カードローン審査でキャッシング事故者リストは存在するのか?

カードローン審査では、これまでの借金記録滞納記録などがあるかどうかが審査の大きな分かれ目と言われています。

大切なことは簡単に言ってしまえば、「お金を借りてもしっかりと返金できる能力があるかのどうか」ということ。過去の履歴でそういった滞納記録がある人のリストをまとめた「キャッシング事故者リスト」というものが、あるのではないかと一部では噂になっています。

ここではその実態も含めてキャッシングの名簿の有無などについて徹底的に調査してみました。

そもそもキャッシング事故者リストが存在するのか?

お金を返却しない人、借金まみれの人だけを一覧にした事故者リスト、いわゆるブラックリストが存在するのではないかといわれています。

しかし、結論から言うと、そのような人をまとめた表というのは実在しないようです。
キャッシング事故者リストはありませんが、各金融機関が信用情報というものを所有しています。

個人の口座の入出金記録借入記録、滞納記録、カード申し込み記録、その他、個人情報を含めた情報が信用情報機関に登録されています。

ブラックリストというのは単なる噂にすぎないようです。実際に信用情報機関でもそのような事故者リストについては否定しています。

あくまでも個人データとして履歴が残るのみで、借金が多い人たちだけで取りまとめたリストがあるわけではありません。

カードローンを申し込む人は近年の状況がポイント!

過去にカードローンを申し込んだ経験がある方やキャッシングを利用した経験がある方は信用情報に記録されていて、それをもとに審査に落ちてしまうということもあります。

しかし、「過去にカードローンに申し込んだときは無職やアルバイトだった、しかし、今は正社員として5年間勤めている」などの職歴がプラスされれば、審査が受かりやすくなる可能性もあります。

ただ、カードローンは全ての会社で同じ規定ではないのでアルバイトやパートの方でも受かる場合もありますし、逆に正社員として働いていても落ちてしまうケースもあります。

また例えば、「前回カードローンの申し込みをした時は、ローンの返済してから1年しか経っていないこともあり、審査に落ちてしまった」という場合でも、返済が完了して、過去5年間では全くそういったトラブルがない場合は、改めてカードローンの申し込みをすると審査に通過する可能性も高まります。

つまり、近年お金のトラブルが発生せず、安定した収入を得ている方であればおのずと審査に通る確率も高くなるというわけです。
今後はキャッシング事故者リストが出来るなんてことも!

現時点では、キャッシング事故者リストというものは存在しませんが、信用情報は一つの企業だけが所有しているデータではなく、日本信用情報機構全国銀行個人信用情報センターCICの三つの機関がデータを所有しています。

今後、ブラックリストのような事故者リストを作ってデータを管理したほうが情報共有しやすいということになれば、そういったリストが作られても不思議ではありません。

現状では、例えば、延滞した時に全国銀行個人信用情報センター(KSC)とCICでは5年間のデータベースを保有していますが、日本信用情報機構(JICC)では1年しか保有していません。その年数を合わせる意味でも、どの信用情報でも5年間延滞の履歴データが残るなんていうことも、今後あるかもしれません。
 

主な要因 CIC KSC JICC
延滞が表示される期間 延滞継続中または延滞解消後5年未満 事故発生5年未満、延滞解消後5年未満 延滞継続中または延滞解消後1年未満

 

そうなると今までは信用情報に延滞のデータがすでに無くなっていた人も、信用情報にまた載ってしまうなんてことも・・・。
そういったことも今後考慮していくと、長年にわたり延滞や滞納、借入などが無いという実績が必要となってくるかもしれませんね。

今回は事故者キャッシングリストはあるのかどうかということを検証してきました。今のところはそのようなものはありませんが、今後もしそのようなリストが作成される場合は、就職転職新規のカードローン作成などに影響が出てくる可能性もあるかもしれません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*