カードローンの使用経験は就活に影響するのか?

「学生時代にギャンブルにはまってしまい、借金を100万円ほどしてしまった・・・。」

「授業料を援助してくれる親ではなかったので、どうしても生活費が苦しくなり、借金をしていた期間がある」

などのケースでは、就職にまで影響するのではないかと不安な気持ちを抱いている方もいます。

そういった過去の借金生活は応募先企業に知られてしまうことなのでしょうか。
就職へ影響について詳しくみていきましょう。

キャッシング利用は就職へ影響するのか?しないのか?

昔からのイメージでというと、借金は「闇金やサラ金などのような悪徳業者から借りる」という印象を持っている方が多いかもしれません。しかし、実際は、みずほ銀行のカードローンやエポスカードのキャッシングなど身近なカードや銀行でもお金が借りられる状況となっています。

しかし、そういった心の油断が思わぬ災難を呼び、借金が膨れ上がってしまったという方もいるのではないでしょうか。学生の場合は、少額の金額しか借りられないケースが多いのですが、キャッシングといえども、数十万円に借金が膨れ上がり、返せなくなってしまったという意見もよく聞かれます。しかし、一般的な企業は、個人の借金などの金融借入履歴を把握するすべはありません。つまり、「ぶっちゃけバレない!」ということが現実としてあるんです。

カードローンの利用は金融機関への就活に影響する可能性があります

一般企業への就活でカードローンなどの借金について確認されることはありませんが、就職先として金融機関を希望する場合にはくれぐれも注意をしてください。銀行や消費者金融などの金融機関ではカードローンやクレジットカードの審査の際に、個人信用情報機関に情報の照会を行って申込者の信用情報の確認を行います。金融機関ではこの制度を利用して、就職を希望する学生の信用情報を確認しているのではないかと噂されているのです。

信用情報機関では、「当該個人情報は支払または返済能力を調査することのみを目的として、加盟先機関及び提携先機関の加盟会員はこれを使用します。」としています。つまりあくまでも支払い能力を確認するために信用情報は使用され、その他の目的のためにこれを使用することは認められません。就職を希望する学生の身辺調査のために信用情報を使用することも当然認められないのですが、実際には学生の信用情報を金融機関が閲覧している可能性はゼロとは言えないようです。

さらに学生が就職を希望する金融機関の顧客である場合には、自社が提供するカードローンやクレジットカードなどの利用状況は当然判明することになります。就職を希望する学生を適性や能力以外の理由で不採用にすることは認められないのですが、実際にはそのようなことが行われているのかもしれません。ただし公的な金融機関(日本銀行や政府系銀行など)であれば法律を厳密に順守することが求められますので、借金が採用に影響する可能性は低くなります。

あまりにも借金が膨らむと危険!

上記では、「借金履歴などは企業にバレない」とお伝えしましたが、あまりにも借金が膨らみ、返せる見込みがなくなり、自己破産となってしまうと話は別です。
自己破産はいわば、国からの通達となるわけですから、国が発行している官報の自己破産名簿に名前が記載されてしまいます。そうなってしまうと、すべての企業や調査機関にチェックされてしまいますから、面談先の企業や就職先の企業にその情報が知れ渡ってしまう可能性が高くなります。
仮に面接で内定をもらっても、あとでその事実が明るみになると、途中で解雇されてしまうという可能性もなくはありません。そういった状況に陥ることだけは気をつけたいところですね。

自己破産以外でもバレてしまう可能性が!

金融関連企業、あるいは上場企業の面接では細心の注意を払って面接者の動向をチェックしていきます。単純に応募者が提出した職務経歴書や履歴書だけで判断することはないでしょう。>場合によっては個人信用情報機関からの情報を入手したり、探偵事務所や興信所に依頼して対象者の金融履歴に関して調査するケースもあるほどです。
身辺調査を進めることで、「借金の可能性があるのではないか」といった疑いが持たれ、調査されることがあります。具体的には家族構成や家族の勤務先、連絡先などの情報から調査が行われます。もちろんこういった情報は面接先の企業が知っているわけではなく、調査会社を経由して情報が伝達されます。

親の借金や自己破産をきっかけに、面接の応募者がカードローンを使っていたことが発覚するケースもあります。ただ、中小企業の場合はわざわざ調査会社を使って、調べるケースはほとんどありません。金融関連の企業や大手の企業がそういった調査を行うことがあります。

調査が入りやすいとされる会社 調査方法
クレジットカード会社 信用情報の照会
消費者金融 信用情報の照会
銀行 信用情報の照会
信販会社 探偵事務所・興信所・調査機関など
保険会社 探偵事務所・興信所・調査機関など
大手企業など 探偵事務所・興信所・調査機関など

 

一般的には、借金などの情報が開示されていないので、個人の借金の有無や履歴を相手方企業が知ることはないのですが、調査する方法はゼロではないということは、心の片隅に理解しておきたいところですね。ただ、借金の有無というのは基本的にプライバシーの範囲内と考えている企業も多いので、もちろん無いに越したことはないですが、そこまで干渉しない企業も多いのが現状です。

カードローンなどの借金は早めに返済してしまうようにしましょう!

企業は就職を希望する学生に関して、学生の適性や能力以外の調査をしてはいけないとされています。一般企業が学生の信用情報を確認することはあり得ないのですが、個人信用情報機関に情報の照会を行うことができる金融機関の場合には、学生の信用情報を調査していることが可能性としては十分にありえるといえるでしょう。

個人信用情報機関にはカードローンやクレジットカードなどの利用履歴や、延滞や債務整理などの履歴が登録されることになります。延滞や債務整理などの履歴が登録されてしまうとその後5年~10年程度の間は信用情報機関に記録が残ってしまいますので、特に金融機関への就職を希望する人はできるだけ早くカードローンなどの借金を返済して、すっきりした気持ちで自信を持って就職活動に取り組んでみてください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*