キャッシングとは?

いまさら聞けない…キャッシングってそもそも何?

キャッシングという言葉は広く使われていますが、具体的にどのようなサービスかよくわからないという人もいるでしょう。キャッシングとは簡単に言えば、お金を借りられるサービスです。ただし誰でも自由に借り入れできるわけではなく、経済力・信用力のある人が対象になります。このためキャッシングサービスを始めて利用する際には審査が実施され、融資可能かどうか判断します。

お金を借りたら、期日までに返済しなければなりません。この時借りたお金を返すのはもちろんのこと、加えて利息を支払います。利息はキャッシング会社の設定する利率を元金にかけて算出します。借り入れできる金額はそれぞれ上限が設けられていて、この枠内であれば自由に借り入れ・返済ができます。借入可能額は、先ほど紹介した審査によって決められます。

急な出費を求められたけれども手持ちがないというケースもあるでしょう。このようなときにキャッシングサービスを利用すれば、必要なお金を用立てられます。そして給料が入ってくるなどお金が入れば、後日返済できるわけです。

キャッシングには2種類ある

現在提供されているキャッシングサービスですが、大きく2系統に分類できます。まずはクレジットカードにつけられているキャッシング機能です。もう一つは消費者金融や銀行の提供するキャッシングサービスです。後者の場合、カードローンという名称で紹介されることもあります。

いずれも共通しているのは、カードでATMもしくはCDで借入・返済できる点です。銀行のATMなどを使って預金を下ろすのと似たような手続きでお金を借りられます。このため、キャッシングとカードローンを似たようなものと混同してしまいがちです。しかし詳しくみていくと、キャッシングとカードローンにはいくつか異なる点があります。

クレジットカードのキャッシングは小口の短期融資

クレジットカードについているキャッシング機能は、短期間の借り入れである点が特徴の一つです。お金が必要だけれども手持ちがない、ちょっとお金が足りないといった緊急事態で利用するサービスです。基本的には数万円程度の借り入れ、せいぜい多くても50万円程度の小口融資がメインです。

クレジットカードのキャッシングは、借り入れした翌月に一括払いとしているものが多いです。しかし中には残高スライドリボルディング払いによる返済も設けているところもあります。残高スライドリボルディング払いとは、残高に応じて月々の返済額の変わる方式です。残高が少なくなると、月々の返済額も少なくなります。翌月一括払いしか認めていないクレジットカードも多いです。加えて金利がやや高めに設定されています。ですから本当に足りない部分だけを借入れるようにした方が、返済できないといった事態を回避できるでしょう。

大口融資にも対応しているカードローン

一方消費者金融や銀行で提供しているキャッシング(便宜上以下はカードローンで紹介)の場合、まとまった融資を受けることも可能です。カードローンを見てみると数十万円程度の融資のほか、信用力が高ければ数百万円を上限とした借り入れのできるケースもあります。消費者金融の場合、300~500万円程度を上限とした商品がほとんどです。しかし銀行カードローンの中には、1000万円近い融資のできるものも見られます。

まとまった金額を借り入れますので、キャッシングのように一括返済するのは難しいでしょう。このため、カードローンの返済はリボルディング払いとなるのが一般的です。月々定額を返済し、もし資金的に余裕があれば繰り上げ返済も随時できるシステムとしているところが多いです。もしお金が入ってきて返済可能であれば、最初の返済期日を前にして全額返してしまう方法も取れます。

カードローンの金利ですが、クレジットカードのキャッシングと比較すると低金利設定されているものが多いです。カードローンの金利を見ると「○○%~○○%」と幅を持たせている商品がほとんどです。これは借入限度額に応じて金利が設定されることを意味します。限度額が大きくなればなるほど下限金利が設定されます。

しかし担保・保証人をとらないカードローンは信用力をベースにしますので、最初のうちは大きな限度額のつくことは少ないです。金利も上限金利かそれに近い利率が適用されます。ただし繰り返しカードローンを利用して、期日通りに返済して信用力が付くと増枠に応じてもらえる可能性も高まります。

カードローンは大口融資にも対応しているので、長期の返済にも対応しています。ただし返済期間が長くなるとその間ずっと利息も付きますので、返済総額も大きくなります。カードローンを利用する場合には、できるだけ返済に回せるお金があれば返済を優先したほうがいいでしょう。

