分かり易いカードローン入門

利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「はじめての方向けカードローン入門」ページを作成しました。どなたの方にでもわかるような各種入門情報や借入のコツ、審査、リスクを徹底的に解説しています。
利用する、しないにかかわらず、納得いくまで比較・検討していただけるコンテンツとして利用していただけたら幸いです。

みずほ銀行カードローンの返済を滞納してしまうとその後はどうなってしまうのでしょうか?

みずほ銀行カードローンは、大きな金額を低金利で借り入れることができる便利で使いやすいカードローンなのですが、返済を滞らせてしまうと様々なデメリットが生じることになります。それではみずほ銀行カードローンを滞納してしまうと、その後はどうなるのでしょうか。

みずほ銀行カードローンの返済を滞納してしまうと大きなリスクを背負うことになります!

みずほ銀行カードローンで借り入れを利用した場合には、定められた返済日までに確実な返済を行うことが必要です。返済を滞らせて滞納をしてしまうと、カードローンの利用が停止されてしまうことになります。すぐに返済をすれば利用停止処分は解除されるのですが、滞納が長期化するとその後はさらに大きなリスクを背負うことになるのです。いざ返済前になってから後悔しては遅いです。必ず申込前にみずほ銀行カードローンの詳細について理解するようにしておきましょう。

続きを読む

0

みずほ銀行カードローンの審査はどのような基準で行われるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンには誰でも気軽に申込むことができるのですが、実際に利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。今回はみずほ銀行カードローンの審査基準について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

みずほ銀行カードローンの審査の基準は厳しいのでしょうか?

カードローン業界全体の平均と比較してみると、みずほ銀行カードローンの審査の基準については若干厳しいといえるかもしれません。これは銀行系カードローンには共通の特徴なのですが、みずほ銀行カードローンでは実際の審査を保証会社が担当しています。詳細な審査の基準は公開されていないのですが、みずほ銀行カードローンの審査に通過する為には保証会社が定める審査基準を満たすことが必要になります。

みずほ銀行カードローンの審査については、みずほ銀行の保証会社である「オリエントコーポレーション(オリコ)」が担当しています。カードローンでは保証人や担保なしで信用に基づいて融資が行われますので、申し込みの際に申告された各種個人情報や信用情報機関に登録された信用情報などに基づいて、申込者の返済能力が総合的に判断されるのです。審査の結果「この人ならば融資をしても大丈夫だろう」と判断されれば、みずほ銀行カードローンの審査に通過することができます。

続きを読む

0

質屋とキャッシング・どっちでお金を借りたほうがいい?圧倒的に…

質屋はお金を借りるところ

自宅の近所に質屋があるという人もいるでしょう。最近の人は質屋というとリサイクルショップに近く、自分のものを買い取ってもらうところと思っている人もいるでしょう。しかし質屋はそもそも、自分のものを担保に入れてお金を借りるところです。もし期日までにお金を返すことができなければ、質入れしたものを借金のカタとして取る形になります。ちなみにこのような状況を「質流れ」といいます。

日本ではお金を借りるのであれば質屋というのが、昔の一般的な常識でした。しかし1970年代に無担保・無保証人のキャッシングサービスが登場すると、質屋は廃業になったり、最近のようにブランド物などを買取するお店に変身したりという感じになりました。

ただし現在でも、質屋に品物を入れてお金を借りるということも可能です。質屋に品物を入れてお金を借りるのとキャッシングサービスを利用するのと比較すると、どちらのほうがいいのかという問題が出てきます。結論から言ってしまうと、キャッシングサービスで借り入れしたほうが圧倒的に有利です。実は金利の部分で、質屋とキャッシングとでは大きな違いがあります。

続きを読む

0

信用金庫の会員になりたい!そのための条件について紹介

信用金庫の会員になるためには3つの条件をクリアしないといけない

信用金庫の各種サービスを利用するのであれば、信用会員になったほうがいいでしょう。銀行の場合、基本的にはだれでも口座開設することが可能です。しかし信用金庫の会員になるためには、一定の条件をクリアする必要があります。具体的には、3つの条件のいずれかに当てはまらないと会員にはなれません。

信用金庫の営業地域内に自宅のあること、営業地域内に勤務先のあること、営業地域内に事業所を持っている事業者の人の3つの条件のいずれかです。ちなみに最後の事業者に関してですが、事業所が従業員300人以下もしくは資本金9億円以下であることが条件となります。この3つの条件のいずれかに当てはまるのであれば、信金の会員となることができます。

