キャッシング・ローン用語集

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「キャッシング用語集」ページを作成しました。

個人再生について理解を深めよう

・自己破産と任意整理の中間
個人再生という選択肢があります。
自己破産と任意整理の中間のようなものです。

自己破産のように裁判所に申し立てをするのですが、自己破産ではすべての債務を免責にするのですが、個人再生は債務を1/5程度に小さくして、任意整理のように長期で支払っていく制度です。

増減額は任意整理よりは大きくなるのですが、どうしても支払は長期化します。
ですが自己破産のようにキレイに債務とおさらばできるわけではありません。 続きを読む

0

特定調停とは?を返済不能になる前に知っておこう

・簡易裁判所が介入する借金の解決
借入が膨らんだり、突発的なことが起こって返済が不能になる場合があります。そうなると、法的な解決をする必要が生まれます。

簡易裁判所が介入して、返済条件を軽減することが可能です。高すぎる金利を上限金利の範囲内に調整し、引きなおし計算をします。債務者が金銭的な整理を行い、生活を立て直せるようにするのが特定調停の目的です。
続きを読む

0

知っておこう任意整理のいろは

・任意整理の基本を知っておこう
借金をするときに、もちろん任意整理等は考えるべきではないですが、万が一のときに、任意整理のことはしっかりと理解しておきましょう。

任意整理とは、返済が行き詰まってもうどうしようもないときに、司法書士や弁護士が債務者との間にはいって、支払が可能になるように手続きをし、条件のよい交渉をしてもらうことです。 続きを読む

0

住宅ローンをお得に便利に使える代理受領について知ろう!

家を購入するときに現金で一括で支払うことができればいいのですが、ほとんどの方は住宅ローンなどの借入を利用して家を購入しています。

ただしそんな住宅ローンを受けるためには条件があるのです。それは住宅が住宅ローンを申し込む人の名義で登記されていることなのです。 続きを読む

0

ローンカードとは?

ローンカードとは、消費者金融以外の貸金業者が発行するローン、つまり貸し付け専用のカードのことです。名称は金融機関によってカードローンとしているところもあります。ローンカードはキャッシング専用であり、ショッピングに利用することができないものが大半です。

ローンカードはどちらかというと買い物やレジャーなど、ある程度まとまった資金が必要なときなどに利用されます。消費者金融が発行するカードは短期の生活資金などに利用されるので、顧客の想定がまったく違っているのが特徴です。

また、ローンカードは消費者金融に抵抗のある人を顧客の対象のひとつにしています。さらに、消費者金融のカードと違うのは一定の収入のある者に発行される傾向があり、フリーターなど収入が不安定な者へは審査が厳しくなっています。

用途は原則として自由としながらも、事業資金として利用することは禁止されている場合がほとんどです。

0

連帯保証人とは?

連帯保証人とは、債務者が弁済できない場合に債務者と連帯して債務を負担する連帯保証をする保証人のことです。

通常の保証人には催告の抗弁権と検索の抗弁権が認められますが、連帯保証人にはそれがありません。ですので、債務者が弁済できなくなった場合、債権者は連帯保証人へ請求できることになります。 続きを読む

0

利用限度額とは?

利用限度額とは、キャッシングなどで借り入れをすることができる上限額のことです。借入限度額と呼ばれたり、単に限度額と言われることもあります。

ほかには利用枠と呼ぶクレジット会社もありますが、同じ意味です。 通常、クレジットカードなどの申し込みをする際に希望額を申告できますが、クレジット会社などは信用調査などを行って利用限度額を決定します。

続きを読む

0

リボルビングローンとは?

リボルビングローンとは、リボ払い、リボ方式、リボルビング払い、リボルビング方式などとも呼ばれる、消費者金融やクレジットカードなどにおける債務の返済方法のひとつです。

一部のクレジット カード会社などではフレックス払いもしくはフレックス返済と呼ぶこともあるようですが、同じことです。 リボルビングローンの返済方法の特徴は、あらかじめ指定した一定金額で毎月返済していくということでしょう。 続きを読む

0

利息制限法とは?

利息制限法とは、貸付金額によって貸金業者が設定する金利の上限を制限する法律のことです。金銭を目的とする消費貸借上の利息の契約および賠償額の予定について、元本に対する割合である利率の観点から規制を加えた民法です。

続きを読む

0

与信審査とは?

与信審査とは、個人信用情報センターなどに登録されている情報を、金銭などを貸し出そうとしている金融機関が調べ、借り入れ申込者の返済能力について調査することです。返済能力があるか、利用者本人が信用できるかどうかを調査・審査します。

続きを読む

0

融資とは?

融資とは、金融機関などが個人または法人が必要な資金を貸し出すことです。クレジット会社のキャッシングも融資のひとつになります。

個人であれば、マンション・アパートなどの住宅購入や自動車購入、教育費不足を補足する目的で資金を集めることがありますし、法人だと事業の拡大目的や開業資金、設備投資資金、経営の維持などを目的に資金を調達します。この際に銀行などから借り入れることを融資と言います。

続きを読む

0

約款とは?

約款とは、契約内容を明確にするために、契約書に記される条項のことです。様々な内容を記載するため多量の文章量になるので、作成を迅速かつ定型的に処理するため、あらかじめ統一的に定められている場合が多いものですが、各々の契約に合わせた重要な内容も含まれています。

契約時は金融機関などの担当者も早くサインをするように急かしたりしますが、本来はじっくり読まなければいけないものです。のちのちトラブルが発生しても、書類にサインや印を押している以上約款は読み、同意していると理解されるので気をつけなければなりません。

0

約定とは?