利息の計算方法を理解しよう

キャッシングサービスを利用するにあたって、利息の支払いは欠かせません。利息の計算方法もマスターしておいたほうがいいです。キャッシングサービスで表示されている金利ですが、年利で表記されているものがほとんどです。例えば金利18%と記載されているのであれば、ちょうど1年後返済した場合、元金の18%分が利息の支払いになるという意味です。

そこでその時点での利息を計算する公式は、元金×金利÷365日×借入期間ということになります。例えば10万円を年利18%の条件で借入れます。これを1か月後に全額返済する場合、10万円×18%÷365日×30日で1479円です。つまり10万1479円を支払わないと完済にはならないわけです。

借入期間を短くすればするほど、それだけ余計な利息を支払わずに済むわけです。また消費者金融を中心に一定期間までに返済すれば、一切利息支払いする必要のない無利息キャンペーンを実施しているところも多いです。できるだけ早く返済して、少しでも負担を軽減できるように努力しましょう。

クレジットカードと消費者金融・銀行のキャッシングは使い分けるべし

現在金融機関や貸金業で、いろいろなローン商品が出ています。このローン商品は2タイプに分類できます。それは目的別ローンとフリーローンです。目的別ローンとは、融資したお金をある特定の用途で使用することが前提となった融資です。よく知られているのは、住宅ローンでしょう。住宅ローンで融資を受けたらそのお金はマイホームの購入や住宅建設、リフォームなど家にかかわる目的で使用しなければなりません。

近年では目的別ローンも多様化して、マイカー購入のための自動車ローン、結婚資金捻出のためのブライダルローン、子供のための教育ローンなどがあります。一方フリーローンの場合、文字通り借りたお金をどこで使おうがその人の自由です。生活費でも遊興費でもなんでも基本認められます。ただし例外もあります。それは事業性資金です。会社経営者や個人事業主の方など、ビジネスにかかわるものには使えないので注意しましょう。

急な出費で手持ちのない時には消費者金融を

急に出費を求められたけれども、手持ちがなくて困ることも社会人になればいろいろと出てくるはずです。例えば会社の同僚、学生時代の仲間と急に飲み会を開くことが当日決まって、手持ちがないといった経験のお持ちの人もいるでしょう。もしくは知り合いの方に急に不幸があって、葬式に参列することになった、香典を出したいけれども給料日直前で持ち合わせがないというケースはありませんか?

このような場合には消費者金融のキャッシングサービスを利用するのがいいです。消費者金融は全般的に、審査がスピーディです。申込んだ当日に審査が終わるのは当たり前、時間帯によっては当日融資にも対応してもらえます。例えば午前中に借り入れの申込みをすれば、会社を夕方出るころには自分の口座に必要なお金が振り込まれています。近くのATMに立ち寄って必要な資金を確保できるわけです。

ただし即日融資の場合、銀行振込が中心です。銀行は午後3時には営業を終えるところが多いので、それまでに振込手続きが完了されていないと入金反映されません。振込の事務手続き、審査なども考慮すると正午までには申し込んでおきたいところです。午後に申し込んでも当日お金を確保する方法もあります。大手消費者金融の中には自動契約機を日本全国に設置しているところも多いです。申し込んで審査通過の返事を受けたら、自動契約機に行って契約するとカードが発行され、ATMで所定の手続きをすればお金を借りられます。自動契約機は夜9時や10時まで営業しているところがほとんどなので、遅い申し込みでも当日現金確保できる可能性が出てきます。

生活費の支払いでは銀行カードローンを

冠婚葬祭に出席することになった、家電が故障して新しいものに買い替えた、このようなイレギュラーな出費があると給料日前に現金の持ち合わせのなくなることも往々にしてあります。また病気やけがで通院・入院した場合には、高額な医療費をねん出することもあり得ます。もし一時的に家計のやりくりが厳しくなったのであれば、銀行カードローンを利用してみるといいでしょう。

銀行カードローンは消費者金融と比較すると、審査に若干時間がかかります。このため、即日融資を実現するのは難しいでしょう。しかし消費者金融と比較すると、金利を低く設定しています。ですから消費者金融で借入するのと比較して、返済の負担が軽減されます。ある程度まとまったお金を借りようと思っている、余裕を持った長期の返済計画を立てたければ、銀行カードローンの方が安心でしょう。

