滞納の利用記録が残ると審査に落ちる?カードローンの利用方法とは!

カードローンの申し込みをする時には、過去の金融機関のデータが利用記録として信用情報機関に登録されています。

ちょっとした買い物や借入などの記録も全て残っています。また、金額の記録だけでなく、個人の情報も登録されています。
ここでは具体的にどういった利用記録が残るのか詳しくみていきましょう。

金融機関の利用記録で残るものとは

金融機関の利用記録で長年にわたり情報が登録されるものは、名前や生年月日などの個人情報です。個人を特定できるような情報が登録されています。名前生年月日のほかに自宅電話番号携帯電話番号実際に利用した日付申込み日なども登録されています。

いつ、どんな人が登録したかということが全て筒抜けの状態というわけですね。ただし、そういったデータの中で信用情報機関が最も重視しているものは、お金のトラブルがあったかどうかということ!

いわばお金を返す能力があるかどうかを判断するものですから、当たり前といえば当たり前ですね。クレジットカードやローンを利用して返済が滞ってしまっていた履歴があれば、全て記録として残っています。

急な買い物したいとき、大きい買い物(自動車や車など)をしたい時、何か特別な理由で一時的にお金が必要なときには、こういった利用記録を必ずチェックされます。過去の利用記録によっては審査に落ちてしまう可能性も考えられます。

審査に落ちる事例 主な要因
借り過ぎ 過去に返せないほどの借金が発生した場合。年収の1/3以上の借金がある場合はほぼ不可。
支払遅延や滞納 支払遅延や滞納がある場合は、ほぼ不可。(期間はカード会社などによる)
多重申請 複数のカード会社に申し込んでいる
利用限度額の不均衡 収入に見合わない希望額を申請したとき。

 

長期の延滞をしてしまうと信用情報機関に履歴が登録されることになります!

様々な事情によりカードローンの返済を滞らせてしまうことがあるかもしれませんが、ついうっかり返済に遅れてしまうのは誰にでもあることですから、その後すぐに返済をすれば個人信用情報機関に延滞の履歴が登録されることはありません。ただし延滞をそのまま放置して長期化してしまうと、悪質な利用者だと判断されて延滞の履歴が登録されることになります。

通常は延滞が2ヶ月~3カ月を超えると個人信用情報機関に履歴が登録されるのですが、さらに電話をしても連絡が取れない場合などには短期間で延滞の履歴が登録される可能性がありますので、カードローンを提供する金融機関からの連絡にはきちんと対応することを心がけてください。

カードローンやクレジットカードなどのサービスを提供する金融機関では共同で個人信用情報機関を設立して、これに利用者に関する情報を登録しています。登録された情報は個人信用情報機関を活用する金融業者の間で共有されることになりますので、延滞や債務整理などの金融事故の履歴が登録されてしまうとカードローンやクレジットカードの審査には通らなくなってしまうのです。

延滞などの履歴が登録されていると信用に問題がある利用者だと判断され、カードローンやクレジットカードの利用が制限されることになります。普段から確実な返済を続けていれば問題ないのですが、ついうっかりなどにより返済に遅れてしまった場合にはすぐに金融機関に連絡をして、指示に従って返済の手続きを行うようにしましょう。

一度登録された延滞の履歴は、個人信用情報機関に5年程度の間登録されます。その後さらに延滞をしてしまうと追加の履歴が登録され、その分だけカードローンやクレジットカードの利用を制限される期間が延長されてしまうのです。一方で個人信用情報機関には延滞の履歴だけでなく通常の返済の状況なども登録されますので、毎月しっかりと返済を行うようにすれば金融機関からの信用を獲得することができます。

確実な返済の履歴を積み重ねれば住宅ローンや自動車ローンなどの一般ローンの審査の際にも有利になりますので、個人信用情報機関にはプラスに評価される良い履歴を残して、将来にわたってお金と上手に付き合っていくことが大切だといえるでしょう。

どんな利用記録が残っているとまずい?

過去の金融履歴で滞納・延滞が特に審査の可否に大きく影響してきます。
「3ヶ月以上の支払遅延がある」、「借入記録が多い」、「家賃の滞納記録がある」などの理由があれば、ほぼ間違いなくカードローンの審査を通過することはできないでしょう。

また信用情報機関というのは、料金の履歴だけでなく、実際にどのカードローンに申し込んだか、などの記録も残っています。

数ヶ月以内に複数社のカードローンの申し込みをしている場合も、支払能力や理由について懐疑的な見られ方をするケースが多く、審査に落ちやすくなっています。

審査は利用記録として借金がなければ大丈夫というわけではありません。現在のローンカードやクレジットカードの所有数なども影響してきますので、注意が必要です。

悪い利用記録が残っていると、一生借りられない?

例えば、「3ヶ月間、何か支払いの滞納をしてしまった履歴がある」という場合、確かに信用は落ちますね。

しかしカードローン会社もそういった人間に対して、一生お金を貸さないというわけではないんです。

しっかりと返納した履歴が残り、且つ、近年そういった滞納や遅延のトラブルがないということが確認できれば、カードローンの審査に通過することも可能です。

一つの目安として、滞納や延滞の記録は過去5年以内に1件もないという状態であれば、審査が通る可能性が高くなっています。このように利用履歴は多種多様なデータが残っています。

単純にお金の返済・滞納というだけでなく、カード会社に申し込みしている数、利用限度の希望金額などのデータも残っていますので、お金のトラブルを生み出さない人間かどうかということが、審査の分かれ目となるわけです。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*