約定とは、契約時に取り交わした取り決めのことです。キャッシング用語の中では主に約定日と約定利率がよく耳にする単語になります。

まず約定日は契約で決められた返済期日のことをいいます。ノーローンでは契約時に利用者の都合に合わせて返済期日を決定することが多いです。

約定利率とは契約によって定められる利率のことになります。もし契約時に金利を設定していない場合は法定利率が利用され、商人でない者同士は年5%、一方もしくは双方が商人の場合に年6%となります。

0

目的ローンとは?

目的ローンとは、使途が特定の目的に限定されているローンを指します。逆に、使途が自由なローンをフリーローンといいますが、目的ローンはフリーローンに比べて金利も安く設定されているのが特徴です。

目的ローンは、例えば教育ローンやブライダルローン、旅行ローン、住宅ローンや自動車ローンなど、様々なものがあります。 目的ローンは申し込みの際に資金使途証明書を提出する場合もあり、融資の実行は支払い先の口座へ直接入金するなど、ほかの用途では使えないようになっています。

0

名義貸しとは?

名義貸しとは、自分の名義を他人の財産や権利のために貸すことです。実際の契約当事者でない者が契約上の名義人になることで、詐欺などの手口になったりなど、のちのちにトラブルになるので気をつけなければなりません。

クレジット契約や金銭消費貸借契約では名義貸しは禁じられています。名義を他人に貸した場合、名義を貸した人が契約の責任を負わなければなりません。

たとえ実際に金銭を借り入れた人物が逃げてしまっても、名義を貸した人が契約上は借りているので、返済義務が生じます。

近年、クレジットカードやローンカードを作らせてカードを受け取り、多額の借入れをして逃げてしまうという詐欺事件が頻発しています。名義を貸した者は詐欺に関しては被害者かもしれませんが、名義を貸した上にアルバイト料を受け取っているため、債権者に対しては返済義務を負うことになってしまっています。

0

無担保貸付とは?

無担保貸付とは、金融機関などが保証人などの人的担保や不動産などの物的担保などの担保権を設定しない貸付契約のことです。

無担保ローン、フリーローン、フリーキャッシングとも呼ばれています。 一般的にいうと、キャッシングやカードローンなどはこの無担保貸付です。

利用者の信用のみでの貸し付けになるので、担保を設定する有担保ローンと比較すると金利は高く、限度額も低めに設定されることが多いです。消費者金融は一般に無担保貸付です。銀行と比較すると手軽に借りられるというのが大きなメリットです。

0

ミニマムペイメントとは?

ミニマムペイメントとは、リボルビング払いでの毎月の最小返済額です。契約締結時の利用限度額設定でミニマムペイメントを任意に設定するものや、借り入れ元本の変動で最小支払金額も変わる場合もあります。この設定は各社の考え方により違い、一定の基準はありません。

また、日本では一時期JCBなどからミニマムペイメントカードというサービスが行われていました。毎月、事前に決めてある最低支払額以上であれば、都合に合わせて返済額を自由に選べる、ミニマムペイメント方式のクレジットカードでした。

しかし、2006年以降、クレジットカード業界を取り巻く環境が急速に悪化したため、ミニマムペイメントカードの新規募集はほとんど見られなくなっています。

ミニマムペイメントはお得?!メリットとデメリット

カードローンなどの借入の商品はとても競争率が高いために、次々に新しい商品が発売されています。そんなカードローンの返済方法として最近注目を集めているのが、ミニマムペイメントです。いったいどんな返済方法なのでしょうか?検討してみましょう。

・ミニマムペイメントとは?
ページ冒頭で述べたようにクレジットカードやキャッシング、カードローンの返済方法の一つで、その名称”ミニマムペイメント”の通りに、最小支払い金額を利用した返済方法です。残高に応じて決められた最少返済金額が月々に支払わなければならない返済額となるのです。一般的なカードローンの返済で用いられている返済方法よりも、返済額が少なめに設定されているのが特徴です。

・ミニマムぺイメントのメリット

負担が少ない

ミニマムペイメントの返済額はとても低く設定されています。そのために借入をして返済を行っていかなければならないとしても、家計への負担がとても少ないのです。今月は家計が苦しいというときには助かる返済方法といえます。

返済が明瞭

月々の返済額がミニマムペイメントで自動的に設定されているために、返済額についても簡単ではっきりとしています。誤解が少なくて済みます。

気軽に利用することができる

毎月の返済額がとても少ないために、気軽に利用を始めることができます。どうしてもまとまったお金が必要だけど毎月の支払はそこまで大きな額にはしたくない!というときにぴったりです。

・ミニマムペイメントのデメリット

利息が多い

ミニマムペイメントのメリットでもある家計への負担が少ない返済額ですが、返済額が少ないとどうしても返済期間は長くなってしまいます。長い返済期間=高い利息となります。

繰り上げ返済ができないところもある

ミニマムペイメント方式を採用している多くの金融機関で、繰上返済の利用が不可能であるところが多いのです。余裕がある際には多めに返済して、少しでも元金を減らすということができないために、最初の契約通りにしか返済が行えないというデメリットもあります。

メリット デメリット
①負担が軽い
②返済額がクリア
①利息が高い
②支払方法が限られていることも

 

ミニマムペイメントの利用注意点

ミニマムペイメントは家計の苦しい月などには、とても助かる返済方法ともいえます。しかしこの返済方法ではなかなか元金が減らずに、いつまでも借金を持っていることになります。とは言っても繰り上げ返済が認められていない場合には、どうしようもないのでは?と思うかもしれません。

でも実はミニマムペイメントの返済方式をとっているところでも、支払い金額の変更ができることがあります。もちろん変更が反映されるまでに時間がかかりますが、それでも返済を早めることができますし、何よりも利息を減らすことができます。

ミニマムペイメント方式を返済方法として取り入れるのであれば、より計画的に利用し始める必要があります。また返済方法について、どのようなオプションがあるのか?ということを借入先のオペレーターに尋ねるようにしましょう。

0

みなし利息とは?

