クレジットカード現金化に注意!

クレジットカード現金化は、やってはいけません!注意しましょう!

クレジットカード現金化は違法なの?

クレジットカードで高額のパソコンなどを購入し、業者に引き渡すことで現金を得るクレジットカード現金化が問題視されています。
これは実質的な貸金業に当たるとして、取締りの対象になっているケースがほとんどです。

キャッシングなどの枠を使い切った人が、残ったカードの枠を使って買い物し、それを現金にかえることで、業者は売却した価格と実際の買取額の差額を利益として手にします。
これではほとんど貸金業と同じですが、売買のモノが絡んでいるだけにやっかいです。
関係省庁の多くが「違法性を認識」しているため、やらないほうが賢明です。

カード会社も警戒しています

クレジットカード会社も換金を目的としたショッピングは禁止しています。
違反した場合はカードの停止強制退会残債の一括請求などのペナルティの対象となります。くれぐれもカード現金化はやめましょう。

年利にするとものすごい金利となる

例えば100万円の新幹線のチケットを購入し、80%のキャッシュバック率で換金した場合、80万円の現金を得るのに一ヵ月後に100万円を支払わなくてはなりません。
それを年利に直すとなんと300%となります。300%もの金利を払うと考えると、決してやるべきではありません。逆に言うと、業者側には非常に旨味のあるビジネスなのです。ですのでいつまでもなくなりません。

出資法にあてはまらないの?

出資法の上限金利は29.2%が上限。つまり300%の年利などありえないのです。
ですが業者は、あくまで金融業ではないとして、商品の買取を行っているだけなので、金融業者ではないとしてこの法律から逃れています。
そのため、街中で堂々と営業しているのです。
たとえ少額であっても、やらないほうがいいでしょう。カード会社の規約にもありますとおり、ペナルティの対象になってカードが止められてしまいます。
また分割で購入したのに、一括請求される可能性もあり、破綻が近づきます。

さらに悪徳業者は、支払をしてくれないこともあります

さらに悪徳の業者になると、支払をせずに商品だけ購入させて、受け取った後連絡がつかないと言うこともありえます。
肝心の現金を振り込まないのです。

業者を装った詐欺の場合もあり、申し込みを行ってきたユーザーに対して個人情報を記録させ、その記録を元に闇金へと誘導するような流れです。
自分の債務を増やすだけであり、また危険な闇金業者とのかかわりができてしまうため、クレジットカード現金化には絶対に手を出さないでください。

借りるなら正規の業者で借りましょう。またクレジットカードの枠を現金化することは違法に近いと言う認識をもって、法やルールを破らないようにしましょう。

ここまでお金に困っていると、あの手この手で悪徳業者が迫ってきます。
くれぐれも知識をつけて自営して、だまされないようにしてください。
クレジットカード現金化は絶対にやらないようにしてください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。