宝くじ詐欺の事例と対処法

高額の宝くじに当たった・・・これは詐欺?それとも本当?詐欺の事例紹介します

宝くじ詐欺の事例と対処法

宝くじに当たった、誰もが夢見る高額当選
そんな人の欲望につけこんだ詐欺が、宝くじ詐欺です。
宝くじの詐欺にはいくつかの手段があり、どれも少額のお金を請求してくる点が特徴的です。
どのような詐欺の事例があるのか見てきましょう。

海外の宝くじに当選したというメールが来る

「海外の宝くじ500万円に当選しました!」というメールがやってきます。
そして、当選金を受け取るには5000円が必要です、などと称して手数料を要求するのです。
500万円を受け取れるのであれば5000円など安い、そう思って振り込んでしまっても、実際にはもちろん500万円の振込などありません。詐欺ですから。
少額の詐欺であり、あまり表に出にくいのですが、高齢者などを狙った詐欺として知られています。

当選番号の情報をもらえる詐欺

ロト6などで当選番号をお知らせするので、大金を預けて欲しい、という詐欺です。
前日の夜に公開された当選番号を、さもどこから情報が漏れているかのように偽って報告し、翌朝の新聞で当選番号が出ているので、それを見てびっくり!ついつい誘いに乗ってしまう、という詐欺です。

最初は、翌朝の当選番号をお伝えしますので、翌朝の新聞でチェックしてみてください、という電話がかかってきます。
そして実際に伝えられた当選番号が翌朝新聞に載っているのを見て、信じてしまうのです。

これは昔からある詐欺で、前日の夜にインターネット上で当選番号が出ているのを利用したものです。そしてお金を預けたら、音沙汰がなくなると言うものです。
最初は少額の当選金をもらえるケースもありますが、大金を預けた時点で連絡は取れなくなります。

これは、宝くじのナンバー系の当選には、裏操作などできないということを肝に銘じておいてください。宝くじは完全に運であり、宝くじに攻略法はないのです。

宝くじの販売権を売ります、という詐欺

宝くじは地方自治体から業務委託されている銀行や、銀行からさらに委託を受けている企業のみが販売権を持っています。
それを、「販売権を売ります。儲かりますよ」と騙って委託金加盟料を要求するのは詐欺でしょう。お金を支払って販売権をもらおうとしても、そんな販売権は存在しませんので、完全なる詐欺にだまされたと言うことになります。
これも無知につけこんだ詐欺ということになります。

うまい話には裏がある

どの詐欺を見ても、うまい話には裏があると思うしかないのが現状です。
そもそもそこまで儲かるのでしたら、業者は他人を巻き込まずに自分ひとりで利益を独占しているはずですよね。

そしてそんな詐欺にひっかかるのは、わからないことを調べない無知の人と、欲が深い人です。もうけたいという欲こそが、詐欺の食いものにされてしまうのです。
努力をせずにお金が稼げると言う幻想は捨てましょう。

地道にお金を稼ぐしかないのです。
宝くじ詐欺だと思ったら、警察国民生活センターに連絡してください。
また弁護士などに相談するのもいいでしょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。