みなし利息とは、貸し付け金利・利率の計算において、貸金業法で定められている上乗せできる費用のことです。返済金額の中の元金以外の部分を指しています。 例えば実質年利が12%のときに100万円を借りたとします。

月々の利率は1%になるので、単純計算で毎月1万円の返済額になります。しかし、この1万円はすべてが元本ではなく、利息のほかにも手数料などの名目で費用が上乗せされているのです。

ですので、いくらでも名目は作れますので、貸金業規制法で金利計算はみなし利息を含めて表記するように義務付けているとはいえ、利用者には不利になることもあります。

0

みなし弁済とは?

みなし弁済とは、法的に有効な利息の弁済とみなされる、本来無効である利息制限法の上限金利を超える金利を合法と認める例外規定のことです。

貸金業規制法43条において定められていましたが、2010年6月の 改正貸金業法の完全施行でみなし弁済制度は廃止されています。 廃止前は債務者が貸金業者との間の利息契約に基づいて利息を任意に支払った額が、利息制限法の定める額を超えていても、この超過部分は有効な利息の債務の返済とみなされていました。

みなし弁済が適用されてしまうとその利息の支払いは不当利得返還請求の対象とはならなかったため、貸金業者がそのまま受領してよいものとなっていました。

法定金利を超えていても出資法の上限金利までは合法とされていましたが、貸金業法の改正で、みなし弁済制度はなくなっています。

みなし弁済って何?どう影響するの?
平成21年に廃止になったとはいえ、債務整理や過払い金返還請求などのトラブルにおいてはまだまだ関係のあることとしてみなし弁済があります。いったいどのような制度なのでしょうか?しっかりと調べていきましょう。

・みなし弁済とは?
旧貸金業規制法では制定されていた制度で、カードローンなどを利用する人にとても不利益となる制度でした。みなし弁済とは,貸金業者が利息制限法所定の制限利率を超える利率の利息を受領したとしても,旧貸金業法43条所定の要件を満たす場合には,有効な利息の弁済があったものとみなすという制度です。

みなし弁済では利息制限法の制限超過利息は有効となり、制限利息を超過したお金への過払い金を利用者に変換する必要はないのです。簡単に言えばみなし弁済は金融業者が利息制限法違反に対しての過払い金を変換する必要をなくしていた制度といえます。

どうして今でもみなし弁済が関係あるの?

このみなし弁済の制度は今では禁止されているグレーゾーン金利を助長していたともいえるのです。当然廃止されているので関係ないにも関わらずに、今でもまだみなし弁済を主張する悪質な金融機関もあるのです。また,過払い金の利息などのトラブルに関してもみなし弁済が大きく関係しているために、廃止された今でもみなし弁済はカードローンなどの借入を利用する人にとっては関係のある制度となっているのです。

どんな時にみなし弁済は適用されていたの?

1. 金融機関が貸金業登録されていること
2. 貸付契約を行ったときに貸金業規制法17条所定を満たした書面を利用者に対して渡していること
3. 弁済を受けとったときに貸金業規制法18条所定を満たした書面をすぐに利用者に渡していること
4. 利用者が自分の意志で約定利息を支払うこと

このように要点だけを抜粋して書いてみると、とても難しい意味のように思えますが実はみなし弁済を適用するのは簡単なのです。ポイントは自分の意思で=強制ではないということなのです。

一般的に利用者は利息が制限超過になっているということを知りません。知っていたらそのような高い利息を払うことはないからです。

簡単にみなし弁済が認められていたからこそ、高い金利での被害が拡大してしまい社会問題までなったのです。

・みなし弁済と今後の対応の仕方について

今までは簡単にみなし弁済が認められてしまっていて、明らかに金融機関が有利な立場にいました。しかし今の法律ではみなし弁済は無効になっているのです。そもそも利息制限法は利率を制限することでカードローンなどを利用する人を保護するために作られたのです。みなし弁済の存在で平然と利息を多く取る時代は終わりました。

ただ過去にみなし弁済のために支払った過払い金については返還を求めることができます。過去の取引についても,みなし弁済の成立が認められるのは極めて稀なケースになっています。今までのたくさんの判例も出ていますので参考にしてみてください。

0

マンスリークリアとは?

マンスリークリアとは、クレジットカードにおける返済方式のひとつで、中でも最も一般的なものである翌月または翌々月に一括で利用分をすべて支払う方法のことを指します。

いわゆる一括払いです。ショッピングだけでなく、カードキャッシングでもこのマンスリークリア方式を利用することが可能です。

一括払いもしくは一回払いとも呼ばれ、マンスリークリアではない返済方法として分割払いやリボルビング払い(リボ払い)などがあります。

0

保証人とは?

