借金や延滞などの事故記録はいつ消えるの?

事故記録とは、お金の支払いや返金に時間がかかってしまった延滞・滞納記録自己破産などの債務整理、代位弁済などを済ませた記録を指します。

一度登録された金融事故の情報はいつになれば抹消されるのでしょうか?

カードローンの利用中に金融事故を起こしてしまうと、金融事故の履歴が個人信用情報機関に登録されることになります。金融事故の履歴が登録されるとカードローンやクレジットカードの審査には通らなくなりますので、どうすれば金融事故の履歴を抹消することができるのか、いつになれば金融事故の履歴が抹消されるのかが気になるかもしれません。今回は金融事故の履歴が抹消されるための条件などについて、さらに詳しく確認してみたいと思います。

延滞記録の場合

携帯の支払い、家賃の支払い、電気代などの光熱費の支払いなど毎月支払わなければいけないものはたくさんありますね。そういった料金の支払いが滞納されてしまうと事故記録として残ってしまいます。
ただし、そこまでシビアなものではなく、たまたま支払うのを忘れていて、1週間や2週間程度遅れてしまっただけという場合には事故記録として登録されないので心配する必要はありません。大体の目安として滞納や延滞の期限が2ヶ月以上伸びると事故記録に残ると言われています。

代位弁済の場合

代位弁済は滞納した本人ではなく、保険会社などが返済を行った場合を指します。本人の能力で返金が行われたわけではないので、事故記録に残っていると、まずお金を新たに借りることはできないでしょう。また、代位弁済は保険会社だけでもなく、保証人に請求される場合もあります。ただし、この代位弁済は肩代わりしているだけなので、肩代わりした保険会社や保証人が、返済できなかった本人にのちに請求する権利を有しています。その場で、支払いを肩代わりに行ってくれるだけなので借金と同じ扱いですね。

期間が延びると、遅延損害金としてさらに年間14.6%のお金が付随して請求されてしまうケースがあります。こういった記録が残っていると、印象として非常に悪いでしょう。ほぼ100%に近い確率でお金の融資やカードローンの申し込みを受け付けることはできません。代位弁済に関しては、どの信用情報機関でも5年間は残っています。

自己破産の場合

一番、事故記録で影響が出てしまうのが自己破産です。自己破産はいわば、自分の返済能力がないと認めて白旗を揚げている状態です。この記録が事故記録として残ると、お金の融資やカードローンを組むことはまずできません。

事故記録の中でも一番重い扱いとなるので、10年経ったとしても自己破産のデータは国が発行する官報に掲載されているので、10年経ってもお金が借りられないということが考えられます。

金融事故には様々な種類のものがあります!

上記で解説をまとめると延滞をしてしまった場合には、金融事故として延滞の履歴が登録されます。延滞についてはついうっかり返済に遅れてしまうことがありますので、すぐに延滞の履歴が登録されてしまうことはありません。ただし延滞が長期化して2ヶ月~3カ月以上になると、悪質な利用者だと判断されて延滞の履歴が登録されることになります。その他に延滞をした利用者と連絡が取れない場合などには、返済の遅れが短期間であっても延滞の履歴が登録されることがあるようです。

債務整理を行った場合にも、同様に履歴が登録されることになります。債務整理は法的に債務を免除または軽減する手続きであり、具体的には自己破産・特定調停・個人再生・任意整理などの方法があります。債務整理が認めれれば利用者は借金から解放されるのですが、一方で貸し付けを行う金融機関には損失が発生することになりますので、債務整理を行った場合には金融事故として個人信用情報機関への登録が行われるのです。

代位弁済が行われた場合にも、金融事故として履歴が登録されることになります。銀行系カードローンなどでは保証会社との契約により、利用者が返済に遅れた場合には保証会社がこれに代わって返済(代位弁済)を行います。代位弁済が行われた場合には金融事故として個人信用機関への登録が行われ、その後利用者は代位弁済を行った保険会社に対して返済を行うことになります。

事故記録として重いもの 全国銀行個人信用情報センター(KSC) CIC JICC(日本信用情報機構)
任意整理 完済から10年 完済から5年 完済から5年
個人再生 完済から10年 完済から5年 完済から5年
自己破産 免責確定から10年 免責確定から7年 免責確定から5年

以上三つの事故記録についてまとめてみました。
こういった事故記録は世間に公表されることではないので、他人に知られるケースはありませんが、銀行金融会社クレジットカード会社などは信用情報をチェックすることができるので、隠すことはできません

金融事故の履歴が登録されるとカードローンやクレジットカードは利用できなくなります!

個人信用情報機関に金融事故の履歴が登録されると、カードローンやクレジットカードが利用できなるだけではなく、さらに住宅ローンや自動車ローンなどの審査にも影響を及ぼすことになります。

一度登録された金融事故の履歴は5年~10年程度個人信用情報機関に記録が残りますので、カードローンやクレジットカードを再度利用するためには時間が経過して金融事故の履歴が抹消されるのを待つ以外に方法はないのです。

カードローンやクレジットカードは返済能力の範囲内で計画的に活用しましょう!

延滞や債務整理などの金融事故を起こしてしてしまうと、その後のカードローンやクレジットカードや各種ローンなどの利用を制限されることになります。カードローンやクレジットカードなどについては、くれぐれも返済能力の範囲内で計画的に活用することを心がけてください。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*