違法な取立に注意しよう!

注目!これらの行為は違法な取立に当たります!

取立できる時間帯が決まっています

夜21時~朝8時の取立ては法律で禁止されています。
法律とは、貸金業法です。第21条に「取立行為の規制」という項目があります。
くれぐれも時間を守ってもらうように業者に伝えましょう。

ただし、これには例外があって、やむを得ない事情がある場合は、8時~21時以降の取立も構わないと決められています。

やむを得ない事情とは、携帯や自宅に連絡がつかず、自宅を訪問しても一切連絡が取れない場合などを言います。厳密に法律で定義されているわけではありませんが、これらがあると正当な理由とみなされてしまいます。

たとえお金が返せなくとも連絡は必ずとるようにしましょう。

看板や張り紙で周囲に借金を知らせるのは禁止です

また、プライベートや仕事の妨げになるような行為は禁止になっています。
他に禁止事項といえば、周囲に借金があることがわかってしまうような大声で取立したり、FAXを送ったりするのは禁止です。
ドラマなどでは「金返せ」などの張り紙が張られていますが、あれはすべて違法行為なのです。周囲に知らしめてしまうからです。

「帰ってください」、といわれても帰らないのも違法です

取立に来ること自体は違法ではありません。ですが、退去を言われても退去しないのは違法です。
取立に来られて困ったら、話し合いをして、困ったら帰ってもらいましょう。

他社から借り入れて返済をせまるのも違法です

「よそから借りて返済しろ!」と迫るのは禁止です。他の会社だけでなく、他の人から借りて返せと言うのも違法となっております。
それを言われたら、違法であると指摘しましょう。
これを受け入れてしまうと、自転車操業となり結局同じことを繰り返すことになります。

周囲の人に、「代わりに返済しろ!」と迫るのも違法です

家族や同僚などに、「代わりに返済しろ!」というのは違法です。
あくまで、債務は債務者本人だけが背負うものなのです。
夫や妻、両親、兄弟などに代理返済を迫るのも違法行為ですので覚えて起きましょう。

弁護士から通知がきたら、直接の連絡は取れません

債務者が弁護士や司法書士に依頼して、彼らから連絡がきたら、それ以降の連絡はできなくなります。業者側は取立行為をやめなくてはなりません。
それでも取立をしようとすると違法行為となります。

「生命保険で返せ!」というのも違法

もちろんですが、命を持って返済しろというのは違法です。
生命保険がかかっている場合、自殺して返せと示唆するのは違法です。
これを言って来る業者はかなりの悪徳ですので注意してください。

違法な取立をされたら?

これら違法な取立をされたら、警察、弁護士、公的機関、消費生活センター、役所の法律相談、法テラスなどに相談しましょう。
また、業者に「通報します」と宣言するのもいいでしょう。
違法な取立にあったことを証明するような証拠を用意しておくとやりやすいです。
録音写真撮影などを忘れずに行いましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。