借金があると就職に不利?知っておきたいカードローン事情!

現在カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用している人は、就職や転職などの際に不安を感じることがあるかもしれません。

「借金が原因で就職や転職が不利になるのではないか?」「就職や転職を希望する会社に借金をしていることがバレてしまうのではないか?」「就職や転職そのものがダメになってしまうのではないか?」などといった不安を感じている人が多いようなのですが、それでは実際に就職する際にカードローンやクレジットカードのキャッシングなどの借り入れが採否に影響することはあるのでしょうか?

確かにカードローンを利用した借金滞納の利用記録があると、就職や転職に際して不利に働くという噂があります。

例えば、「銀行員郵便局員などが実生活では借金まみれだった!」なんてことでは信用度も落ちてしまいますね。

こういったプライバシーに関与する部分も就職で相手先企業に知られてしまうのでしょうか。借金や滞納の情報が就職に影響するのか徹底検証していきましょう。

一般的な企業への就職や転職であれば影響することはありません!

カードローンやクレジットカードのキャッシングなどの利用が就職や転職に及ぼす影響については、就職や転職を希望する企業によりそれぞれ異なるようです。一般的な企業への就職や転職であれば、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどの利用が影響することはないでしょう。

一般的な企業では求人に応募した人の借金の利用状況を確認することはできませんので、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどの利用状況が伝わってしまうことはありません。面接の際に面接担当者から確認されることがあれば別ですが、そうでなければ借金の有無が一般的な企業への就職に影響することはないのです。

ただし金融機関への就職や転職を希望する場合には、状況は若干異なります。借金が原因で不採用となってしまう可能性がありますので、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどの利用にはくれぐれも注意をしてください。

個人の貯金や借金は調べられてしまう?

一般的な企業では就職の際に、個人の借金があるかどうかということを面接で聞くようなところはめったにありませんし、裏でそういったことを調べるということもないでしょう。基本的に信用情報機関の内容は本人以外に開示することはありません。

例えば、面接先の企業が信用情報機関に面接した人の信用情報の開示を求めても、情報を得ることはできません。つまり、一般的には知りうることができない情報です。キャッシングを利用した経験があったり、借金が過去にあっても就職に影響するということはないでしょう。

ただし、就職先の企業によっては判明してしまう可能性も!では、どういった企業に就職する際でもそのような金融履歴がバレないのかと言ったら、そうとも言いきれません。例えばクレジットカードなどの金融会社、銀行、消費者金融などへの就職を考えている場合、その企業ごとに信用情報機関とのつながりがあります。

そうなると個人の利用記録として残っている可能性が高いです。「面接に来た人の借金や滞納の情報を調べる」と、大々的に公表しているわけではありませんが、調べようと思えば調べられる環境が整っています。そうなると採用される可能性も低いと言わざる得ません。

ただし、こういった企業でも過去10年も20年もデータが残っているわけではありません。信用情報機関がデータとして残しているのは、例えば、延滞期間であれば5年が最長期間となっています。つまり、「7年以上前に延滞してしまった過去がある」という場合には、信用情報機関にそのデータは残っていないはずです。

そうなると当然、面接先の会社がいくら調べても把握することができません。過去何年まで、信用情報機関が情報を残しているのかは下記をご参照ください。

 

主な要因 CIC KSC JICC
延滞 5年間 5年間 1年間
任意整理 5年間 5年間 5年間
自己破産 7年間 10年間 5年間

 

就職及び転職する際に大事なこととは

借金をしないで延滞や滞納の過去がなければ、それに越したことはありませんね。しかし過去には、そういったことがあって転職に少しでも障害になりそうだなと思えば、金融機関とは全く関係のない転職をまずは考えてみては良いでしょう。

金融関連以外の企業でも探偵事務所や興信所を使って、個人の借金などを調べることもできなくはないのですが、わざわざそこまでやる企業も少ないでしょう。一般的な企業で働いて、過去のローンやキャッシング利用履歴がなくなれば、金融機関への転職を考えても問題ありません。

公的機関や大手の企業の場合は、身辺調査をする可能性も無くがありませんが、一般的な企業への就職を考えている方は、そこまで気にする必要ないでしょう。ここまでご紹介したように、「100%個人の金融取引がバレない」とは言い切れませんが、一般的な就職先を考えている方はまず影響がないと考えてよいでしょう。

大体の場合はお金に絡む仕事の時にだけ、そういった過去の履歴が調査されるケースが多いようです。消費者金融を使ったことがあるという方が、金融関係に就職する機会というのもそこまで多くはないでしょうから、気にする必要なさそうですね。

金融機関への就職や転職には借金が影響する可能性があります!

就職先や転職先として金融機関を希望する場合には、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどの借金が影響する可能性があります。借金をしている人が銀行に採用される可能性は少なくなりますし、また信販会社や信販会社などについても同様だといえるでしょう。

さらにクレジットカードの利用履歴なども採否に影響を及ぼすことになります。クレジットカードの利用履歴を確認することで、普段どのような生活をしているのかがある程度わかってしまうのです。銀行や信販会社や消費者金融などでは個人信用情報機関に情報の照会を行って、カードローンやクレジットカードの利用履歴や延滞や債務整理などの金融事故の履歴を確認することができます。

カードローンやクレジットカードへの申し込みの際に審査に役立てることが信用情報の本来の目的であり、それ以外のためにこれを利用することは認められていません。ただし実際には多くの金融機関が就職や転職を希望する応募者の身辺調査のために、信用情報を利用している可能性が高いと考えられています。

実際に金融機関への転職や就職に成功した人の口コミなどを確認してみると、カードローンやクレジットカードのキャッシングを利用していても採用が決まったという事例が報告されていますので、借金があるからといって必ずしも不採用になるわけではないようです。本人の履歴や能力が優れているのであれば、カードローンやクレジットカードを利用していても十分に採用される可能性があるといえるでしょう。

金融機関への就職や転職には借金が影響する可能性が高くなりますので、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどについてはできるだけ利用しないことをおすすめします。ただし就職や転職の可能性がゼロになってしまうわけではありませんので、希望する業界や職種などに積極的にチャレンジしてみてください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*