大手の業者を名乗る偽者業者に注意せよ!

アコム等の偽者業者が、あなたの個人情報とお金を狙っています!

偽者の業者に注意!

お金を借りたい人をターゲットにした偽者の業者が蔓延しています。
明らかにプロミスのふりをしていたり、アコムのふりをしていたり。

個人情報狙いの詐欺業者が多いのですが、中にはヤミ金も含まれています。
巻き込まれると大変危険です。ひじょうにリスクの高い行為ですので、偽者業者には気をつけてください。

お金がないと焦っていても、しっかりとした会社から借りるようにしましょう。
ここでは、偽者業者の見分け方について書いていきます。

メールアドレスがフリーメール

@yahoo.co.jp,@gmail.comなど、大量のメールをさばけるフリーメールを使っていることが多いのです。通常は、@xxx.co.jpなどのco.jpドメインからメールが来ますので、これらのフリーメールから送られてきた場合は、注意してください。

co.jpは法人でないと取れないドメインですので、co.jp以外のメールは気をつけましょう。co.jpでも、@excite.co.jpなどはフリーメールですのでご注意ください。

正規業者のホームページを騙る

http://www.acom.co.jp/がアコムのホームページですが、たとえばこれに似たようなドメインをとって、そっくりのホームページを作って個人情報を抜き取ろうとしています。

気をつけてください。whois検索などを行うと、ドメインの所有者がわかります。
http://whois.muumuu-domain.com/(whois検索)でドメイン名を調べましょう。

このwhois情報ででてこないケースもあります。それは、巧妙にドメイン所有者を隠しているのです。所有者を隠すと言うことは、なにか後ろめたいことがあるということでもあります。気をつけましょう。
それにしても、偽者のサイトは本家のサイトそっくりですよね。
一体誰がサイトを作っているのでしょうか?

こういった業者の人がwebデザインのスキルを持っているケースもありますが、借金を抱えて首が回らなくなったwebデザイナーが、借金のかたに作らされているケースがほとんどです。なので、ちょっとした企業と張り合うぐらいの完成度となっています。気をつけましょう。

楽天市場のカードなども詐欺が多く、楽天のページは中国の偽者業者が大量に作っています。

偽者の業者は何を目的としているのか?

たとえばアコムを騙って、業者側にはいったい何の得があるのでしょうか?
それは、保証料などと偽ってお金を先払いさせる・他の業者から借入させて送金させる(詐欺)、個人情報を盗む、などの目的でやっています。

お金に困っている人のリストは高く売れるから、収集しているのです。

従ってこういう業者にひっかかってしまうと、そのうちヤミ金などから大量のメールが来ることになります。破滅の入り口ですので絶対にかかわらないようにしてください。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*