法定利率/法定利息とは?

法定利率/法定利息とは、契約において利率を定めなかったときに適用される利率のことです。例えば、友人に貸したお金に金利を定めていなかった場合でも、法定利率の範囲内で請求する権利が生じるものです。

法定利率/法定利息には民法と商法に規定があります。契約当事者の一方または双方が商人の場合は年6%(商事法定利率。商法514条)、当事者の双方が商人でない場合は年5%(民事法定利率。民法 404条)とされています。

例えば、友人に100万円を貸した場合、返還期限が過ぎても支払わず1年が経過したときにはその友人に対し100万円とともに、遅延損害金として5万円(もし相手が商売関連で借りていれば6万円)を請求できることになります。 なお、法定利率/法定利息の概念に利率制限法や出資法などの法律で定めた上限金利のことは含まれていません。

そのため、法定利率/法定利息が法定上限金利と呼ばれることもあります。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*