貸し倒れとは?

貸し倒れとは貸したお金が回収できなくなることです。貸倒れ債権を決算上で不良債権として扱い、資産から除外する事を「貸倒償却」といいます。

貸金業者が担保を取るのは貸し倒れを防ぐためです。 貸し倒れとなってしまうことをを予想してあらかじめ引当金として貸倒引当金という積立金のようなものも経理などでは計上しています。取引先に対する信用で掛け取引を行い、売買代金を数週間後あるいは数カ月後にまとめて請求・支払いをしてもらう場合、100%回収できる保証はありません。

賃金業者もそのリスクに備えて経理上、 貸倒引当金の積み立てを行っているのです。

貸し倒れリスクがあるから貸す側も属性をしっかり審査する

貸し倒れリスクがあるから貸す側も属性をしっかり審査する
カードローンが身近になってきましたよね。

借り入れが簡単にできるようになった反面、返済が不能になる人も増えています。
カード会社は無担保無保証人でお金を貸しますので、返せなくなった場合に回収が不可能になってしまいます。
これを貸し倒れといいます。

貸し倒れを防ぐためには、事前の審査が重要になります。
なのでカードローン会社は審査を厳重に行います。最近は30分審査の会社などが増えてきていますが、それは業務改善で審査スピードが迅速になっただけで、審査が簡易化されたわけではありません。
しっかりと審査しています。

そして申込してきた人と同じような収入、年齢、職業、家族構成、持ち家区分などの属性を持っている人を、膨大なデータベースからピックアップし、その方の返済率などをチェックして、申し込んできた人が確実に返済してくれるかを見ています。
ですから一見何の問題もない属性の人も返済率が低いとみなされた場合落ちる可能性があります。

すべては貸し倒れを防ぐためなのです。
またそのためにカードローン会社は最初の借り入れの利率を高く設定しています。
平均18%前後で、高い金利です。

これが、何度も利用と返済を繰り返して、この人は確実に返済してくれる人だという信用が高まってくれば、限度額の上限は高くなりますし、金利も低くなってきます。
利用実績を積むことで、貸し倒れリスクが減ったと判断されるからです。

利用者の自己破産などで貸し倒れが起これば、カード会社側はどうやっても回収が不可能になります。今はカード会社も銀行傘下の会社が多く、強引な取立てなどはできませんから、そのまま帳簿上は貸し倒れとして計上されることになります。
もちろん返済不能に陥った人に同じカード会社が貸付を行うことは二度とありません。

ペナルティも大きく、社会的に不便なこともたくさん起こりますので、貸し倒れにならないように気をつけましょう。

カードローン会社は事前の厳重な審査と金利によって、貸し倒れが起こらないように警戒しています。ですが消費者金融での延滞率は19%におよび、多くの人がお金の工面に困っていると言う現状が浮かび上がります。

日本人は借りたものはしっかり返す国民性で、どうしようもない事情で返せない人も増えているのかもしれません。

金融機関は金利が利益の源泉であり、貸し倒れが起これば大損してしまいます。
そのために審査では返せなさそうな属性の人をはじいています。
たとえば

・転職3ヶ月以内の人は、またすぐにやめる可能性があり、無収入になるリスクがあるので貸せない
・複数社から借りている人はそのうち返済に行き詰る可能性が高いので貸せない
・経営者は経営が不安定になるリスクがあるので貸せない
・他社で延滞や返済事故を起こしている人は同じことを繰り返す可能性があるので貸せない

などです。

属性はかなりしっかりと見られます。一番重視されるのが安定性です。

なので公務員が一番審査に有利で、上場企業の正社員や創業年数が長い会社の正社員などが有利になります。一方で今はサービスが拡大して、パートやアルバイトでも借りれるようになってきました。一番不利なのは自営業者とフリーランスです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*