ブラックリストに情報が載るデメリット

どうしたらブラックリストに載ってしまう?
カードローンの返済が遅延した場合などを事故と呼び、信用情報機関は記録しています。この記録がブラックリストと呼ばれています。

ただ、実際に黒いノートなどがあるわけではありませんし、銀行などの金融機関がそれらを記録していません。
信用情報を管理する日本の個人信用情報機関は「日本信用情報機構」、「全国銀行個人信用情報センター」、「CIC」の3団体です。そして、それぞれの間で信用情報の共有を行っています。事故情報というのはお金を返さない事案が主になり、大きく分けて延滞、代位弁済、債務整理・自己破産、強制解約があります。

まず延滞は返済期限までに返済を行わないことですが、事故情報として登録されるのは2カ月以上の延滞がある場合とされています。支払いを実行すれば延滞は解消されますが、事故情報はすぐに消えません。 次に代位弁済ですが、金融会社などが債務者でなく契約している保証会社から一括返済を受けた場合です。金融機関に対する債務はありませんが、保証会社への債務は残った状態です。

保証人不要のカードローンなどではこの措置はありません。 それから債務整理や自己破産は任意整理か法的整理のどちらを行った場合でも事故情報として記載されます。

最後に強制解約です。契約を強制的に解約することを指します。 これらの情報が載っていると金融機関はその申し込み者に対する与信を拒否して、ほかのローンも審査を否決してしまいます。

ブラックリストに記載されたらどうすればいい?

事故情報は消すことができるのでしょうか。これは可能ですが、事実と異なる内容が掲載されているなど、特殊なケースのみになります。「ブラック情報を消します!」といった広告などがあっても詐欺の場合が圧倒的多数なので注意してください。

事故情報は返済などが完了し、その事案が解消されてから延滞で1~5年程度、代位弁済と任意整理は5年程度、自己破産は5~10年程度で抹消されます。それまではローンなどが組みにくくなりますし、あくまで解消されてから前述の年数を待たなければなりません。

では、誤った情報が記載されている場合、どうすればいいでしょうか。落ちるはずがないクレジットカードやキャッシング、ローンの審査に落ち続ける場合は事故情報の誤登録を疑いましょう。

確認方法は団体によって違いますが、郵送、訪問、インターネット確認という3つの方法で確認ができます。誤情報であれば、それらの証明を持って申請することで削除・修正をしてもらえます。 いずれにせよ、ブラックリストに載らないように計画を立てることが大切です。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*