ドロップシッピング商法は詐欺が多い?!事例と対策

詐欺の多発するドロップシッピング商法。楽して稼げる手段はない?!

ドロップシッピングとは?!

ドロップシッピングとは、オンラインで通販の店舗を開店させ、受注があったら実際に在庫を持っている会社にオーダーして差額の利益を得ると言うビジネスです。
うまくやればAmazonなどで格安で出ている商品をうまくさばいて利益を得ることが可能になりますが、実際にはそれほど甘くありません。

そのため、ドロップシッピングをやろうという人をターゲットにした詐欺が横行しています。実際にどのような詐欺の手口があり、事例はどのようなものなのか、見て行きましょう。

ノーリスクで開業できる?!

何十万円も稼げるサイトがノーリスクで稼げると宣伝するのは、ドロップシッピング商法の常套手段です。
サイトの制作や管理を業者が請け負い、SEO対策まで完全に行って、あとは受注を待つばかりというような宣伝がされます。
バックアップ体制があるので必ず儲かる、といったセールストークでたくみに誘導してきます。
短期間での投資回収をうたって、高収入で必ず儲かるというような宣伝をしています。

ドロップシッピング商法のポイント

売り上げのサイトを業者が構築し、宣伝も行い、あなたは売り上げだけを管理するだけでいい、そんな宣伝文句で顧客を集めています。
ですが、実際にはそんなサイトに発注が来るわけもなく、また必ず儲かる保証などどこにもありません。返金もされませんし、何も得るものはないでしょう。
ドロップシッピングを行いたいなら、時間をかけてでも自分の手でサイトを構築し、自分でリサーチした商品を販売しましょう。それなら失うものは時間だけで済むのです。

架空の商品で仕入れさせる方法

架空の商品で、たとえば産地直送の高級魚介類、家電製品などが格安で手に入ると宣伝して、契約させます。しかし実際は、契約が入ったとしても商品は在庫切れで発送されなかったり、トラブルが起きそうになったら家電量販店で仕入れて発送するなどの手口が横行しています。
相場を常にチェックして、ありえないほどの低価格で仕入れられるとうたうサイトには気をつけましょう。

ドロップシッピング商法から身を守るには

ドロップシッピングサービスは、真面目にやっているところは真面目です、料金が無料で、システム料などを請求せず、在庫が豊富で、ユーザーサポートも手厚いところがいいでしょう。
安く仕入れて高く売ることは商売の基本ですが、そう簡単にはいかないことを肝に銘じましょう。

安易な手段で大金を稼げると言う宣伝文句は、あなたをカモにしようと狙っているケースが多いのです。

また、被害にあってしまった場合は、国民生活センターに相談したり、クーリングオフを検討しましょう。弁護士などの専門家に相談するのが一番です。
損を取り返そうとますます架空のビジネスにお金を費やしてしまわないように、気をつけてください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。