あなたはどう? 違法金融業者に騙されやすい人の意外な特徴

違法金融業者にどんな人が騙されるのでしょうか?

違法業者はその特徴をよく知っており、上手にその性格上の特徴を利用してお金を騙し取ります。違法金融業者に騙される人の特徴として、多くの人は気弱な意志薄弱の人というイメージをいだくかもしれません。確かにそのようなタイプの人も騙されやすいのですが、最近の傾向として次の3つのタイプの人もよく違法金融業者に騙されやすい人としてあげられます。

・純粋な人
・人情派
・めんどくさがり屋

もちろんどんなタイプの人でもお金に困って違法金融業者に電話をかけてこなければ、彼らのワナにはまることはありません。違法金融業者は掛かってきた電話口から聞こえてくる口調などによってどのタイプの人か見分けます。そしてその特徴に合わせた騙し方をしていきます。違法金融業者の騙し方を一つずつ見ていきましょう。

素直な人誘導法に注意

電話をかけてきた顧客の声がいかにも誠実そうです。この場合は顧客は何でも信じる素直なタイプと判断します。こちらが丁寧に指示を出せば全てハイハイと応じそうだからです。よって誘導法によって騙していきます。

まずは「お客様の状況ですと、恐らくご期待の融資ができると思われます。」と言って安心させます。「それでは融資に必要な情報ですが…」と言って自分、親族、会社の電話番号住所などのちのち取り立ての際に必要な情報全てを聞きだします。

確認のため審査すると言いますが、しばらくして「融資は可能なのですが、今回お客様は始めてのお取引となりますので、当社のほうでの返済に関する信用確認が必要となります」と言い、「でも心配ありません。簡単な信用確認手続きを取ります。今回は3万お貸ししますので返済能力確認のために2日後に5万円返済いただけますか。返済能力の確認が終わり次第ご希望額の融資を行なう形となります」と述べます。

素直な人は「あー、そういう手順なのか」と信じ込みますが、実際に希望額が振り込まれることはありません。

人情派には人情を利用して騙しとる

電話をかけてきた顧客の声が馴れ馴れしい、この場合は人情派のタイプと判断します。お金を借りなくてはいけなくなった経緯をよく聞き、表面上親身になります

「確かに、お客様の状況ですと、当座のお金が必要ですよね。お気持ちお察しします。当方でも最大限の協力をしたいです」という風に人情派の人には人情を前面に出して、取立てに必要な情報を聞き出します。このたびは「お客様の状況では融資は難しそうですね。でも状況が状況なだけに、どうにか上と掛け合ってみます」などと言って、どうにかお客さんのために尽力しているという態度を前面に出します。

「今回融資が可能になりました!ただし今回の金利は○○という形になります」と言って結局高利をむさぼり取るのです。お客さんは感謝しながらお金を返してます。一旦人情派の人に良い金融会社だと思わせることができれば、「あそこの会社には良くしてもらったから…」ということで他のヤミ金で借りてまでも返してくれるようになります。

スピード対応にめんどくさがり屋は騙される

電話をかけてきた顧客の声が早口でせっかちなら、めんどくさがり屋タイプと判断します。この場合はスピードを前面に出して、「問題ありません。当方なら今すぐにでもご融資できます」と言います。

このようなタイプの人は正規の金融会社でお金を借りることもできるものなのですが、審査に時間が掛かるのがめんどくさいので、手っ取り早くお金を貸してくれる違法金融業者に電話をかけているのです。彼らにとって重要なのが手続きの簡単さ、早く手に入れることなので、「30分以内にご指定の口座に振り込みますが、金利は○○となります」といっても問題なく応じてくれます。

最近の違法金融業者は対応が丁寧

最近の違法金融業者は以前のように脅し文句や汚い言葉を使いません。

上記のように顧客のタイプに合わせて変幻自在に接し方を変化させながら丁寧に対応します。こうした手口を知っておき決して彼らの論法にはまらないようにしましょう。悪徳業者は悪徳業者全ては違法な高額利子をせしめ取るためにやっていることなのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>