保証人とは、民法では債務者がその債務を履行しない場合にその履行を代わって行う者のことで、担保のうち、人的担保と呼ばれるものです。

保証人には催告の抗弁権と検索の抗弁権が認められています。 保証人は基本的に誰でもなることができますが、法律や契約上では主債務者が保証人を立 てる義務を負う場合、保証人は資力のある一般成人でなければなりません。 ノーローンでは、保証人を必要とすることは原則ありません。

0

法定利率/法定利息とは?

法定利率/法定利息とは、契約において利率を定めなかったときに適用される利率のことです。例えば、友人に貸したお金に金利を定めていなかった場合でも、法定利率の範囲内で請求する権利が生じるものです。

法定利率/法定利息には民法と商法に規定があります。契約当事者の一方または双方が商人の場合は年6%(商事法定利率。商法514条)、当事者の双方が商人でない場合は年5%(民事法定利率。民法 404条)とされています。

続きを読む

0

変動型金利とは?

変動型金利とは、市場金利の動向によって返済途中でも金利が変動する金利設定のことです。年に2回金利が見直され、返済額の変更は5年に1度行われます。

返済額が増える場合でも、最大25%以内とは決まっています。 5年間変動はないので、金利が下がっているときには金利が抑えられ得になりますが、逆に金利が上昇している時期に見直されると返済額が向こう5年間も高いままになります。

上昇した金利に元金が組み込まれ、月あたりの返済金額が予定よりも高くなるので、デメリットも大きいです。

0

弁済とは?

弁済とは、借金に対する契約通りに毎月返済していくことです。弁済は相殺、更改、免除、混同とともに民法の債権消滅方法のひとつです。

弁済が完了することを完全弁済、略して完済といいます。つまり、借金を全部返しきることです。

ただし完済は、債務者が利用するキャッシング会社へのひとつの債務について言う場合もありますし、利用するすべての貸金業者への債務の返済完了を指す場合もあります。 契約時にキャッシング会社が明示する返済予定表には、いつ完済できるかが記されています。

その日が完済予定日となります。もちろんそれよりも早く完済することは可能です。前倒し完済することで、金利などが低く抑えられるのお得になります。

0

フリーローンとは?

フリーローンとは、消費者金融のうち、資金の使途が限定されずに自由に使用できる消費者ローンのことです。

一部金融機関では商品名になっています。基本的には金利改定のルールはとくになく、返済期限は6ヵ月や1年以上で、最長でも5年程度です。 フリーローンは1970年代前半に、銀行の個人融資部門の拡大策として一般化しました。

1980年代後半にあった金融緩和期には、個人の財テク熱などを背景に、融資限度の引上げや返済方法の多様化の動きがみられました。 フリーローンの反対は目的ローンと呼ばれています。

0

ブラックリストとは?

ブラックリストとは、個人信用情報のうち、支払い延滞や破産など消費者にとってマイナスに評価される情報の俗称です。信用情報機関や金融会社が独自に持つもので、悪質な顧客に対し、クレジットカードのなどの発行ができないように警戒するものです。

ブラックリストというと黒い色の帳簿などをイメージしますが、そういったものが実際にあるわけではなく、そういった悪質な行為をした履歴や情報が名前や様々な個人情報と共に記載されてしまうというものです。

0

物的担保とは?

物的担保とは、債務の保証として債権者に提供される、債務と同等の価値があるものの内、建物や土地の権利などの不動産担保や株券などの債券担保のことを指します。

債務者が債務を履行しない場合に物的担保を債務の代わりにするもので、債権者が債権の弁済を確保する手段のひとつです。

つまり、債務者が返済できなくなった場合にこれらを処分して支払いに当てるのです。 物的担保のほかには、債務者に代わって支払いを行う保証人などを付ける人的担保があります。

2種類ある担保;物的担保と人的担保とは?

お金を借入するときには、担保が必要となることがあります。そんな担保ですが実は2種類あるということをご存じでしたか?どのようなものなのかを調べていきましょう。

・担保がどうして必要なの?
カードローンなどの借入を行う際には、当たり前ですがお金を借りることになります。お金を貸す側としてはボランティアで貸しているのではありません。金融機関もお金を貸すという行為でビジネスを行っているのです。そのために貸したお金は絶対に回収しなければ利益にはつながりません。

そこで金融機関が融資を行う際には、慎重になるのもうなづけます。金融機関はお金を貸す代わりに何かのものでお金の回収を保証しようとします。この何かが担保なのです。もちろん今は無担保のカードローンなども多く出ています。これは利用者を信用して貸し出しているのです。しかしこの信用にも限界があるのです。そこで信用の代わりに担保を取るのです。

・担保の種類

金融機関が貸出を行う場合は、その貸し出しを安全にするために担保を求めます。担保には2種類あります。

物的担保

この物的担保が一般的に認識されている担保の意味でしょう。物的担保は一般的に土地、建物などの不動産があります。これらは不動産担保といわれています。別の物的担保には預金担保があります。

人的担保

人的担保とは、保証人のことです。もしも借入した人が支払できなくなった場合に、保証人が変わりに借金を返済するというものです。

保証人となってくれる人が見つかればいいのですが、見つからない場合には信用保証協会の保証があります。保証人の代わりに保証会社を担保としてつけるのです。お金を支払わなければなりませんが、借入をどうしても行いたい時には利用できる制度です。

担保の種類
①物的担保 ②人的担保
不動産、預金など 保証人、保証会社

 

