伝えると、その日までその旨の連絡はなくなりますが、その日に返済が行えないと、次は自宅に掛かってくる可能性があります。どうしても返済日に支払えない場合でも、そこで約束した日には必ず支払うようにしましょう。また督促状などの郵便物は、よほど延滞をしない限り送られてくることはありません。この返済の遅延が原因で家族にバレてしまうことが一番多いといわれています。どうしても家族には内緒にしたい場合、返済を滞らせてしまう可能性があるような無理な借り入れは行わないように心掛けましょう。

家族にカードローン利用を知られたくない人の対処方法

在籍確認の比較

消費者金融

在籍確認の方法

アコム 電話確認
プロミス 電話確認
アイフル 電話確認
モビット Web上で確認

最近よく見かける銀行系のカードローンって?

cardloan11

最近では、テレビのCMなどでも銀行系のカードローンを見る機会が多くなりましたよね。銀行という、信頼性もかなり高いところが関わっているので、利用する側としてもやはり信頼できるのではないでしょうか。
カードローンの他にも、キャッシングという言葉があります。この2つには違いがあることはわかっていても、実際にどこが異なるのかまでは知らない人も結構いるのではないでしょうか。

カードローンの場合は、毎月の返済額がだいたい一定額で済むリボルビング払いが多く利用されています。毎月、完済するまで一定額を支払っていくものなので、少し高額な買い物をする時などに便利で私も何回か利用した経験があります。

そして、キャッシングの場合基本的には1回払いになり、比較すると利息も割高な特徴があります。カードローンにも、銀行系だけではなく信販系、消費者金融系などのようにさまざまな種類があります。

初めて借りる人などは戸惑う事も多いと思いますが、銀行系の場合は消費者金融系や信販系よりも金利は低く、利用限度額も若干高めとなっているところが多いですし、何より安心感がありますよね。

もちろん、信販系や消費者金融系の中でも金利もわりと安めで安心して借りる事が出来るところもありますので、そういったところを利用するようにしましょう。

消費者金融系カードローンのメリット

cardloan12

消費者金融系カードローンは、信販系や銀行系カードローンに比べて利用者がかなり多いといわれています。審査時間も短く、わりと素早く借り入れができる特徴があるためです。申し込んだその日に融資が受けられることもあり、これは銀行系などではありえないことです。

審査基準はアルバイトでも安定した収入があれば、信用情報に問題がない限り借り入れられるのも利用者が多くなる理由です。借り入れ可能枠の増枠の申請に関しても一定の審査基準をクリアさえすれば、今すぐ資金がほしい方にはメリットは大きいです。

消費者金融系にデメリットはある?

消費者金融系カードローンは、特にキャッシングにおいて他社のキャッシングサービスと比較すると金利が高いのがデメリットです。

借り入れ金を無計画に増やした結果、返済が滞ってしまう人も少なくありません。もし短期間や少額の借り入れであれば消費者金融系でも問題はないでしょうが、長期間の返済や高額な借り入れ額ではたくさんの利息を支払うことになり、元本がなかなか減らないことになって、返済不能に陥ります。

借り入れは計画的に行うことが一番ですが、もし返済が苦しくなってしまったら「おまとめローン」などを検討し、借り換えなどを行ってみることも考えましょう。最初は比較的審査が厳しくない消費者金融系や信販系の会社のおまとめローンに申し込んで、その後、銀行系のおまとめローンに移行すると、スムーズにより低い金利のところに借り換えが可能になります。
銀行系、信販系よりは借りやすい分、金利が高くてデメリットも多いですが、計画的に利用したり、少額を短期間にするなどにしておけば、消費者金融系カードローンも魅力がいっぱいです。

カードローンを利用する前にまずはカードローンおすすめトライへ


mark

カードローンおすすめトライは、消費者金融やカードローン会社のサービスを一覧比較できるカードローン総合比較サイトです。カードローンを利用して借り入れを受ける方法や返済方法など目的や借入のシチュエーションに合わせて最適なカードキャッシングライフをサポートします。優良会社のみを厳選して紹介しているので安心してご自分に適した会社を選んで申し込みができます。また、入門情報などを利用すればカードローンの基礎知識が勉強でき、借入に関する不安や疑問も即解決できます。