違法業者の利用経験があると正規業者の審査に影響はあるのか?

以前に違法金融業者に手を出したことがある。こんな人が再び正規業者でお金を借りることができるのでしょうか?

お金に困っている人はついつい違法金融業者に手を出したこともあったかもしれません。しかしバレなければまた正規業者で借りられるのではないでしょうか?今回は違法金融業者の利用経験がある人が正規金融業者の審査に通る可能性を探っていきましょう。

違法金融業者と正規金融業者の線引き

お金を貸してくれるところもたくさんあります。正規金融業者と言えるのはCMをテレビで流しているような大手だけでなく、いわゆる街金と言われる貸金業者も金融庁への届出をしている場合は正規金融業者と言えます。

一方、店舗を構えているとしても金融庁への届出をしていない業者は違法金融業者と数えられます。違法金融業者はヤミ金とも言われ、何社かに既に借金をしていても、債務整理をしたことがありブラックと言われる状態でも貸してくれるのが特徴ではあります。しかし利息制限法を越えた法外な金利を要求し、執拗な取立てで借主を追い立てます。

正規金融業者は違法金融業者からお金を借りているとどうして分かるのか

違法金融業者はお金を貸すときに信用情報機関への登録を行ないません。ですから違法金融業者でお金を借りたという記録が残っているわけではないので、正規金融業者も見分けがつきにくいでしょう。

しかし正規金融業者はその他の方法で申込者が違法金融業者と取引があるかどうか分かるものです。
例えば申し込みのときに記す借入件数です。もし申込書に4件と書かれていて、使用情報機関には3件しか記されていなければもう1件は違法金融業者に借りているということになります。

もちろん以前の違法金融業者とのやり取りを上手に隠し、バレなければ正規業者での審査に影響を与えることはありませんが、金融機関はプロですから、申込者とのやり取りの中で違法金融業者から借り入れがあるかどうか、過去に違法金融業者の利用経験があったかどうか察しがつくようです。

違法業者で借り入れを行なっているときの影響

違法業者で借り入れを行なっている可能性が高いのであれば正規業者の審査を通過することはないでしょう。なぜなら違法金融業者の取立ては激しいので、おそらく違法金融業者への返済手段として、正規金融業者での借り入れを行なっている可能性が高いからです。

お金はすべて違法金融業者に流れるわけで、返してくれる見込みはない人に貸すことはありません。過去に利用経験があり、現在は違法業者とのやり取りはないと申込者が述べたとしても審査を通過する見込みは少ないでしょう。

一度でも違法金融業者で借りたことがある人は、いわゆる違法業者業界のカモリストに名前と情報が記載されており、いつまた彼らにお金を吸い取られるかわからないからです。違法金融業者の利用経験がある人は違法金融業者でしかお金を借りることができないというのが現実のようです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*