ただしカードローンで借入するのは、あくまでも一時的な金銭不足を補うためのものです。例えば毎月お金が不足しているのであれば、カードローンやキャッシングサービスの利用はお勧めできません。マイナス収支が続いていると、いずれ破綻する可能性があるからです。安易な借り入れではなく、慢性的な金欠に陥っているのであれば、自分たちの支出状況などを見直してみることです。

クレジットカードのキャッシングが使える場合も

消費者金融や銀行と比較すると、クレジットカードのキャッシングは金利も高めですし、翌月一括返済しなければならないものも多く、使い勝手は悪いです。ではクレジットカードのキャッシングが全く使えないかというとそうではないです。実は海外旅行に行ったときに役立つ可能性があります。海外旅行をする際には、前もって日本で現地の通貨に交換するはずです。ところが思わぬ出費がかさみ、滞在中にあらかじめ準備しておいた現金が足りなくなってしまうこともあるでしょう。その場合、クレジットカードがあれば一時的に現地の通貨を確保できます。

クレジットカードの中でも、MasterCardやVISA、JCBなどの国際ブランドを持っていれば、海外ATMの利用できる可能性は高いです。ATMに利用できるブランドのロゴが表示されているので、こちらで確認することです。海外にも日本円と交換してくれる両替所はあるにはありますが、都市の中心部などその数は限られています。しかしキャッシングサービスであれば、銀行はもちろんのことコンビニのATMでも借入れが可能です。海外旅行や出張を頻繁にするのであれば、クレジットカードのキャッシング機能の使い方は覚えておいて決して損はありません。このように用途によってベストなお金の借り方は変わってきますので、理解しておきましょう。

キャッシングでお金を借りたい!主要な借入方法を紹介!

キャッシングは一時的にお金の足りないときに借り入れできるサービスです。その借入方法はいくつかありますので、その時々に合った方法でお金を借りましょう。まずはカードを使ってATMやCDから借入れする方法です。カード会社のキャッシングの場合、お手持ちのクレジットカードがそのまま使えます。消費者金融などのキャッシングの場合、審査通過するとカードが発行されます。こちらを使って手続きができます。

キャッシングのATMやCDの操作方法ですが、銀行口座から現金を下ろすときとほとんど一緒です。「クレジットカード」などのボタンが画面に出てきますので、こちらを選択します。そしてカードを作ったときに設定した暗証番号を入力します。この暗証番号が分からないと借入はできないので、きちんと番号を管理しましょう。何度か暗証番号の入力に失敗すると、機械によっては操作がロックされる恐れもあります。利用金額を入力して、機種によっては返済方法を選択する画面も出てくるでしょう。画面の指示に従って必要情報を入力すれば、現金が出てきます。

海外のATMを使って借入も

クレジットカードの中でもMasterCardやVISA、JCBのような国際ブランドであれば海外のATMでキャッシングサービスも利用できます。海外旅行したときに交換した現地の通貨がなくなってしまった場合に利用するといいです。海外のATMを利用する場合、いくつか英単語を覚えておきましょう。例えば「Enter Your PIN」と表示されます。PINとは暗証番号を意味して、番号を入力するようにというメッセージです。ATMの機種によっては「ID Number」や「Secret Code」「Personal number」などと表記される機種もあります。

借入は「WITHDRAWAL」もしくは「CASH ADVANCE」になります。「CURRENCY」(現金)か「TRAVELERS CHECK」(トラベラーズチェック)かを選択するメッセージの出てくるATMもあります。国際ブランドのクレジットカードを持っていれば、近くのコンビニ・ドラッグストアのATMで借り入れできる可能性は高いです。ATMの周辺に利用できるブランドのロゴの一覧が記載されているはずなので、こちらで確認の上で利用することです。

キャッシング振込サービスの利用も

キャッシングの借入方法として、皆さんの所有する銀行口座に振り込んでもらうアプローチもあります。インターネットで申し込みできるので、外出することなく手続きを完了させられるのがメリットです。キャッシングの公式サイトにアクセスして、所定の手続きを行います。多くはログインページで振込先の皆さんの口座情報をあらかじめ登録します。そして借入額などを入力すれば、指定した口座に自動的に振り込まれます。パソコンはもちろんのこと、多くのキャッシングサービスでスマホ・携帯電話からでも申し込みできます。外出先や電車などで移動しているちょっとした時間を利用して、スマホや携帯電話から借入れの申込みもできます。

