住宅ローンをお得に便利に使える代理受領について知ろう!

家を購入するときに現金で一括で支払うことができればいいのですが、ほとんどの方は住宅ローンなどの借入を利用して家を購入しています。

ただしそんな住宅ローンを受けるためには条件があるのです。それは住宅が住宅ローンを申し込む人の名義で登記されていることなのです。

そこで問題となるのが新築の家を購入するときです。登記されているとなると、すでに住宅が完成されていなければなりません。

でも新築の家を建てるときには手付金など住宅完成前に支払うお金が必要となるのです。そこでここではいわゆるつなぎローンと呼ばれているカードローンを利用する代わりに、少しでもお得に利用することができる代理受領について検討してみることにしましょう。

・住宅ローンの特性
住宅ローンは大きな金額を融資することなるローンです。そんな大きな融資になるからこそ、住宅と土地を抵当にして本審査を受けることが一般的となっています。

そのために新築の住宅などであれば、まだ住宅は完成していないものの住宅の建築に必要な資金を前もって用意するときに、つなぎローンを利用しなければならなくなるのです。住宅会社によってさまざまですが、一般的には全体の費用の10%程度を着手金として支払う必要があります。このお金をねん出するためにカードローンを利用する方が多いのです。

・つなぎ資金は利息が高い?
つなぎローンの金利は2%から4%程度といわれています。

確かにほかのカードローンなどに比べると金利は低いのですが、実際にまだ住んでいない家のためにに利息まで支払うことになるのです。住宅ローンを組むためのローンのようなもので、利用者にとってとても不利な状態であるといえます。

・つなぎローンではなく代理受領を

代理受領とは住宅ローンを組む銀行などの金融機関が、工務店に直接着工金を渡すというものです。これによって別のローンであるつなぎローンを利用する必要がなくなるのです。受け取る人・相手をローンの名義人ではなく、いわゆる代理人が受け取るために代理受領と呼ばれているのです。

・代理受領を利用するメリットとは?

メリット1:利息が抑えられる
代理受領であったとしても借入であるのには違いありません。そのためにもちろん利息は発生してしまうのですが、発生する利息はつなぎローンを利用した時と比べるとお得に借入をすることができます。少しでも節約をしたい家の購入前には魅力的な制度といえるでしょう。

メリット2:手数料が少ない
つなぎローンを使った場合には、つなぎローンから住宅ローンへと切り替えるときには各種手数料がかかってしまいます。しかし初めから住宅ローン1本に絞って代理受領を利用するのであれば、無駄な手数料を支払う必要はないのです。ローンを借りるためにかかる手数料をカットできるのはうれしいですね。

メリット3:手続きが少ない
つなぎローンを利用せずに、代理受領で住宅ローンのみを利用することになるために切り替えなどをする必要がありません。そのために手続きなどを行う必要もなく、時間と手間をカットできます。引っ越し前の忙しい時期に面倒な手続きに煩わされなくていいのは魅力です。

代理受領を利用するうえで覚えておきたいこと

つなぎ融資などを利用するよりも代理受領を利用するほうが、お得で便利であるということは多くの方が気が付いていることといえます。

しかし代理受領を利用したいと思ってもできないケースがあるということを覚えておきましょう。それは金融機関と工務店の合意が必要であるということです。あらかじめ住宅ローンを申し込む金融機関には代理受領の話を行い、工務店にも前もって代理受領を利用したいことを説明しておきましょう。後になって代理受領が利用できなくて困った!ということがないようにしたいものです。

必要以上に利息を支払う必要がない代理受領は確かに便利でお得です。これから住宅ローンについて検討する方がいれば、ぜひ代理受領が使えるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>