金融会社からの営業電話 詐欺会社の電話はこんな特徴がある

金融業者から営業の電話はかかってくることはあるのでしょうか?
現在個人情報が非常に重要視されており、家族にも内緒でキャッシングする人も多いので、金融業者からの営業電話は少なくなってはいますが、現在でも勧誘の電話はあると言われています。

しかし露骨に「お金を借りませんか」といった形ではなく遠まわしな勧誘がなされることが多く、電話を受けた本人もこれは勧誘の電話かわからないというケースもあるようです。さらに悪徳金融業者からの電話勧誘が掛かってくることもあります。私たちはどのように見分けたらいいのでしょうか?

正規業者の電話勧誘の方法とその理由

既にキャッシングをしている正規金融会社から電話が掛かってくることがあります。これは優良な取引がなされている顧客にまたお金を借りてほしいためです。どのように勧誘電話がなされるのでしょうか? 融資額増額のご案内という形でなされます。

現在「過剰貸付の防止」という金融庁のガイドラインがあり、既に貸付をしている人にさらに貸付を増やすよう促すことへの取り締まりが厳しくなりました。よって以前ほど露骨な勧誘はできないのです。しかし金融会社としてはお金が借りてほしい。そこで特にお金が必要と思われる年末やゴールデンウィーク前などを狙って、「お客様の融資額が増額になったので、ご案内のお電話を差し上げました。お客様の場合限度額が○○なので、○○万円まで融資可能です」といったお知らせ電話をかけます。

表面上は単なる融資枠増額のお知らせ電話ですが、口には出さない本心は「ぜひこの機会にキャッシングしませんか」というものです。これは正規金融会社が顧客に対して行なう電話営業の方法です。

正規金融業者は契約もしていない顧客に対して無作為に電話をかけて営業をかけるようなことはありません。

悪徳業者の電話勧誘とその方法

悪徳金融業者が電話をかけてくるのは何らかの方法で顧客の連絡先を手に入れたときです。通常は以前にお金をヤミ金で借りたことがある人のリストやどこからからお金に困っているという情報を得てかけてきます。

警戒を解くために異性が電話をかける場合が多いようです。男性には女性が電話をかけてきて「○○キャッシング(○○ファイナンス・○○ローン・○○クレジット)です」と言った正式な金融業者のような名前を名乗ります。本題として「100万円後融資できます。金利は8%です」などと、お金に困っているときにうれしい情報を提出し、丁寧に電話番号や住所、口座、メールアドレスまで必要な個人情報を聞き出します。

「では審査の担当にお代わりいたします」と言って出てくるのは男性です。続いて男性は「信用を確保するために…」と言ってさらに会社や親や親族の電話番号を次々と聞いてくるでしょう。全てはのちのちに確実な取立てをするためなのです。

最後には「では最後の返済能力確認として、5万円ほどお貸しするので1週間後に8万ご返却いただけますか?」これらを乱暴な言葉使いをするようなこともなく丁寧かつ事務的に話を進めていくのが悪徳金融業者の特徴のようです。結局は100万円融資されることはなく、高利でお金を取られるだけです。

電話勧誘に断るには

正規の金融業者の場合は「電話をかけないでください」と言えば今後営業電話が掛かってくることは決してないでしょう。

しかし悪徳金融業者はしつこく電話をかけてきますし、電話だけでなく一日何度も営業メールを送ってくるでしょう。そのような場合は弁護士から電話をしてもらうのが決定打となります。悪徳業者も法律沙汰になることは嫌うので、顧客が警察や弁護士に相談するなどの実際的な手段を講じればたいていすぐに手を引くものです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>