信用金庫ですが、日本全国に用意されています。ですからインターネットなどで調べれば、自宅の近くに信用金庫を見つけることも十分可能でしょう。まずは申し込みできる信用金庫として、どこがあるのかまずは情報収集してみましょう。

信用金庫の会員資格があれば、今度は出資をしないと会員にはなれません。ではどの程度の出資をしなければならないかですが、これは信用金庫によって若干変わってきます。一般的な傾向として、個人会員は5000~1万円が相場になります。その中にはもう少し多くの額の出資が求められることもありますが、10万円を超える出資を求めてくるような信金はほとんど見られません。

続きを読む

0

信用会員になるとローンが受けやすくなる?その3つのメリットを紹介

低金利でローンを組める可能性が

信用金庫の会員になるためには、信用金庫に対して出資をする必要があります。しかし信用金庫の会員になると、信用金庫の各種サービスで優遇される可能性があります。特に信用金庫でローンを組む場合に、より借り入れ条件が有利になるメリットがあります。

信用金庫の会員になるメリットの一つとして、優遇金利を利用できる可能性が高まる点に注目しましょう。信用金庫によってどの程度金利が優遇されるかは違ってきますが、0.1~0.5%程度の金利引き下げの実現される可能性は高いです。マイカーローンが5%・フリーローンでも6%程度の金利で融資を受けられるような信用金庫もありますので、優遇金利を活用すれば銀行のローンと比較してもそん色ないどころか、むしろ低金利になる可能性も十分考えられます。

ちなみに信用金庫の会員プラスアルファの条件で、さらに金利の優遇される可能性が出てきます。具体的には信用金庫の口座を給与の振込先にしているとか、公共料金の引き落とし先に指定しているなどです。信用金庫のローンを将来的に利用しようと思っているのであれば、信金口座を有効活用したほうがいいでしょう。

続きを読む

0

信用金庫は金融機関の一種・では銀行とどこがどう違うの?

信用金庫と銀行とでは目的が異なる

自宅の近くに信用金庫があって、口座開設しているなどサービス利用している人もいるでしょう。信用金庫ではお金を預けることができますし、各種ローンの販売も手掛けています。このように言われると、銀行とあまり大きな違いがないのではないかと思う人もいるはずです。確かに金融サービスだけを比較すると、信用金庫と銀行とではあまり大きな違いがありません。しかし信用金庫と銀行とでは、経営理念やサービスの対象などで違いがみられます。

まず組織形態に大きな違いがあります。銀行は株式会社であるのに対して、信用金庫は共同組織です。
株式会社の場合、株主からの出資を受けて経済活動を行います。このため、利益をできるだけ出して株主に還元することがその大きな目的です。一方信用金庫は、会員が資金の出資を行っています。非営利組織なので利益を上げることは主たる目的ではなく、地域社会と会員に利益を還元することがその大きな目的になります。

続きを読む

0

ローンは信用金庫でも組める!そもそも信用金庫って何?

信用金庫ってどんな組織なの?

皆さんの自宅の周辺にはいろいろな金融機関の支店・ATMがあるでしょう。銀行もあれば信用金庫もあるはずです。ところで信用金庫ですが金融機関の一種と理解していても、具体的にはどのような組織がよくわからないという人も多いのではありませんか?

信用金庫は金融機関の一つなので、預金を受け入れるとか資金を動かす、ローンなどの融資業務、手形の発行を行っています。1951年に制定された信用金庫法に則って設立された法人です。信金という略称で紹介されることも多いです。

信用金庫ですが2016年現在265存在していて、100兆円を超える資金を運用しているといわれています。地域経済で重要な役割を担っていて、地元の中小企業などを対象にして60兆円強の融資を実施しているとされています。

信用金庫ですが、1991年ごろには450強ありました。しかし金融自由化の波で金融機関の再編が行われたのと同様で、信用金庫も合併や事業譲渡をするなどが進められていきました。その結果、一時期と比較すると半分くらいまで再編が行われるようになりました。

信用金庫は会員が出資することで設立されていて、非営利目的の共同組織になります。中小企業や本人に特化された金融機関で、営業地域は一定の範囲に限られます。地域で集めたお金は地域の中小企業や個人に還元することで地域社会の発展に寄与するというのが信用金庫の目的だからです。このような中小企業や庶民の日常生活と密接に関係した金融機関は、イギリスやアメリカ、ドイツなど海外でも見られます。

続きを読む

0

過払い金請求してもお金が戻ってこない?気を付けたいこととは何?

