審査で重視される項目

カードローンを利用するにあたっての審査基準とは?ここでは「審査で重視される項目」ページを作成しました。この審査によって、融資の決定や融資金額が決定されます。くれぐれも嘘は記入しないようにしましょう。

審査の流れとチェックされる項目

新規の契約を申仕込む時には、住所・氏名・連絡先電話番号・仕事・家族構成・住居・他社利用暦・住宅ローンを借りているか等を記入します。

他社からの利用暦や利用金額は一円単位まで正確に答えられなくても大丈夫ですが、他社などの利用暦があることや利用金額は正直に申告してください。

もちろん、他の項目も同じです。利用している会社の残額や件数等がある場合、記入に少し手惑いますが、大切な審査基準なので極力正確に記入しましょう。
なぜなら、この情報を元にキャシング会社は審査していくからです。

キャシング会社の審査の工程を見ていくと、各社若干の違いや順序の違いはありますが、次のような段階をたどります。

①個人信用情報機関での審査②自社基準での審査→③在籍確認→④審査通過の可否
という過程で行なわれます。

個人信用情報機関での審査で重要視されている項目

個人信用情報機関では、申請された氏名・生年月日・他社借入件数・他社借入額・返済状況などが正確に記載されているかどうかチェックします。
ご本人以外には融資することはできません。これらは、各金融会社が使用できる信用情報機関に問い合わせを行うことによって、利用者の身元や個人情報を入手して審査されています。確かに借金があることは申請しづらいものですが、バレてしまいまうので、正直に申請してください。

自社基準での審査で重要視される項目

カードローン会社の審査で重要視される項目は、申請した方の年齢・他社借入件数・他社借入額・返済状況・勤続年数・雇用形態(正社員・パート・アルバイト)・勤務先規模(従業員数・資本金)・年収・居住年数・居住形態(持家・社宅・借家等)・家族構成・電話(固定・携帯)・社会保険(健康保険か国保かどう)などを評価していきます。これらの評価で融資額が決定されます。これらの基準は各会社により異なります。

在籍確認で重要視される項目は、ずばり、本当に在籍しているかです

ここでは、申請された勤務先に電話で問い合わせをすることで確認します。あくまでも在籍調査が目的なので、問い合わせるときもキャシング会社からの電話ではなく、架空の人物からの問い合わせになりますのでご安心ください。

そしてこれらの過程を行い、基準に適合すると④審査通過とになるのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*