外国人が消費者金融ローンを利用!その前に契約は可能なの? 

最近は日本に留学する人や働きに来る人が増えました。

一方で為替も日々変動するので、外国から来られた方たちも長く住んでいれば、時には一時的にお金が必要になる状況もでてくることでしょう。ところで、彼らがお金に困ったとき、私たち日本人と同じように融資を申し込むことは可能なのでしょうか?

銀行系ローンと消費者金融ローンとの違いは?

ローンといっても銀行系のローンや消費者金融など種類がありますが、多くの場合は永住権を持っていると比較的スムーズに融資してもらえるようです。日本公庫(日本政策金融公庫)や銀行系のクレジットでも、安定した収入があり返済能力が認められ、引き続き日本に滞在して返済できる、と判断される場合には融資してもらえることもあります。

例えばレイクを例にしてみてみましょう。正式名称は「新星銀行カードローンレイク」で、銀行系カードローンの一つです。消費者金融は総量規制というしばりがあって、年収の3分の1以上のお金は融資できないことになっていますが、銀行系にはこのしばりがないので、たくさん借りたいと思っている人には魅力の一つといえるかもしれません。

審査は先ほど述べたとおり日本人と同じで安定した職や収入があることに加えて、永住権の確認が必要です。それで在留カードか特別永住者証明書の提出が求められています。

銀行系ローンは審査自体は比較的厳しいですが、安定した金利や総量規制の対象ではないことなどを考えると有利なローンといえるかもしれません。では消費者金融ローンはどうでしょうか?銀行系ローンより審査が簡単な場合もあるようですが、具体的な点を見てみましょう。

外国人が消費者金融から借り入れるには?

① 永住権の有無
消費者金融も銀行系のローンと同じで、永住権の必要なものがほとんどです。条件の中には特別に永住権必須と記載は無く、在留カードか特別永住者証明書の提出を求めているだけの場合でも、実際には永住権が必要です。

それはやはり一時的な来日で、返済が終わる前に帰国してしまい、連絡が取れなくなってしまう可能性が否定できないからです。そもそも信頼関係の築けないところにお金は貸せないというのは当然といえば当然ですね。また中には永住権では借りることができず、特別永住権が必須の金融もあるので注意が必要です。

② 日本語の理解力
日本語の能力として、読み書きや日常会話などの点で高い能力が求められます。なぜなら、契約内容をきちんと理解できているかどうか、また日本語で手続きができるかどうかが重要だからです。

またカード会社の人の会話が理解できるかも吟味されます。後から「知らなかった」「分からなかった」では済まされないことだからです。それで場合によっては語学力が足りないということで申し込み自体を断られることもあるようです。

③ 収入
審査の条件として安定した収入が確認できることは日本人と外国人の区別はありません。また収入証明書が必要な場合もあります。安定した一定額の収入があること、そして他に借金があるかどうか、返済が遅れていないかどうかなど返済能力の確認が必要となります。たとえパートタイムの仕事であってもこうした点が確認でき、返済能力が認められれば融資を受けられる可能性が大きくなります。

④ 年数と就業状況
日本に来て一年以内で融資を申し込む場合、なかなか審査が通らないことが多いようです。それは不法滞在かどうか、また短期で帰ってしまう可能性が否定しきれないなどの理由があるようで、少なくとも1,2年は日本に滞在していることが求められるようです。

また当然、在留資格の期間がどれくらい残っているかも問題になります。借入が残っているのに帰られてしまい連絡が取れなくなってしまった、なんてことになったら大変ですよね。また、返済能力とも関係がありますが、就業年数が一年に満たない場合は審査が通りにくいのも事実です。

やはり、金融機関はきちんとお金が回収できるかを確認したいと思っているので、実績に基づく信頼関係を得るには就業状況も大きな条件の一つといえるでしょう。

外国人も日本人も基本は信頼

このようにして見てみると、結局は信頼が大きなカギになっていることが分かります。外国人であっても日本人であっても、お金を借りる本人がきちんと契約内容を理解し、返済を完了できるだけの能力があるのか、その責任をしっかりと負えるのかどうかが大きなポイントになっているわけです。

就業実績や収入などに関しては日本人も外国人もほぼ同じ基準といえるでしょう。外国人の場合は永住権が必要ですが、大手の消費者金融の中には永住者でなくても在留期間が長く、安定した収入があり日本語の能力も高いことが認められれば融資が可能な場合もあるので、永住権が無いからとすぐあきらめず、誠実な態度で担当者に尋ねてみるのはいかがでしょうか。

また逆に、最初から簡単に永住権のない外国人に融資する金融には注意が必要です。たいていは闇金融といわれる非合法のもので、高すぎる金利を設定している場合があります。お金が必要でも安易に手を出すと却って危険な目に遭ってしまうかもしれません。借りる前には慎重によく考えましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*