ネットキャッシングの場合、24時間・365日いつでも申込は可能です。ただし申込んで即日入金されないケースもあります。まず土日祝日の場合、基本翌営業日以降にならないと入金は反映されません。また大半の金融機関では、午後3時にはその日の営業が終わります。つまり3時までに振込手続きが完了していないと、翌営業日以降にならないと申し込んだ金額は口座には入りません。振込手続きには30分前後どうしてもかかりますので、少なくても午後2時半までには申し込みを完了しておきましょう。

一部キャッシングサービスの中には、特定の金融機関を振込先に指定すると24時間・365日いつでもほぼリアルタイムで振込反映されるところもあります。深夜・早朝・土日祝日も含まれます。システムメンテナンスの時間帯以外であれば、いつでもすぐに入金されますのでこちらのサービスを活用することも検討しましょう。

電話による振込み申込み

振込による借り入れは上で紹介したように、WEBを介してというのが主流です。しかし中には常時ネット接続できる環境にない人やパソコンなどを一切使っていない人もいるでしょう。その場合、電話を使って申込みができます。キャッシング会社のコールセンターに電話をすると、オペレーターが出ます。そして借入希望する旨を伝えましょう。するとオペレーターの方で手続きに関して案内されますので、その指示に従って手続きを進めましょう。WEBは自分で手続きを進めるのでちょっと心配という人もいるでしょう。電話の場合、オペレーターに確認しながら手続きができるので確実で安心という利用者も多いです。

キャッシング会社の中には、レディースキャッシングサービスを行っているところもあります。女性の中には借入するにあたって、男性と話をするのは緊張するから嫌という人もいるでしょう。レディースキャッシングであれば、女性オペレーターが対応してくれます。ですから気軽に申込できるでしょうし、同性であれば突っ込んだ相談などもできます。このようにいろいろな借入方法があります。すべてのキャッシングサービスが上で紹介した方法全部に対応しているわけではないです。各キャッシングサービスのホームページで、具体的な借入方法を確認して手続きを進めましょう。

会社によって異なるキャッシングの返済方法は要確認

続けてはキャッシングの返済方法について確認していきたいと思います。銀行やコンビニのATMなどを使って気軽に借り入れできるキャッシングを利用した場合、いずれは借りたお金を返さないといけません。この時注意しなければならないのは、キャッシングによって返済方法が異なる点です。返済の方法は大きく分けて2通りあります。ATMを使った返済と口座引き落としによる方法の2種類です。

キャッシングを利用するにあたって注意したいのは、ATMで返済できるかどうか確認することです。口座引き落としの場合、キャッシング会社で勝手にやってくれます。口座にお金が入っていれば、自分で返済する必要はないですし、うっかり滞納するリスクもありません。しかし口座引き落としの場合、キャッシング会社の設定した期日にしか返せない、これがデメリットになりえます。例えば毎月10日が口座引き落としのキャッシングサービスがあったとします。そして引き落とし金額の決まる締め日を毎月15日と仮定しましょう。例えば締め日の15日にお金を借りた場合、翌月の10日にならないと引き落とされません。

ここで問題になるのは利息です。利息は借入日数に応じて算出されます。つまり15日に借り入れをした場合、翌月に10日まで25日分の利息を支払わないといけません。さらに16日、締め日の翌日にお金を借りると翌月の15日に返済金額が確定し、さらに2ヶ月後の10日に引き落としです。ということは、実に55日分もの利息を負担しなければならなくなります。

ATMで返済できるのは、随時返済に対応しているのと同じ意味です。お金ができたらATMに行っていつでも返済できるわけです。返済期間も短くなりますし、利息の支払いも圧縮できます。ですからキャッシングを利用しようと思っているのであれば、返済方法に何があるかを確認しましょう。ATMやインターネット返済ができる、いつでも自分のタイミングでお金を返せるものの方が余計な負担を排除してサービス利用できます。

返済は1日でも早く行うべし

クレジットカードの場合、ショッピングで利用すると一括払い・2回払いであれば金利手数料はかかりません。しかしキャッシングの場合、翌月に返済しても利息は発生しますので注意しましょう。キャッシングの利息は、金利をもとにして算出されます。ほとんどのキャッシングサービスで金利がホームページやパンフレットなどで表示されています。ここで掲載されている金利は、年利で表示されていることが大半です。