過払い金請求できても回収できないケースも

もし利息制限法を超える金利で借り入れをしていた場合、返済の際に支払ってきた利息で違法部分は無効になります。もしこの違法金利で余計にとられた利息・過払い金があれば、返還請求を行う権利が債務者にはあります。しかし過払い金請求ができても、回収できなくなるケースもありますので注意しなければなりません。

まず過払い金が時効によって、請求権が失効してしまった場合です。過払い金の請求期間ですが時効が設けられていて、最後に取り引きした日から10年です。最後の取引とは、最後の返済をしたときになります。もし10年以上経過してしまうと、過払い金があっても回収することはできません。

続きを読む

0

過払い金請求したけれども拒否された…そんなときの対処法って?

過払い金の返還請求はどうして起こる?

過払い金の返還請求をしてみませんか?」このようなコマーシャルを耳にしたことのある人も多いでしょう。法律の上限金利を超える利息支払いをすると、過払い金が発生します。

過払い金が発生する背景には、グレーゾーン金利がありました。これまでの金利に関する法律ですが、20%を上限とする利息制限法と29.2%が上限金利の出資法と2種類用意されていました。利息制限法は刑罰の規定がなく、出資法には罰則規定がありました。このため、利息制限法を超えて出資法以内の金利設定にしているところは有名な消費者金融でもありました。

しかし裁判所の判決で、利息制限法を超える部分に関しては利息としていかなる場合でも認めないという風になりました。そこからきちんとした貸金業者では、利息制限法にのっとった利率設定にしました。またそれまで余計に利息を支払った人は、過払い金の返還請求をするようになったのです。

返済するまでに何年も長期にわたってかかった、前に借金したけれどもなかなか完済できないという人の中には、過払い金を発生している可能性もあります。もし心当たりのある人がいれば、利息の引き直し計算をして、過払い金が発生しているかどうか確認してみましょう。

続きを読む

0

クレジットカードでショッピングしすぎた…一本化することですっきり返済に

クレジットカードの支払いで苦戦している人も多い

社会人になってから、クレジットカードを取得する人も多いでしょう。カードがあれば、ほとんどのショップでキャッシュレスにて支払いができます。また最近のクレジットカードは利用するとキャッシュバックポイントがもらえるので使えば使うほどお得です。

中にはクレジットカードを複数枚持っている人もいるでしょう。しかしついつい複数のカードを使ってショッピングしすぎてしまって、代金支払いのやりくりで苦戦している人もいるでしょう。カード会社の中には入会キャンペーンなどをしばしば実施しているところもあって、お得な特典がついているのでついいろいろと作ってしまった人はいませんか?

続きを読む

0

最低返済額なら無理なく借り入れできる?いやいや返済総額が膨らむかも

キャッシングの返済システム

キャッシングサービスでお金を借りたのであれば、返済していく必要があります。これはお分かりでしょうが、返済の中には約定返済があります。約定返済とは決められた期日までに月々一定の金額を返済することです。返済期日は毎月決まった日にちとか、35日周期で返済するなどキャッシング会社によって変わってきます。

この返済期日までに返済すべき額ですが、借入額全部である必要はないです。一定の金額だけを返済すれば問題ありません。キャッシング会社によって違いがありますが、その時々の残高に対応して返済額が決まる方式を採用しています。

キャッシング会社を見てみると、月々の返済額は数千円というところが多いです。しかも口座からの自動引き落としを採用しているところも多いので、うっかり返済し忘れる心配もありません。毎月1回、数千円程度返済をすればいいとなると楽だなあと思う人もいるでしょう。しかし約定返済だけでキャッシングで借りたお金を返していくと、結局のところ損する可能性があります。

続きを読む

0

人種差別? 外国人と日本人の借り入れ審査の違い

最近街のいたるところで英語や中国語で表記された看板を見かけます。

国策として推進されているインバウンド=日本への観光誘致の賜物です。観光地や繁華街では確かに外国人が多く、銀座等では日本人よりも外国人の方が多いような気さえしてきます。

ですがこの現象は観光客だけのせいではありません。日本に居住している外国人も増加しているのです。1990年の100万人強から倍以上の人数になっており、2015年末の時点で約223万人、日本国内に住む人の約50人に1人が外国人という計算になります。

さてここで本題です。
日本に住む外国人が急な出費で困ったとき、お金を借りられるのでしょうか。外務省の方針としては人種差別を無くしていく方向にありますので、人種や国籍等で差別があることは望ましいことではありませんが、営利目的で開業している金融機関ではそうもいきません。

続きを読む

0

明細書、捨てていませんか? 利用明細書を捨ててはいけない理由

キャッシングの借り入れや返済時に利用するATM。

最近ではコンビニエンスストアにも設置されているので、24時間いつでも利用できてとても便利になりました。借り入れや返済のときに出てくる明細書、皆さんはどうしてますか?