少額のカードローンなどは無担保のものを

物的担保にしても人的担保にしても、きちんと返済さえすれば問題はありません。ただ担保を取るとなると手続きにも時間がかかってしまい、面倒が増えてしまいます。

そこで少額のカードローンなどの借入であれば、無担保の融資を選択する用意しましょう、無担保なので金利が担保ありのものと比べるとかなり割高になってしまいますが、それでも手続きや手数料をなどを考えると特別に高くはならないでしょう。

担保をかけて融資を受けるときには計画的な利用を心掛けて

担保なしで大きな金額の融資を受けるというのは、とてもむずかしいといえます。そこで物的担保であれ人的担保であれば担保を必要としてくることでしょう。

担保さえあれば借入できる!と担保のことだけ考えていると、どうしても返済についての考えが遅れがちになってしまいます。

特に担保を取られている借入の場合は、まずは返済について考えて借入をしましょう。担保に入れるものはたいていの場合大事なものです。大事な家、車、家族、友人になるでしょう。もしも返済に行き詰ってしまうのであれば、最悪のケースは大事なものを失うことにもなり兼ねません。

いつも借入をする際には計画的に行わなければなりませんが、特に担保が必要なケースでは気を引き締めて返済を行いましょう。

0

復権とは?

復権とは、破産法による復権のことで、破産者が破産宣告によって喪失した権利や資格を回復することをいいます。

復権には当然の復権(同法366条ノ21)と裁判による復権(同法367条)とがあります。 当然の復権は、免責決定や強制和議認可決定、同時廃止決定、再生計画認可決定の確定などの場合に行なわれます。

裁判による復権は、破産者が弁済や時効などにより破産債務全部について責任を免れた場合に、 破産者が申立てることによってできるものです。

0

ノンバンクとは?

ノンバンクとは、銀行ではない与信業者、つまり、預金を受け入れずに貸し出しを行う企業や貸金業者などの総称です。具体的には消費者金融会社やクレジットカード会社などの消費者向けノンバンクと、事業金融会社や不動産関係金融会社などの事業者向けノンバンクがあります。

銀行と比べて業務運営での自由度が高いので、銀行が消極的だった個人向けの小口借り入れに応じてくれたり、中小企業向けに特化する会社など、より柔軟性の高い様々な金融サービスを実施しています。

0

ネットキャッシングとは?

ネットキャッシングとは、店頭やATMにわざわざ足を運ぶことなく、自宅などでパソコンや携帯電話、スマートフォンを使ってキャッシングの新規申込みや追加融資の利用、返済ができるシステムのことです。

リアルタイム取引やインターネットキャッシングとも呼ばれ、すべてがインターネット上のみで完結します。ネットキャッシングは、サーバーメンテナンスなど以外で24時間いつでも利用可能なので、営業時間を気にする必要がありません。借り入れ金は指定する所定の口座に振り込まれます。

0

任意破産とは?

任意破産とは、裁判所に自ら破産を申し出て破産宣告を受けることをいいます。一般的には自己破産という言い方をします。破産により、生活必需品などを除き、財産を換金し返済に充てなくてはいけませんが、代わりに残った借金についての責任を免除することができます。

任意破産に似た言葉に任意整理もあります。これは破産や民事再生、商法上の整理などの法的整理手続きに頼らず、債権者と話し合いで債権債務の清算を行なうことです。私的整理または内整理ともいいます。

これは法的整理に比べて簡易かつ迅速な整理方法ですが、債権者の公平が害されるなどの弊害もあります。 消費者信用では延滞に陥った債務者に対し、業界団体などが相談に乗って債務整理を行なうことを任意整理ということがあります。債務者と債権者の双方に任意整理で解決ができなかった場合は法的手続きへと移行します。

自己破産よりも任意整理を!

借金が膨らんでしまいどうしようもなくなった時にとる方法が、債務整理です。そんな債務整理にもいろいろな種類があります。ここではもっともよく取られる手段である任意整理と自己破産について考えていきたいと思います。この2つを混同してしまう人も多いので、しっかりとみていきましょう。

借金がなくなる効果

任意整理では過去に支払った納め過ぎた利息分を法定利息に引き直して借金を減額するというものです。今までの借入が長く借入していた利息が高い場合には、多くの減額が望めるのと同時に、減額後の利息は一般的にゼロになります。和解次第では返済がしやすくなるのです。

一方で自己破産では借金はすべて免除されます。 ただしどのようなことにお金を使ったかによっては免除されないこともあります。また資産がある場合も同様です。

手続きについて

任意整理では裁判者を介すことなく、金融機関との任意の話し合いによって交渉が行われます。そのために裁判所からの通知などの書類はありません。もちろん専門家に交渉を依頼することもできます。この場合でも裁判所はあくまで介入しません。専門家に依頼することで取り立てが中止されます。

自己破産の場合は裁判所に申し立てることになります。つまり手続きは裁判所で行うことになります。裁判所からの要請に従って裁判所に出向き手続きを進めていきます。裁判所から取立ての規制が行われます。

債務整理を行う条件

任意整理の場合は債務を作るに至った理由などを問われることはありません。また特別な資格というものもありません。つまり財産の有無が関係ないのです。ただし保証人が要る場合には注意が必要です。保証人への影響が及ぶケースがあります。任意整理を行うローンと行わないローンを自分で選択できるために、保証人がいるローンには任意整理を行わないことでトラブルを避けられます。

自己破産の場合には、自己破産を行う条件というものがあります。

たとえばお金の使い道がギャンブル、浪費などである場合には原則認められません。また財産についてですが、生活に必要とされるもの以外はすべて差し押さえられます。つまり借金もないがすべてを失うことになります。さらに保証人がいるローンに関しては、すべての残高が保証人に行ってしまうことになります。深刻な問題となります。

信用問題について

任意整理も自己破産も債務整理には変わりはありません。そのために信用については落ちてしまうのです。信用機関の情報に載せられその記録は7~10年程度保存されます。そのために新しい借入を行うことはできなくなります。またクレジットカードの使用が停止してしまうこともあります。

任意整理と自己破産について

どちらの場合にも返済が苦しくなってしまい、結果として債務整理をせざるを得なくなったということに対しては変わりがありません。

しかし、財産・保証人への影響など、また申し込み資格について考えるのであれば、任意整理と自己破産の間には大きな違いがあることがわかります。できるだけ自己破産は避けて任意整理でどうにかして返済する方法について考えてみましょう。

0

日本消費者金融協会とは?

