内職商法(在宅ワーク詐欺)の事例!

内職商法(在宅ワーク詐欺)に気をつけよう!どんな手口?!

未だにある在宅ワーク詐欺・内職商法の実例

インターネットで仕事を探す人が増えています。
そんな中で、在宅ワーク詐欺、内職詐欺が後を絶ちません。
在宅ワーク詐欺・内職商法とは一体どんなものでしょうか?

事例から考えてみました。

サイト作成代金を要求するケース

内職詐欺は、「副業」や「在宅ワーク」で検索してきた主に女性の主婦をターゲットとした詐欺商法です。
最初に数百文字のサンプル記事を書かせて数千円を振り込んでくれます。
これが「あなたの記事で商品が売れたのでその代金です」というものです。
その後は、あなたの文章がいい、サーバーにアップしよう、という名目でサイト制作料を要求されます。数万円である事が多いです。
その数万円を振り込むと今度は、問い合わせが多くてサーバーがパンクしそうなので、サーバーを増設しよう、そのためには35万円が必要、などと言ってきます。
お金がないと言うと、消費者金融で借りてくるように指示されるのです。
借りるのに抵抗があるといっても、返金する、バックアップするなどの甘言でまるめこまれてしまいます。
もちろん返金されるわけもなく、詐欺にあってそれ以降の報酬もなくなり、終了です。
インターネットにはこのような内職詐欺に合った人の体験談がたくさんあります。
それだけ引っかかる人が多いのでしょう。

最初に高額の教材費を請求するケース

続いての内職商法は、昔からあるパターンです。
仕事を紹介するので、最初のスキルアップのために教材費が必要です、というものです。
一日数万円はすぐ稼げる、時給3000円になる、などの甘い言葉で押し切られてしまいます。
数十万円のクレジット払いで教材を購入し、せっせと勉強しても、仕事を斡旋してもらえることはありません。
強くいうと、1000円程度の仕事を紹介してくれることもありますが、もちろん架空の仕事で実際にはただ1000円が返金されただけです。
仕事を紹介して欲しいといっても、「まだスキル不足」「人気の案件がもうすぐ紹介できる」だといってはぐらかされてしまいます。

楽して稼ぎたいという欲につけこんでいる

これらの詐欺の特徴は、楽してスキルなしだけれども高額の稼ぎがほしいという人間のにつけこんでいます。
だまされる人には、どこかで「何の努力もしてこなかったけれど、お金だけはいっぱい欲しい」という欲望があるからだまされてしまうのです。
お金を稼ぎたければ何かスキルを身につける、もしくは、スキルがないのであれば低賃金で長時間働くなどの相場を知らなくてはなりません。
努力はしたくないけれども、無限に稼ぎたい、そんな欲望を持てば持つほど、詐欺集団につけ込まれることになります。
大人しく薄給で働くか、何かスキルを身につけて努力して稼ぐか、どちらかしかないのかもしれません。
甘い言葉には裏があるのです。ですがこれがわからない人が多いため、未だに内職商法は昔からはびこっています。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。