見てすぐに捨ててしまう人、中には見ずに捨ててしまう人もいるのではないでしょうか。紙の書類というのは溜まっていく一方で本当に邪魔なものです。ですが絶対に捨ててはいけません。その理由をお話ししたいと思います。

明細書というのは本当に小さな紙切れですが、借り入れや返済をしたということを証明してくれる重要な証明書です。ATMが何のトラブルもなく稼働しているときは良いのですが、いざシステム障害が発生すると、返済した事実が消えて無くなる可能性もありますので気を付けてください。

続きを読む

0

過払い返還のある人はお早めに! 返還請求には期限があります

テレビで盛んに放送されている過払い金返還請求のCM。

誰でも一度ぐらい見たことはあるのではないでしょうか。広告主は司法書士事務所だったり法律事務所だったりしますが、これらのCMはあと数年したら一気に下火になっていきます。それはなぜか。詳しくお話ししましょう。

「そもそも過払い金の意味がわからない」という人のためにも、まず過払い金についてご説明したいと思います。借り入れをした際に、本来支払わなければならない金利を超えて支払った場合、その超過分のことを過払い金と呼んでいます。

これはもともと支払う必要の無かった金利なので、法律に基づいて返還請求ができるということになっています。ではなぜ支払う必要の無い金利を支払わされていたのか、そしてなぜ過払い金が返還されるようになったのか。そのことについて以下にご説明します。

続きを読む

0

消費者金融での債権管理 こわ~い取り立てができなくても返済させる手腕とは?

以前借金の取り立てと言えば、サングラスをかけた怖い顔をした人が家に押しかけて借金返済を迫るというイメージがあったかもしれません。

しかし脅迫するような取り立ては現在一切禁止されています。消費者金融もクリーンなイメージへと生まれ変わりました。窓口担当者だけでなく、取り立て業務に当たる人たちも、ごく普通のサラリーマンやOLといった人たちです。

しかし面白いことに、こわ~い取り立ては一切できなくなったのに、今でも消費者金融はしっかりと借金を回収できています。現在、消費者金融界での債務管理はどのように行なわれているのでしょうか?現在の債務回収の方法はこのようなものです。

続きを読む

0

外国人が消費者金融ローンを利用!その前に契約は可能なの? 

最近は日本に留学する人や働きに来る人が増えました。

一方で為替も日々変動するので、外国から来られた方たちも長く住んでいれば、時には一時的にお金が必要になる状況もでてくることでしょう。ところで、彼らがお金に困ったとき、私たち日本人と同じように融資を申し込むことは可能なのでしょうか?

続きを読む

0

「キャッシングの審査」ー在籍確認時に本人不在!裏ではどんなやり取りがあるの?

住宅ローンでも額の少ないキャッシングでも通らなければならない審査の一つに在籍確認があります。

銀行のローンであっても職場に電話があると思うと少し緊張してしまうのは私だけではないはずです。職場の人に借金していることがわかると居づらくなると思うからです。だからと言っていつも電話番をしているわけにはいきません。電話口に自分が出られないこともよくあるものです。

「営業の外回りが多く会社にいない」「基本的に外での仕事が多い」「派遣会社に勤めているため基本的に会社にはいない」などです。こうした時でも職場の人に気づかれずに在籍確認をスムーズに通過することができるのでしょうか?

続きを読む

0

即日融資は~無人機・ネット~なにがオススメ?条件はある?

毎月の支払日が近くなると気になるのがお財布の中身ですよね。

あと少しだけ足りないという時、どうしますか?
そんな時、ネットでの申し込みや自動契約機(無人機)を利用するなら、その日のうちにキャッシングができることをご存知でしたか?初めて利用した人の中には、あまりに簡単すぎて驚く人がいるぐらい便利なのです。

では、どのような手順で、このような即日融資が可能になるのでしょうか。まず、借りたい日が平日の場合、大きく分けて二つの方法があります。一つはインターネットで申し込み、口座に振り込んでもらうという形です。二つ目は、インターネットや自動契約機で申し込み、カードを即日発行するというものです。

次に、借りたい日が土日祝の場合は主に消費者金融か融資可能な銀行を覚えておくとよいでしょう。
いずれの場合も手順や申し込む時間などを頭に入れておくと、いざという時に役立つでしょう。

続きを読む

0

出張先で急な出費!出張時に便利なキャッシング

出張先で急に接待が必要になった、財布を紛失した、思った以上に交通費が高かった、など、出張先でのちょっとしたトラブルを耳にしたことはありませんか?