日本消費者金融協会とは、日本の主要な消費者金融会社で構成される全国組織の任意団体です。略称をJCFAといいます。会員相互の啓発を通じ、消費者金融に関する調査、研究、広報、教育等の活動を行い、消費者金融の健全な発達を図るとともに、広く国民経済の適切な運営に資することを目的にしています。

米国金融サービス協会(AFSA)をモデルに、1969年4月に創立されました。 日本にはこのほかに日本貸金業協会もあります。全国貸金業協会連合会が貸金業法の改正により2007年12月に解散し、同年12月に施行された改正貸金業法に基づく内閣総理大臣の認可を受けて日本貸金業協会が新たに設立されました。

貸金業を営む者の業務の適正な運営の確保と資金需要者などの利益の保護を図るとともに、国民経済の適切な運営に資することを目的としています。

0

年利とは?

年利とは、元金に対してかかる金利を1年間で発生する割合を示したものです。 例えば10万円の借金をした場合、年間に支払う利息が2万円だったとしたら、これは年利20%ということになります。借りた期間が1年に満たない場合は365日で割って、日割りで計算されます。

金融会社によっては「金利」と表示されている場合もありますが、日本では基本的には年利といっても実質年利を表示することが義務づけられています。これは利息だけでなく事務手数料なども含んだ上で、元本に対していくら返さなければならないのかを表示しています。

年利は低ければ低いほど利息も減るので、キャッシング選びの際には低金利であるかどうかをチェックしましょう。

0

途上与信とは?

途上与信とは、途上管理や途上審査とも呼ばれる、顧客の利用状況などを元に信用力を再審査し、信用力を見直していくことです。キャッシング・カードローン、クレジットカードなどの与信取引に関して、貸金業者・消費者金融やクレジットカード会社などが、顧客の借入状況や返済状況、直近の信用力の変わり具合などを元に再審査し、与信枠を変更します。

利用状況が好調であれば利用限度枠を増額するなどの途上与信が取られることが多く、当然ながら、返済に遅延や延滞が見られると利用限度枠の縮小や新規融資の打ち切りなどの措置が取られます。ですので、支払いの遅延などは遅延損害金の発生という金銭的な問題だけでなく、信用情報上の問題を負うという点も理解しておかなければなりません。

0

督促とは?

督促とは、簡易裁判所に申し立て手続きをし、債務者に対して支払い請求を命じることです。正式名称は「支払督促」です。

また、各金融会社が返済期日に支払いのない利用者に対して支払いを促すことも督促といいます。場合によっては返済期日が近くなると督促がされることもあります。

督促は通常、書類やはがきなどの書面の郵送、契約時に伝えた電話、メールで行われます。自宅や勤め先に担当者などが押しかけて督促することは恫喝に当たりますので、そのようなことは基本的には行われません。夜間や日中の執拗な取り立ては貸金業法に違反している行為なのです。

最近は、返済日が近くなるとメールで知らせてくれるサービスも多くなり、返済を忘れるということは少なくなっています。

0

定率リボルビング方式とは?

定率リボルビング方式とは、毎月の最低支払金額が借入残高に対する一定比率で算出されるリボルビング払いのことです。キャッシングやローンにおける返済方法のひとつであり、借り入れ残高に一定割合の元金と1か月分の利息を加えた金額を毎月の最低限の返済額とします。

定率リボルビング方式には大きく分けて2種類あります。ひとつは毎月締め日の借り入れ残高およびその月の利息に対して一定比率をかけて算出された金額を支払う「元利定率リボルビング方式」です。

もうひとつに、借り入れ時の元金に対して一定比率をかけて算出された毎月の元金充当分とその月の利息の合算を支払う「元金定率リボルビング方式」があります。

0

提携ローンとは?

提携ローンとは、消費者が商品やサービスを購入する時にその購入代金をクレジット会社の保証付きで金融機関からお金を借り入れできる方法のことです。

日本における提携ローンは、住宅や家電販売業者や乗用車、ピアノなどの販売業者が銀行と提携し、販売業者が顧客の信用保証を行うことで、銀行がその商品の購入代金を融資するというものです。このほかに、この保証をクレジット会社や保証会社に委託する場合もあります。

0

提携カードとは?

提携カードとは、クレジットカード会社が別の企業や団体と提携して発行するクレジットカードのことです。クレジット会社のサービスだけでなく、提携する企業などのサービスが受けられるメリッ トがあります。

例えば、デパートなどのポイントカード機能や銀行などのキャッシュカード機能、身分証や入館証などにクレジットカードの機能を一体化したもので、複数枚のカードを1枚にまとめられるメリットがあります。最近では航空会社などのマイレージプログラムとの提携で無料航空券などと引き換えられるなどもあり、利用者にとってかなり便利になっています。

提携元にとってもカード発行コストをカード会社に転嫁できたり、提携先のカード会社から控除される手数料を通常のクレジットカード利用分より優遇されたり、カード会員へのセールなどのダイレクトメー ルを送付することが容易にできるなどのメリットがあります。 利用者にとってのデメリットは、クレジットカード会社と提携元の双方で個人情報が相互に利用される場合があることです。

0

定額リボルビング方式とは?