ですから利息を計算するためには、元金×金利÷365日×借入日数で算出します。例えば10万円を金利15%のキャッシングサービスで借り入れたと仮定します。この場合1週間で返済できれば、287円です。ちなみに口座引き落とししかない先ほどの事例を見てみると、25日後に引き落としだと支払う利息は1027円です。55日後に至っては2260円となります。いかに借入日数が短ければ、返済総額を少なく抑制できるかお分かりでしょう。

キャッシングサービスの金利は、利息制限法によって上限が決まっています。10万円未満の融資で年利20%までです。同じく100万円まで18%・それを超える融資の場合15%までになります。普通のキャッシングサービスで、これを超える金利設定にしているところはまずありません。万が一この利率を超える金利でキャッシングサービスを行っていた場合、利息制限法を超える部分の利息に関しては無効、もし支払ってしまったら過払い金という形で後日返還請求ができます。

返済期日に遅れたらどうなる?

キャッシングの場合、口座引き落としの日が決まっています。ところがこの引き落とし当日、十分な預金がないと手続きができなくなります。この時、催促の連絡が入るでしょう。通常引き落としの期日から数日経過すると、はがきもしくは電話で催促の連絡がきます。「引き落としができませんでした、○○日までに口座に入金してください」といった再引き落としに関する通知がきます。もしこの期日までに口座にお金を入れ、引き落とし手続きができればそれ以上連絡は来ません。

再度の引き落としができなかった、連絡しても電話の場合居留守をつかわれるなどコンタクトできなければ、督促状が送付されます。督促状は先ほどのはがきと比較すると、より強いメッセージになります。「○○日までに一括で支払いをするように」といった内容になります。もしこの督促状を無視すれば、キャッシングサービスの利用は停止になるでしょう。督促状を無視すると、今度は催告書が送付される手筈が一般的です。催告書は督促状よりも効力が強く、期間内に支払をしなければ、皆さんの財産を差し押さえることができます。預金や給料など将来の皆さんのお金を差し押さえることも可能です。差し押さえは裁判所の許可のもとで行われますので、拒否することはできません。

このようにキャッシングを利用してお金を返せない場合、逃げても確実に債権の回収は何らかの形で履行されると思ってください。もし期日までに返済できなさそうというのであれば、逃げ回るのではなく早めに連絡するのがおすすめです。この時「いつまでなら支払いができるのか」ということを明確に伝えれば、その日まで返済期日を延ばしてもらえます。中にはいくら先送りにしても、返済のめどが立たないというケースもあるでしょう。この場合でも先方に連絡することです。そうすれば、とりあえず利息の支払いだけをしてくれればいいなど、オペレーターが解決策を提案してくれます。逃げ回るのは一番相手に悪い印象を持たれるので、連絡をして誠実に対応をするのがおすすめです。

同じお金を借りるのでも異なるクレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

お金を借りることのできるサービスとして、「キャッシング」や「カードローン」という言葉を目にしたことのある人も多いでしょう。キャッシングとは、クレジットカードに付帯している機能のことです。キャッシング枠が設定されているので、その枠内であればお金を借りられます。カード会社に対応したATMやCD、近年ではホームページからでも借り入れの申込みができます。

クレジットカードはそもそもトラベラーズチェックをベースにしています。旅行で多額の現金を持ち歩くと、すりなどの窃盗被害に遭うリスクが高いです。海外の場合特に日本ほど治安もよくありません。このような現金持ち歩きのリスクを防止するためにトラベラーズチェックが開発され、その進化バージョンがクレジットカードです。このため、ショッピングクレジットのためのツールでした。

ところがより快適に利用できるようにと、後日現金を引き出せるキャッシング機能が付加されました。あくまでもキャッシングはクレジットカードの副次的なサービスです。ですから借り入れ条件など、それほど充実していません。クレジットカードのキャッシングは、基本小口融資と思っておきましょう。数万円単位・せいぜいまとまった額でも50万円くらいまでを上限としているものがほとんどです。また借入したお金は翌月一括で返済するのが基本です。例えば海外旅行中に現地の通貨がなくなったなど、緊急事態で借入するのに利用されることが多いです。

