物的担保とは?

物的担保とは、債務の保証として債権者に提供される、債務と同等の価値があるものの内、建物や土地の権利などの不動産担保や株券などの債券担保のことを指します。

債務者が債務を履行しない場合に物的担保を債務の代わりにするもので、債権者が債権の弁済を確保する手段のひとつです。

つまり、債務者が返済できなくなった場合にこれらを処分して支払いに当てるのです。 物的担保のほかには、債務者に代わって支払いを行う保証人などを付ける人的担保があります。

2種類ある担保;物的担保と人的担保とは?

お金を借入するときには、担保が必要となることがあります。そんな担保ですが実は2種類あるということをご存じでしたか?どのようなものなのかを調べていきましょう。

・担保がどうして必要なの?
カードローンなどの借入を行う際には、当たり前ですがお金を借りることになります。お金を貸す側としてはボランティアで貸しているのではありません。金融機関もお金を貸すという行為でビジネスを行っているのです。そのために貸したお金は絶対に回収しなければ利益にはつながりません。

そこで金融機関が融資を行う際には、慎重になるのもうなづけます。金融機関はお金を貸す代わりに何かのものでお金の回収を保証しようとします。この何かが担保なのです。もちろん今は無担保のカードローンなども多く出ています。これは利用者を信用して貸し出しているのです。しかしこの信用にも限界があるのです。そこで信用の代わりに担保を取るのです。

・担保の種類

金融機関が貸出を行う場合は、その貸し出しを安全にするために担保を求めます。担保には2種類あります。

物的担保

この物的担保が一般的に認識されている担保の意味でしょう。物的担保は一般的に土地、建物などの不動産があります。これらは不動産担保といわれています。別の物的担保には預金担保があります。

人的担保

人的担保とは、保証人のことです。もしも借入した人が支払できなくなった場合に、保証人が変わりに借金を返済するというものです。

保証人となってくれる人が見つかればいいのですが、見つからない場合には信用保証協会の保証があります。保証人の代わりに保証会社を担保としてつけるのです。お金を支払わなければなりませんが、借入をどうしても行いたい時には利用できる制度です。

担保の種類
①物的担保 ②人的担保
不動産、預金など 保証人、保証会社

 

少額のカードローンなどは無担保のものを

物的担保にしても人的担保にしても、きちんと返済さえすれば問題はありません。ただ担保を取るとなると手続きにも時間がかかってしまい、面倒が増えてしまいます。

そこで少額のカードローンなどの借入であれば、無担保の融資を選択する用意しましょう、無担保なので金利が担保ありのものと比べるとかなり割高になってしまいますが、それでも手続きや手数料をなどを考えると特別に高くはならないでしょう。

担保をかけて融資を受けるときには計画的な利用を心掛けて

担保なしで大きな金額の融資を受けるというのは、とてもむずかしいといえます。そこで物的担保であれ人的担保であれば担保を必要としてくることでしょう。

担保さえあれば借入できる!と担保のことだけ考えていると、どうしても返済についての考えが遅れがちになってしまいます。

特に担保を取られている借入の場合は、まずは返済について考えて借入をしましょう。担保に入れるものはたいていの場合大事なものです。大事な家、車、家族、友人になるでしょう。もしも返済に行き詰ってしまうのであれば、最悪のケースは大事なものを失うことにもなり兼ねません。

いつも借入をする際には計画的に行わなければなりませんが、特に担保が必要なケースでは気を引き締めて返済を行いましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*