また仕事中の急な冠婚葬祭や接待費の立て替えなど、ビジネスには急な出費はつきものです。銀行に行って済むなら問題はありませんが、給料日間近でお金がない!という時、助けになるのはキャッシングです。

でも今まで一度も利用したことがないと、どうしたらいいのか全く見当もつきません。では、どんな方法があるのか、また申込み方法と注意点について見てみましょう。

続きを読む

0

賢く使う海外キャッシング

海外旅行に行ったらクレジットカードでの支払いがお得ですが、でもカードが使えないお店も結構あって、現金が必要になること、ありますよね?

今ではクレジットカードの海外キャッシング機能や銀行の国際キャッシュなど、便利なものが色々あります。でも、年会費や手数料、レートの計算などなど、結局どれが一番お得なのか複雑で分かりにくいですね。まずクレジットカードを使ったキャシングについて考えてみましょう。

続きを読む

0

キャッシング時に覚えておきたい言葉ー「総量規制」ってなに?

キャッシングをするときに覚えておきたい言葉の中に、総量規制というものがあります。

個人のキャッシングの総額を規制するという目的で改正された法律です。これにより、貸す側も無制限にお金を貸せなくなりました。借りる私たちの側からすると、融資に制限が加わるのはなんとも不便だと感じますか?でもこれは返済能力以上にお金を借りすぎないように、利用者を保護するために作られたものなのです。

それで、総量規制について知っておくと、安心してキャッシングライフを送ることができます。では、総量規制とは実際にはどのような法律なのでしょうか。総量規制が適用されるキャッシングはどのようなものでしょうか。また、総量規制に当てはまらない場合もあります。それはどのような時でしょうか。

続きを読む

0

「クレジットカード」のキャッシングと「消費者金融」のキャッシング!違いってあるの?

急な出費で困った時に助けになってくれるのがクレジットカードのキャッシングと消費者金融でのキャッシング。

そもそもクレジットカードのキャッシングと消費者金融のキャッシングではどんな点が異なっているのでしょうか?
まずは利用する前に、違いをしっかり理解することが大切です。それぞれのメリットとデメリットを知ってから利用しましょう。実は賢く利用すれば頼りになる存在なのです。

続きを読む

0

キャッシング審査通過のための条件!そのポイントとは?

キャッシングサービスを利用したい!でも審査が厳しそうで借りることができるのか心配!!
そんな不安を持たれる方も少なくないようですね。時に、突然まとまったお金が必要になることも、長く生きていればあるものです。
では、キャッシングサービスを利用する際、注意するべき点と審査に通過する要素について少し考えてみましょう。

続きを読む

0

怖いイメージの消費者金融の取り立て!実際の状況は?

「消費者金融」の「取り立て」というと怖いイメージしか思い浮かばないかも知れませんね。
実際の取り立ては経験したことのないものの、テレビや映画で見る「取り立て」のシーンを見て「怖い」と思っている方がほとんどかもしれません。では実際の取り立てはどのようなものでしょうか?本当に怖いものなのでしょうか?ちょっと調べてみましょう!

続きを読む

0

カードローンは地方銀行が今お得!大手銀行と比較してみたら?

カードローンを使用するなら皆さんはどこから借り入れますか?
多くの方は、大手の消費者金融やメガバンクを選択するかもしれませんね。その方が安心だと感じるからでしょう。ところが、最近では地方銀行を選ぶ方も少なくないようです。地方銀行が提供する商品には金利や利用条件に優れているカードローンが多く、安心感も得られます。今回はカードローンを使用する際、大手銀行と地方銀行のどちらがお得なのかを考察していきましょう。

続きを読む

0

おまとめローンで複数借金を一本化!返済が楽になる!理想的な使い方や選び方、審査に通過するコツのまとめ

おまとめローンとは?

「複数の借金があって困っている」、「毎月の返済に追われて生活に余裕が無い」、「どうにかして楽に返済できるようにならないかな…」と借金、とりわけ複数の借金に悩まされている人は少なくありません。

急な出費や生活費の補填に役立つキャッシングやカードローンですが、返済できない状況が続くと生活を苦しめる存在になってしまうリスクもあります。

  続きを読む

0

大晦日でお金がなくてピンチに!カードローンを事前に作っておこう

年末年始はお金がかかる?家から出ないのに最もお金を使う理由とは?