消費者金融・銀行の提供するカードローン

一方カードローンは、消費者金融や銀行の提供するサービスです。ローンカードが発行され、ATMやCDを使って借入します。消費者金融・銀行のホームページからも借り入れ申し込みできます。ここまではクレジットカードのキャッシングサービスと一緒です。しかしカードローンの場合、大口融資にも対応しています。高収入、安定した仕事についているような信用力の高い人だと、まとまった金額を融資してもらえる場合もあります。消費者金融の場合、300~500万円が上限です。これでもクレジットカードのキャッシングよりも借り入れ可能枠の大きいことがお分かりでしょう。さらに銀行のカードローンになると資金力の高さから、もっと融資してもらえます。中には1000万円近い融資に対応しているカードローンもあるほどです。

ただしすべての人が、これだけのまとまった金額の融資を受けられるわけではないです。最初のうちは取引実績もなく、期日通りに返済してくれるかどうかわからないので、50万円程度の枠からスタートするケースが多いです。そして返済実績を重ねて信用をつけると、徐々に融資枠が増えます。クレジットカードのキャッシングの場合、借り入れた翌月に一括返済するのが基本と紹介しました。しかしカードローンの場合、月々決まった金額を支払えば問題ありません。カードローンの多くで、残高スライドリボルディング払いを採用しています。残高に応じて月々の返済金額の決まる方式で、残高が減少すると返済金額も少なくなります。

一方で随時返済にも対応しています。例えば返済期限の前にお金に余裕があるので返済したければ、いつでもお金を返せます。ATMやネットバンキングなど多彩な返済方式を用意しています。つまりお金があまりない時には期日までに返済をし、資金に余裕があれば随時返済を利用できるわけです。無理のない返済計画が立てられるという意味で、クレジットカードのキャッシング余栄もカードローンの方がおすすめです。また金利がどのくらいかも返済負担を決める重要な要素です。一般的な傾向として、カードローンの方がクレジットカードのキャッシングよりも金利は低く設定されています。カードローンで借り入れをしたほうが返済総額も少なく抑制できるので、その意味でもおすすめといえます。

カードローンでは先ほども見たように借入限度額が、ユーザーごとに設定されます。この枠内であれば、いつでも借入れできます。例えば前回の借入れの返済が完了していなくても、まだ枠に余裕があれば、追加で借入もできます。このようにカードローンは利便性が高い性質を持っている一方、落とし穴にもなりえます。借りたり返したりを繰り返していると、結局自分にどのくらいの借金があるのかわからなくなります。気が付いたときには、自分の経済力では返済できないような莫大な借金になっていた、ということも考えられます。手軽に借り入れできるのでついつい借り過ぎてしまう人もいますから、注意しなければなりません。

キャッシングもカードローンも混同される傾向が

このようにキャッシングとカードローンには利用内容に関して、いくつか違いがあります。しかしキャッシングとカードローンの線引きがどんどんあいまいになっています。消費者金融の融資サービスを「キャッシング」と呼ばれるケースも出てきています。「○○キャッシング」という商品名のカードローンも珍しくはありません。しかし従来上で紹介したように、クレジットカードについている融資サービスをキャッシングといいます。キャッシングとカードローン、いずれを利用するのがいいのかについては、ケース・バイ・ケースといえます。借入をする前に、どちらのほうがいいのか後々の返済も考慮に入れつつ選択しましょう。

キャッシングにはリスクもあり、利用前に注意したいポイント3つを紹介

返済は計画的に

キャッシングのコマーシャルをしばしば目にしますが、多くが最後に「返済は計画的に」というメッセージが付いてきます。これはある意味キャッシング利用の心得として的を射ています。キャッシングでお金を借りれば、後日返済しなければなりません。そこで借りたお金を本当に返せるのかをチェックして、具体的な計画を立てるように心がけましょう。

返済できるかどうか判断するにあたって、自分の家計を見直すことが大事です。収入と支出を確認して、いくら程度余剰資金があるか確認しましょう。プラス収支分が月々可能な返済金額です。返済可能な金額が分かれば、いくら借入すると返済期間がどのくらいになるかシミュレーションできます。もし収入と支出を比較してプラスマイナスほぼゼロ、もしくはマイナスになってしまうのであれば、キャッシングを利用すべきではないです。キャッシングで一時的に現金を確保して急場しのぎをしても、結局後々返済できないからです。

