個人間融資ってトラブルはないの?事例を集めてみた!

個人間融資のトラブルってないの?危険?安全?検証してみた!

個人でカネの貸し借りは止めよう!

インターネットを媒介して、個人間でお金を融資する個人間融資が盛んになっています。
審査も保証人もありませんし、業者相手ではなく個人相手で手軽に貸し借りできるため、非常に急速に普及しています。ですがトラブルが大変多く、社会問題となっています。
個人間で貸したい人、借りたい人が掲示板に書き込んで、お互いに連絡を取り合って貸し借りに至ります。
ですが、借りたい人はさておき、貸したい側にはメリットはあるのでしょうか?

個人間融資のトラブルの事例

個人間融資のトラブルの事例としては、申し込んでもお金を貸してもらえないというケースです。
本人確認書類の写メールを要求してきて、実際には貸してもらえないケースがあるのです。
個人情報だけを取られてしまって、あとは音沙汰なしです。
これは個人情報だけを狙った悪質な詐欺です。
そして取られた個人情報を使って、犯罪が行われます。
勝手にお金を借りられてしまったり、パスポートの偽造に使われたりなど・・・。
見抜くのも非常に難しく、詐欺かどうかわからないケースがほとんどです。
なぜなら身元不明の方にお金を貸す人間はいないので、最初は必ず個人情報のやりとりが行われるのが現状だからです。

性犯罪に巻き込まれるケース

性犯罪に巻き込まれるケースもあとを絶ちません。
女性の融資希望者に対して、性行為と交換にお金を貸すと言うことを持ちかけるのです。
もちろんこれで貸してもらえるケースはまれで、ほとんどがその後音信不通になってしまいます。体の写真を要求してきたりする場合も注意しましょう。その後でネット上で写真が使われてしまう可能性があります。

先に保証料を要求してくるケース

先に保証料を要求してくるケースもあります。
信用できないので、先に保証料が必要だというのです。
これも詐欺ですので気をつけましょう。振り込んだ後、音信不通になります。
金利以外のお金を要求された場合は、断固として断りましょう。

サイトへ登録するよう要求するケース

アフィリエイトサイトや出会い系、FX業者などに登録することを求められるケースです。
これも実際には登録した後は音沙汰がなくなり、音信普通となります。
そして今度は別の詐欺のターゲットとして、連絡が山のように来るようになります。
信用できるかわからない状態でサイトに登録するのは止めましょう。

誰が信用できる?!

基本的に、個人間融資は使わないのがベストです。
法律が介在しないので闇金と同じになり、トラブル時に非常に困ります。
警察や法テラスにいっても、しかられることが多いでしょう。

自らトラブルに足を踏み入れてるとみなされるからです。
中には面白半分で、また善意でお金を貸してくれる人もいるのでしょうが、あまりに詐欺や悪徳業者が多いため、おススメできません。

トラブル遭遇率が非常に高いからです。やはりお金を借りたい場合は正規の業者で借りることをおススメいたします。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。