借金や延滞などの事故記録はいつ消えるの?

事故記録とは、お金の支払いや返金に時間がかかってしまった延滞・滞納記録自己破産などの債務整理、代位弁済などを済ませた記録を指します。

しかし、こういった事柄はいつ信用情報から消えるのかというのがとても気になりますね。消えてくれないと新たなカードローンの申し込みやキャッシングを利用することができません。申し込めたとしても、審査に落ちるのが目に見えてます。そこでこういった記録はどのぐらいの期間があけば、抹消されるのかご紹介していきましょう。

延滞記録の場合

携帯の支払い、家賃の支払い、電気代などの光熱費の支払いなど毎月支払わなければいけないものはたくさんありますね。
そういった料金の支払いが滞納されてしまうと事故記録として残ってしまいます。

ただし、そこまでシビアなものではなく、たまたま支払うのを忘れていて、1週間や2週間程度遅れてしまっただけという場合には事故記録として登録されないので心配する必要はありません。

大体の目安として滞納や延滞の期限が2ヶ月以上伸びると事故記録に残ると言われています。

代位弁済とは

代位弁済は滞納した本人ではなく、保険会社などが返済を行った場合を指します。本人の能力で返金が行われたわけではないので、事故記録に残っていると、まずお金を新たに借りることはできないでしょう。

また、代位弁済は保険会社だけでもなく、保証人に請求される場合もあります。ただし、この代位弁済は肩代わりしているだけなので、肩代わりした保険会社や保証人が、返済できなかった本人にのちに請求する権利を有しています。

その場で、支払いを肩代わりに行ってくれるだけなので借金と同じ扱いですね。期間が延びると、遅延損害金としてさらに年間14.6%のお金が付随して請求されてしまうケースがあります。

こういった記録が残っていると、印象として非常に悪いでしょう。ほぼ100%に近い確率でお金の融資やカードローンの申し込みを受け付けることはできません。代位弁済に関しては、どの信用情報機関でも5年間は残っています。

自己破産の場合

一番、事故記録で影響が出てしまうのが自己破産です。自己破産はいわば、自分の返済能力がないと認めて白旗を揚げている状態です。
この記録が事故記録として残ると、お金の融資やカードローンを組むことはまずできません。事故記録の中でも一番重い扱いとなるので、10年経ったとしても自己破産のデータは国が発行する官報に掲載されているので、10年経ってもお金が借りられないということが考えられます。

事故記録として重いもの 全国銀行個人信用情報センター(KSC) CIC JICC(日本信用情報機構)
任意整理 完済から10年 完済から5年 完済から5年
個人再生 完済から10年 完済から5年 完済から5年
自己破産 免責確定から10年 免責確定から7年 免責確定から5年

以上三つの事故記録についてまとめてみました。
こういった事故記録は世間に公表されることではないので、他人に知られるケースはありませんが、銀行金融会社クレジットカード会社などは信用情報をチェックすることができるので、隠すことはできません

「小額の延滞なら大した影響はないんだろう」などと、考えている方もいるようですが、延滞の記録は非常に長い期間記録されているものなので、その点理解しておかないと、クレジットカードを新たに作ったり、カードローンの利用を行うことはできません。

ただし、永久に登録されているものではないので、一定期間たてば、そういったデータも削除されます。その期間まではお金のトラブルや問題が起こらないようにして対処することが大切です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>