お金に困っているときは、ショッピング枠に気をつけろ!

お金に困っても、ショッピング枠を不正に利用してはいけません!

クレジットカードのショッピング枠が残っていると目をつけられます

悪徳業者と取引していて返済が滞った場合、業者はクレジットカードのショッピング枠に目をつけてくることがあります。

そこで家電製品やスーツなどの高額商品を買わせて、返済の代わりにするのです。
その場はしのげても、もちろんショッピング払いですから後々返済は降りかかってきます。

不要に大きなショッピング枠を持たずに、日常生活の最小限の枠だけにしておくのが自衛のためにはいいでしょう。クレジットカードのショッピング枠は、利用して返済をしっかり行っているとどんどん枠が増えていきますので、気がつくと150万円ぐらいの利用枠に膨らんでいることがありますので、気をつけましょう。

特に金銭的に困窮しているときは、ショッピング枠を使って換金したりなどのルール違反を思いついてしまうかもしれません。自制のためにもショッピング枠は小さめにしておきましょう。

また、ショッピング枠を現金化するのはクレジットカードの規約に反する行為となり、カード会社に発覚するとカード停止と取り上げの処分となります。

またそうなると残債を一気に一括返済というペナルティも待っており、大変なことになります。くれぐれもショッピング枠の現金化には気をつけてください。

データベースですぐにばれてしまうショッピング枠での買い物

実は、クレジットカード会社というのは、どこで誰がどんな買い物をしたのかを膨大なデータとして管理しており、犯罪防止も兼ねて、おかしなカード利用があれば検出する仕組みがついています。

例えばラジオで伊集院光が話していたのですが、国内でゲームの課金ばかりしていた伊集院光のクレジットカードを、海外旅行で奥さんが下着をそのカードで購入したときに「あなたのカードが外国で下着を買うのに使われています。不正ではありませんか?」という連絡が直ちに来たそうです。

そのように通常のカード利用はデータベース化されて、不穏な買い物は検出できるようになっていますので、日頃の行動範囲が狭く、スーパーやコンビニでばかりカードを切っている人が突然新幹線のチケットを30枚購入したりすれば、カード会社に検出されてしまいます。

不正利用でない場合、換金が疑われてカード利用停止の処分となります。
買い物ならばれないだろうと思っていても、カード会社のアルゴリズムによって不正が直ちに検出されますので、ばれてしまいます。

スキミングなどの被害にあったら

海外でカードの情報を読み取られ、スキミングなどの被害にあった場合は、直ちにカード会社と警察に連絡してください。カード会社は使用状況を把握しています。スキミングなどの被害は集団で起こりますので、どこで不正利用があったかはすぐに把握できるようになっています。

たいていのカードでは、不正利用の分は支払い免除されますので、直ちに連絡をすることが大切です。日頃からクレジットカードの残高と明細には気を配っておきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>