定額リボルビング方式とは、毎月の最低支払い金額が一定に指定された返済方式です。大まかに分けて2種類の方式があり、元利定額リボルビング方式と元金定額リボルビング方式があります。

元利定額リボルビング方式は元利均等返済のことで、毎月の返済金額が同じになるように計算する支払い方法です。

常に一定額を返済するので返済管理がしやすいのがメリットです。

しかし、元本は返済当初においてはなかなか減らないというデメリットがあります。 元金定額リボルビング方式は元金均等返済のことです。元金を返済回数で割った金額に利息を加えた額を毎回の返済金額とします。返済回数が重なるにつれて毎月の返済額が減少していくのが特徴です。

0

遅延損害金とは?

遅延損害金とは、返済期日に返済ができなかった、いわゆる滞納した場合に発生するペナルティです。具体的な計算方法は貸金業者によって異なっていますが、遅延損害金の金利は通常の利息などより高めに設定されています。契約前に約款や担当者にしっかり確認をしておくべき事項です。

遅延損害金は支払いが遅れれば遅れるほど負担も 大きくなります。なぜなら滞納をさせないための機能だからです。遅延損害金が発生すると、ただ遅れただけでは済みません。

事故履 歴として信用情報に登録されてしまうので、その後ほかの金融機関との取り引きが数年間に渡り困難になることもあります。 遅延損害金には大きく分けてふたつのパターンがあります。まずひとつは「支払いが遅れた部分だけに遅延損害金が発生する」もの。もうひとつは「返済残額全部に対して遅延損害金が発生する」ケースです。

0

担保とは?

担保とは、債務の保証として債権者に提供される、債務と同等の価値がある物を指します。債務者が債務を履行しない場合に備えるもので、債権者が債権の弁済を確保する手段となっています。ノーローンでは、担保はありません。

担保に利用される主なものとして、建物や土地の権利などの不動産担保や株券などの債券担保の物的担保。債務者に代わって支払いを行う保証人などの人的担保があります。

0

多重債務とは?

多重債務とは、返済能力を超えた金額を複数の貸金業者から借り入れ、返済が困難になった状態のことです。借金を返済するために別の業者から借り入れをすることで、借金が異常な状態にまで膨らんでしまっています。それぞれの業者からの借り入れは少ない額でも複数から借り入れることで莫大になり、気づいたときには手遅れになっていることがあります。

よく『毎月の返済額は収入の20%を超えたら危険』と言われています。 多重債務者の多くは、現在自分の借金の状況を把握していません。毎月の支払いでどれだけ元金が減っているのか知らないなど、借り入れ額がいつの間にか増え、返済困難に陥ります。 借金を少しでも減らそうと焦ってしまうと判断力も低下し、悪徳業者に引っかかり、借金が増えてしまうこともあります。

できれば多重債務に陥る前に、自分の借金の現在の状態を把握し、必要であれば多重債務者を支援する団体や機関、弁護士などに相談しましょう。

0

信用保証とは?

信用保証とは、債務者に代わって第三者がその債務履行を保証することをいいます。債務者、つまりクレジットカードなどの利用者が返済できなくなった場合、保証を請け負った者が弁済することになります。 一般的には信用保証は信販会社のサービスを指すことが多いです。

銀行や生命保険、損害保険会社などの金融機関の消費者ローンや住宅ローンなどで信販会社が消費者の信用調査をし、支払いを保証してくれます。

続きを読む

0

信販会社とは?

信販会社とは、クレジットカードや割賦購入斡旋を主に業務とする会社のことです。信販は信用販売の略で、信販会社にはキャッシング専用のローンカードを発行している場合も少なくありません。

よく貸金業者と混同されますが、信販会社の割賦購入斡旋は商品やサービスの購入代金を信販会社がいったん立て替え払いをし、購入者にあとから請求するものなので、購入者へ直接金銭を貸し付ける業務を行っていません。

そのため、信販会社は貸金業者ではありません。信販会社が貸し付け業務を行う場合には、貸金業法に基づいて貸金業の登録を受けています。キャッシングができるクレジットカードを発行する信販会社は漏れなくこの法律により登録をしています。

0

商工ローンとは?

商工ローンとは、中小企業や商店経営者などの経営規模の小さい事業者を対象とするノンバンクのローンのことです。銀行ローンに比べて利息は高いですが、手続きや審査期間が短いのが特徴で、ビジネスローンとも呼ばれます。

商工ローンが融資を行う条件に、不動産などの物的担保を取らない代わりに保証人を付ける場合が多いようです。中小企業や自営業者を対象としている分だけ、保証人を取ることで貸し倒れリスクを回避しているのです。 1999年ごろに過剰な取り立てで商工ローンは注目を集めていました。「臓器を売れ!」などといった暴力的な脅し文句で社会問題にもなりました。現在は法改正により、そのような厳しい取り立てはすべて違法になります。

0

上限金利とは?