年末年始と言えばほとんど家で過ごすのでそこまでお金がかからない、と思われがちです。しかし、総務相の家計調査によると、年末年始ほど出費が多いことが分かっています。具体的には以下の表の通り。
 
 

忘年会 一度の費用は3000~5000円程度。3つの忘年会に顔を出せば1万円~1万5000円ほど出費に。
年末年始 人によって異なるがおせちや移動費などを考えると数万円単位が必要になりがち。
お年玉 あげる人数にもよるが、数万円から十数万円になることも。
クリスマス 国内最大級のイベントであるクリスマスで数万円以上の出費が続くことも。

 
 
この表を見てみると、年末年始の代表格である「元日:1月1日」と「大晦日:12月31日」がトップ3のうち二つを占めていることが分かります。

続きを読む

0

ハロウィーンにかかる費用は平均1万円?資金が足りないときはカードローンも視野に入れて

ここ数年で定番化してきたハロウィーンイベントをもっと楽しむカードローンの使い方

 

ここ数年で比較的定着してきたイベントのひとつに「ハロウィーン」が挙げられます。
ハロウィーン自体は昔から存在しているものですが、日本のイベントのひとつとして定着してきたのはここ数年な印象があります。
続きを読む

0

個人再生について理解を深めよう

・自己破産と任意整理の中間
個人再生という選択肢があります。
自己破産と任意整理の中間のようなものです。

自己破産のように裁判所に申し立てをするのですが、自己破産ではすべての債務を免責にするのですが、個人再生は債務を1/5程度に小さくして、任意整理のように長期で支払っていく制度です。

増減額は任意整理よりは大きくなるのですが、どうしても支払は長期化します。
ですが自己破産のようにキレイに債務とおさらばできるわけではありません。 続きを読む

0

特定調停とは?を返済不能になる前に知っておこう

・簡易裁判所が介入する借金の解決
借入が膨らんだり、突発的なことが起こって返済が不能になる場合があります。そうなると、法的な解決をする必要が生まれます。

簡易裁判所が介入して、返済条件を軽減することが可能です。高すぎる金利を上限金利の範囲内に調整し、引きなおし計算をします。債務者が金銭的な整理を行い、生活を立て直せるようにするのが特定調停の目的です。
続きを読む

0

知っておこう任意整理のいろは

・任意整理の基本を知っておこう
借金をするときに、もちろん任意整理等は考えるべきではないですが、万が一のときに、任意整理のことはしっかりと理解しておきましょう。

任意整理とは、返済が行き詰まってもうどうしようもないときに、司法書士や弁護士が債務者との間にはいって、支払が可能になるように手続きをし、条件のよい交渉をしてもらうことです。 続きを読む

0

住宅ローンをお得に便利に使える代理受領について知ろう!

家を購入するときに現金で一括で支払うことができればいいのですが、ほとんどの方は住宅ローンなどの借入を利用して家を購入しています。

ただしそんな住宅ローンを受けるためには条件があるのです。それは住宅が住宅ローンを申し込む人の名義で登記されていることなのです。 続きを読む

0

意外なところで借入!旅行先でキャッシング

旅行先にいるといつもとは違う環境で思ってもいないお金が必要になる

旅行中、出張中など遠出をするときには、前もってある程度のお金を準備しておくとは思いますが、意外とお金を予定より使ってしまった!ということもあるのではないでしょうか?

でも遠出しているためにいつも使っている金融機関でお金を引き出せないことも多いです。そこで便利なのが、キャッシングカードローンサービスです。 続きを読む

0

本当に融資を受けられる?業者の選定基準を知って心配を和らげる

借入に申し込んでも審査に受からなければ融資は受けられません。そんな気になる審査の業者の選定基準を調べましょう

金融機関にての借入を予定しているけれど、果たして審査に通るか?ということを心配している人も多いのではありませんか?

特に初めて借入するとなると、心配度も高くなります。
そこで金融業者の選定基準が分かれば、どんな人が審査に通りやすいか?ということを知ることができます。
金融業者によって多少の違いがあるものの、ある程度の共通した選定基準があります。確かめてみましょう。
続きを読む

0

自己破産後もお金を金融機関から借りられる?金融機関の対応

自己破産後に借り入れが必要になっても、借りられる可能性は低い

自己破産申請を行うことによって、確かに今までの借金生活からは解放されます。
ただその一方でお金を借りたものとして、ルール違反をしてしまったためにそれなりのリスクがあるということを考えておかねばなりません。

自己破産後も何らかのことが理由でまとまったお金が必要になることもあるでしょう。自己破産後に金融機関から再び借りられるのでしょうか?