この場合、支出の見直しをするといいです。節約できるポイントはないかチェックしましょう。特に雑費・遊興費はカット候補です。この時生活費に手を付けるのはやめたほうがいいです。暮らしていくにあたって必要な費用なので、こちらをカットするのは難しいです。下手にカットしようとすると給料日前にお金が足りなくなって、結局キャッシングを利用する羽目になりかねません。キャッシングサービスやポータルサイトの中には、返済シミュレーションできるサービスがあります。借入額や返済期間、月々の返済額などを入力すると具体的な金額が出てきます。こちらを活用して、返済計画を立ててみましょう。

目的を明確にすること

キャッシングを利用して、後々返済できずに債務整理する人も少なからず見られます。そのような人を見ると、漠然と「お金が必要」とか「お金を借りたい」と思って借入してしまうパターンが多いです。キャッシングは利用可能額までであれば、好きな時にいつでも借り入れできます。漠然とお金を何度も借りて、気が付いた時には結構な債務額になっていて慌てるというケースも珍しくありません。後々返済できなくなるような事態を回避するためには、なぜキャッシング利用するのかその目的を明確にすることです。「これこれを購入するためにお金を借りよう」と決めてからキャッシング利用することです。明確な目的があれば、いくら必要なのかもはっきりします。ですから余計な現金を借りるようなこともなくなります。

お金を借りた場合、元金の返済のほかにも利息の支払いが発生します。利息は元金に対して一定の割合で発生します。つまり元金が大きくなれば、利息の支払い額も増えます。つまり必要最低限のお金を借りないと、後々返済負担が大きくなってしまうわけです。なぜお金を借りるのかはっきりしないと、「一応余裕をもってお金を借りておこう」と余計なお金を借りがちになって、返済総額をみすみす大きくしてしまいます。キャッシング利用の方で多いのが「よくわからないけれども今月お金が足りないから」という理由で借入するパターンです。この場合、「よくわからないけれども」という問題をクリアしてから借り入れすべきです。お金が足りなくなるのには、きちんとした理由がどこかにあるはずです。家計簿などをつけて、どこで出費がかさんでいるかチェックすることです。

どの出費が問題なのかはっきりすれば、その部分をどうやって節約するか対策も講じられるはずです。今月は足りないので緊急回避でキャッシングを利用してもいいでしょう。ただし翌月以降はその問題の出費の部分を見直して、支出を抑制することです。そうすれば収支がプラスに転じやすくなって、余剰資金を返済に充てればお金が返せなくて借入を繰り返すようなこともなくなります。だらだらと漠然とした感じでキャッシングすると、借り癖がついてしまいます。

おそらく初めてキャッシングを利用する際には借金を背負うということにプレッシャーや心理的ストレスを感じる人が多いはずです。しかし何度も借り入れを繰り返していると、最初に感じたお金を借りることに対する抵抗が薄まります。結果的にどんどんお金を借りるようになり、借金を膨らませかねません。お金を借りるときには、「なぜそのお金が必要なのか」と自問自答する癖をつけることです。そして返済の時にお金を準備できるように、家計の見直しをする習慣も付けましょう。

お金を借りたら返済を最優先にすること

キャッシングでお金を借りたのであれば、返済を最優先にするように心がけることも大事です。給料や報酬などでお金をもらうと「欲しい物を買いたい」と思って、返済を後回しにする人もいます。しかしこれではいつまでもキャッシングを完済できずに、返済に追われ続けることになりかねません。お金が入ってきたら、まずはキャッシングの返済に充てましょう。お金を借りたら、できるだけ完済までの期間を短くすることは大事です。それは利息の支払いに関係します。

利息は日割りで計算されるので、返済期間が長くなればなるほど支払額も大きくなります。例えば10万円を年利18%の条件で借り入れたと仮定します。もし5日後に返済すれば、利息は約246円です。これが10日後の返済になると、約493円の利息支払いをしなければなりません。さらに1か月後、30日で返済するとなると利息は1479円に膨らみます。5日後と30日後では同じ借入額・金利でも、利息の支払いが1200円以上も違ってしまいます。できるだけ早めに返済を続けることが、支払い負担を軽減することにつながります。

ただし早く返済しなければならないと思って、無理に大金を返済するとその後のお金のやりくりが大変になります。結果的に手持ちがなくなって、キャッシングを利用することになりかねません。これでは借入残高を増やすことになりますので、そのお金を返しても生活に支障をきたさないか考えることも大事です。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*