アドオン返済とは

アドオン返済とは、元金に利率をかけた総額を返済回数で割り、その金額を毎回返済する方法です。例えば、元金が20万円で利率が月0.7%、返済回数を10回とすると、 利息総額が14000円となります。すると 毎月の返済金額は20万円+14000円を10回で割り21400円になります。

毎月の返済額が固定されるので、利息総額わかりやすいのが特徴です。 ただし、アドオン返済は元金が返済されているのに利息は減らない前提で計算されるので、返済と共に元金が減っていく元利均等返済や元金均等返済と同じ利率だった場合はアドオン返済は1回あたりの返済金額は大きくなってしまうデメリットがあります。

そのため、1972年の割賦販売法が改正され、アドオン金利の表示が禁止になり、実質年利だけの表示を義務づけられるようになりました。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*