続きを読む

0

マルチ商法の事例と対処法

話題のネオヒルズ族、実態はマルチだった?!秒速で破産は本当・・・?!

話題になっているネオヒルズ族

数年前から話題になっているネオヒルズ族をご存知でしょうか?
ホリエモンや藤田晋社長とは異なり、情報商材で財を成した若者達です。
ネオヒルズ族のやっていることが、マルチ商法の典型です。
正確にはマルチではないのですが、マルチまがい商法ということです。
ここではネオヒルズ族がどのような手段で搾取していくのかについて見て行きましょう。

続きを読む

0

保証金名目でお金を騙し取る業者に注意!

保証金名目でお金を要求する会社は違法な業者です!

保証料は必要ありません

保証料名目でお金を要求されていませんか?それは詐欺であり、架空業者である可能性が高いです。というか、間違いなく詐欺です。
続きを読む

0

名前はよく聞くけどノンバンクって何?違いを詳しく教えて!

銀行とノンバンクの違いは何?ノンバンクは悪徳業者なの?詳しく教えて!

・ノンバンクとは

ノンバンクとは文字通り、銀行ではない貸金業のことです。
銀行を運営するには免許が必要ですが、貸金を行うだけなら銀行免許は不要です。
ただし貸金業法に基づいた登録を行う必要があります。
具体的には、消費者金融、クレジット会社、信販会社などがノンバンクにあたります。 続きを読む

0

分割払いを管理する法律、割賦販売法ってどんなもの?

分割払いやクレジット払いの際のルールを決めているのが割賦販売法。どんな法律なの?

・割賦販売法について

割賦販売法で私達に身近なのは、クレジットカードや通販などの分割払いです。
割賦販売は商品を購入する際に、毎月あるいは毎年の支払を約束することで、先に商品を手に入れる方法をいいます。
その割賦販売に際して、たとえば契約を結んで商品を引き渡す前に売主が倒産してしまっては多大なる迷惑を被ります。
また、買い手は資金力がないため割賦を求めるケースがほとんどですので、買い手は経済取引に際して立場が弱くなりがちです。
そのため、割賦販売に規制をかけて、取引を保護する必要が生まれます。
そうして誕生したのが割賦販売法です。 続きを読む

0

審査に通りやすいところ・金融機関のカードローンって結局あるの?

Q. 審査が通りやすさに違いはあるのでしょうか?

A. 結論から言えば、銀行系よりも消費者金融系の方が審査が緩い傾向にあります。

銀行系では断られたけれど消費者金融系に申請してみたら通った、という話を聞くことはとても多いですね。

しかし、消費者金融系は銀行系に比べ金利が高めに設定されており、長期間にわたって返済をする場合は利息が増えてしまい、返済が大変になってしまいます。

審査に落ちることを恐れたり、すぐに借り入れをしたいからといって安全策に走り消費者金融系に簡単に大きな額の借り入れをしてしまっては後々大変な苦労をすることにもなりかねないのです。

  続きを読む

0

ゴールデンウィークにお金を借りる際には注意が必要です

待ちに待った大型連休!ゴールデンウィークにお金を借りる際には注意点があるのです

・ゴールデンウィークは、カード会社の繁忙期です。

ゴールデンウィークなどの連休は、出費が増えて借り入れを希望する人が非常に増えます。
ですのでカード会社の申し込みも増えますので、カード会社にとっては非常に多忙な繁忙期となります。
とくにゴールデンウィークは大型連休ですので使うお金も多く、交遊費に困る人が増えるのです。
また連休があることで出勤日数が減り、収入が減る人も出てきます。
日給で働いている契約社員や派遣社員などです。
そういった方々からの借り入れも増えますので、ゴールデンウィークは非常に忙しくなります。 続きを読む

0

生活費のために繰り返し借りる場合には注意が必要です!

今月も生活費が足りない・・・そんなときにはキャッシングですが、繰り返し借りるときには注意が必要です。

・生活費のために繰り返し借りるのは、ルールを守りましょう

カードローンは利用用途は自由です。
ですが、生活費のために借りる場合は注意が必要です。
生活費は毎月かかりますので、今月をしのげても来月もまた借り入れする必要が生まれてくる可能性があるからです。
生活費を借り入れる場合は、今月だけで済むように工夫しましょう。
また生活費を正常な状態に戻すために、まずは固定費の削減を検討しましょう。
できる限り、収入の範囲内で生活できるように生活を見直すことが大切です。 続きを読む

0

キャッシングやカードローン利用時の心構えについて確認しよう

キャッシングやカードローンを利用する前に!心構えを確認しましょう。

・カードローン利用前の心構え

カードローンは、使い道自由なお金を手にすることができる非常に便利なサービスです。
ですが、お金は非常に怖いものでもあります。
カードローン利用時にはどのような心構えが重要なのでしょうか。 続きを読む

0

提携ATM手数料の負担が大きい。手数料のことも考慮しよう!