上限金利とは利息制限法と出資法で定められた金利の上限のことです。利息制限法の上限金利は、元金10万円未満は20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%となっています。出資法の上限金利は20%です。

以前は出資法の上限が29.2%でした。利息制限法には刑事罰はなく、拘束力が弱かったため、多くの金融業者は出資法の上限の29.2%に設定していました。20%~29.2%の金利をグレーゾーン金利と呼び、ここで発生した本来は払う必要のなかった返済金を過払い金と呼んでいました。2010年6月に貸金業法が改正され、出資法の上限が利息制限法と同じ20%にまで引き下げられ、グレーゾーン金利は事実上撤廃されています。

0

出資法とは?

出資法とは、正式名称を「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」で、貸金業者の上限金利などを定めた法律のことです。

以前は利息制限法の金利上限15%・18%・20%で、出資法の上限が29.2%だったので、その間の金利がグレーゾーン金利と呼ばれていました。利息制限法では上限を超える貸し付けをした場合、その金利は無効となります。出資法は上限を超えると刑事罰に処されます。

続きを読む

0

実質年率とは?

実質年率とは、金利表記方法の一種で、元本にどれくらい諸費用が上乗せされ支払い額になっているかを年率に換算したものを指しています。

つまり、実質年率には支払い額のうち元本分を引き、利息や手数料や印紙代、保証料といったその他の諸費用を合わせたものになっています。実質年率が16%という場合、例えば、年利12%、保証料3%、手数料1%となっているなど、返済額すべてが元本と利息に充てられているわけではないので注意が必要です。

日本では金融業者に対し、金利は必ず実質年利で表示するように義務づけられています。各社で統一していなかったり、計算方法では年間にかかる利息が見えず、トラブルの素になるからです。当然ながら、利息制限法における上限金利も実質年率で表示しています。

0

残高スライド返済とは?

残高スライド返済とは、借り入れ金の残高に応じて返済額が変動する返済方式です。残高が変わることで、毎月の返済額も変動するのが特徴で、残高が多いときは多く支払うことになり、残高が少なくなると返済額も少額になっていきます。初回から毎月一定額を支払い続ける返済方式よりも早めに返済が終わる上に利息も少なくなるというメリットがあります。

返済額の例を挙げると、残高100万円の返済額は毎月2万円、残高が50万円に下がると返済額が毎月1万円に、さらに30万円以下になったら返済額が毎月5000円になるというものです。残高が減ると返済額もスライドして減っていきます。途中で新たに借り入れを行うと残高が増え、それに応じた返済額になります。

残高スライド返済についてもっと詳しく知ろう!

カードローンを利用する方の多くが返済することになる方式は、残高スライド返済という方式です。多くの消費者金融、銀行、キャッシングで採用されているもっともポピュラーな支払方法です。ではどのような支払方法なのか?ということについて検討していきましょう。

・残高スライド返済とは?
カードローンなどの返済方法の一つで、借入残高に応じて毎月の返済額が変動する返済方法です。たとえば30万円から50万円以内の借入ならば毎月の返済が10,000円、50万円から100万円以内の借入ならば毎月の返済額は15,000円と、借入残高に応じて返済額が自動的に決められる返済方法です。

・残高スライド返済のメリットとは?

返済額がクリア

毎月の返済額が借入残高の水準で決められていくために、とても明瞭です。毎月変わらない額を返済していけばいいので、予定も立てやすく便利です。

毎月の負担が少ない

この方法で返済を行うと毎月の返済が少なくて、生活への支障がきたされにくいのも特徴です。借入をしたいけど返済が負担になるのは嫌だ!という人に向いた返済方法です。

・残高スライド返済のデメリットとは?

返済総額が増える

返済額が決められているために、返済が長引く可能性が高いです。長い返済になればなるほど利子は高くなってしまい、それだけ返済総額も大きな額になるのです。

気軽に借り入れしてしまう

この返済方法だと毎月の負担がそこまで大きくなりません。そのために気軽に借入をしてしまう人がいます。ついつい借り過ぎてしまい、なかなか元金が減らずに利子だけを返済しているという人も少なくないのです。

残高スライド返済を利用する際の注意点

繰り上げ返済などを利用して!

この返済方法は一見利用しやすいように見えます。確かに毎月の負担が少なくて生活への支障が少なくて済むという面ではメリットもある返済方法であるといえます。しかしながら返済し続けても元金がなかなか減りにくいというデメリットがあるために、このデメリットを解決するためにお金に余裕があるときには、少し頑張って多めに返済することで元金を効果的に減らすことができます。

繰り上げ返済などと併用しながら返済していくのであれば、毎月の返済額も少なくてすみ家計への負担が少なくて済みます。今月苦しいというときには最低金額だけを返済して、今月は余裕があるという月にはできるだけ多くを返済することで、支払い回数も返済総額も減らすことができます。

返済の方法を確認して!

残高スライド返済方式をとっているカードローン会社の中には、支払い方法があまりないところもあります。毎月の固定の支払いか一括返済のみであったり、繰り上げ返済には手数料を必要とするところもあります。残高スライド返済の場合はできるだけ多くの返済方法があるとこが有利です。自分のライフスタイルに合わせた返済を行うことができ返済を早く終わらせたりすることもできます。借入をする前に返済方法の種類についても検討しておきましょう。

0

個人信用情報とは?

個人信用情報とは、「個人の信用」に基づく取り引きである信用取引に利用される個人の情報です。クレジットカードや各種ローンの契約内容、支払い状況、利用残高などを表す情報のことを指します。

信用取引の利用者が本当に信用できるかどうかを各金融機関が過去の信用取引の情報などを信用情報機関で参照します。

続きを読む

0