総量規制にも例外となるローンの種類がある!!

総量規制の例外となるローンはどんなものでしょうか
“貸金業法には総量規制があります。
消費者金融の借り入れは、複数の業者を使っても収入の1/3までしか借り入れができないという制限です。

これによって多額の借金ができなくなった人が増えましたが、その分、自己破産や任意整理に陥る多重債務者は減りました。

もともと多重債務が社会問題になったことによって制定された法律なのです。総量規制によって借り入れの限度額が制限されました。これによって多額の借り入れができなくなります。

つまり消費者金融側は、多額の貸付ができなくなりますので、売り上げが減少するということになります。

これによって、消費者金融はあらたな顧客を獲得するためにCMを打ったり、30日間利息無料などのサービスを展開したり、即日キャッシングや土日祝日での融資、また最短30分での審査などの各種サービスを打ち出すようになりました。

これは利用者にとって喜ばしいことで、各社が競争することで、より使いやすいサービスへと消費者金融が努力を重ねています。これによって利便性が向上しましたので、社会全体にとっても有意義な方向に向っているのではないでしょうか。

総量規制の導入によって、各消費者金融が売り上げ獲得のためにさまざまなサービスを展開するようになったのは、競争原理が働いていてとてもいいことでしょう。

総量規制は、貸金業法の中のひとつです。カードローンには銀行カードローンと消費者金融とがありますが、使い勝手は変わらないもののこの両者はほとんど同じです。ですが、銀行系カードローンは銀行法、消費者金融は貸金業法と、定めている法律が異なってくるのです。

そのため、たとえば消費者金融で限度額いっぱいまで借りていたとしても、銀行系カードローンは定めている法律が違いますので、まだ借入を行うことができます。これは非常に嬉しいことですが、くれぐれも借り入れに注意しましょう。

年収の1/3以上のキャッシングは非常に危険で、リスクを伴います。慎重にご検討ください。銀行系カードローン、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、奨学金などが総量規制の範囲外です。下記に詳細を書きます。

住宅ローンは総量規制の対象外です。ですので消費者金融で限度額いっぱいまで借り入れしていたとしても、住宅ローンを組んで住宅を買うことが可能になりますのでご安心ください。

自動車ローンも別のものになります。ですのでローンを組んで自動車を購入することが可能です。

銀行が行っている教育ローンなども別の仕組みですので、総量規制の対象外です。

またお子さんの高校大学の進学の際に奨学金を借りることがあると思いますが、奨学金も総量規制の対象外ですので、消費者金融で親が限度額まで借り入れているからといって、お子さんの進路に影響がでるわけではありませんのでご安心ください。

そもそも奨学金は、お子さんの名義で借り入れるお子さんの負債ですので、両親が多額の借り入れがあってもあまり影響はないのです。

またクレジットカードのショッピングも対象外ですので、限度額までは買い物を楽しんでいただくことができます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>