お金を借りる際に注目すべきは金利だけじゃない!提携手数料の負担が大きいことに注意

・提携ATMの手数料が負担となるケース

カードローンは、長い付き合いになるケースが多いです。
1万円借りて翌週に1万円返せばそれきりですが、もう少し高額のお金を借りた場合、あるいは支払金額を少なく設定した場合は、長いお付き合いになります。
そんなとき、重要なのが提携ATMの利用手数料です。
支払回数が増えるほどに、累積の手数料が増えていきます。
しかもこれは金利と違って、支払の実績にはなりませんし、利用者負担です。
なるべく提携ATMの金利手数料が無料の業者を選ぶか、提携でない専用ATMのあるところまで移動して、支払を済ませましょう。積み重ねると大きな金額になります。 続きを読む

0

カードキャッシングで使い道自由なお金を手にしよう

カードキャッシングのローンは使い道自由。お金を借りて自分の成長に投資しよう

・手軽に借り入れできるカードキャッシング

カードキャッシングは、カードの機能にキャッシングがついているサービスを言います。
クレジットカードでもキャッシングできますし、キャッシング専用のカードもあります。
クレジットカードの場合は信販会社が発行しているショッピング用クレジットカードにキャッシング機能が付帯しています。
続きを読む

0

審査基準の緩い金融機関の特徴4つ

審査を通すために知っておきたい金融機関が審査基準を緩くせざるを得ない背景

 
どうしてもまとまったお金が必要となった時に便利なのが、カードローンです。昔と違ってより気軽に利用できるようになっています。そんなカードローンですが、いくら便利な存在ででも審査に通らなくては、利用することもできません。審査に不安を抱えている人もいる中で、審査の緩い金融機関の特徴について考えてみましょう。
  続きを読む

0

カードローンを利用するために、入会金など必要な経費はあるの?

カードローンを利用する前に気になる初期費用はいくら?

 
カードローンを利用してお金を借りるという人が、増えてきているといわれています。そんなあなたも実はカードローンを利用したい!と思っているかもしれませんね。しかし気にあるのが、カードローンは入会金などの初期費用はあるの?ということはないでしょうか?
  続きを読む

0

日本貸金業協会ってどんなところ?加入していない未加入業者は悪徳なの?

日本貸金業協会ってどんなところだろう?何を管理してる団体?未加入業者は悪徳だと思っていいの?

・日本貸金業協会による業界全体のコンプライアンスの向上

お金を貸してくれる事業者を統括した、日本貸金業協会という業界団体があります。
この団体によって、業界全体のコンプライアンスが守られています。
あくまで消費者保護を主観として、貸金業者に監査を行っている団体なのです。
ここの団体への加入は任意です。
貸金業を営むなら必ず加入しなくてはならないというわけではありません。
ですが、問題なく貸金業を営んでいくなら、入っておいて損はない団体です。
そのため、お金を借りるなら、日本貸金業協会に加入している金融機関のほうがいいでしょう。

続きを読む

0

合宿免許や運転免許の費用にカードローンを検討してみよう

合宿免許や運転免許の取得には20万円~30万円前後の費用が必要!

運転免許を取得するためには大体30万円前後の費用が必要だと言われています。比較的安く運転免許証を取得できるAT車限定でも25万円ほどの費用がかかってきます。一生に1度のものだからそこまで高く感じない、という意見もありますが、運転免許証を取得する年齢の多くは高校生や大学生、新社会人です。つまり、お金の蓄えがある人のほうが珍しいと言えます。そのため、少しでも費用を安く抑えたい、どうにかして費用を捻出したい人も出てくるでしょう。そこでここでは、運転免許証の費用を安く抑えるポイントと費用のやりくりについて紹介していきます。

続きを読む

0

脱毛サロンやエステサロンの費用が足りないときはカートローンを上手に使おう

脱毛サロン・エステサロンは、独自のローンを用意しているところとしていないところがあるのでカードローンが役立つ

以前と比べると脱毛サロンやエステサロンがとても身近な存在になってきました。駅チカには必ずといって良いほど店舗がありますし、ショッピングモールでも良く見かけます。それだけ多くの方が気軽に利用できるようになったといえます。 続きを読む

0