元金均等返済とは?

元金均等返済とは、元金を返済回数で割った金額に利息を加えた額を毎回の返済金額とする方法です。このときの利息は元金の残高に対して発生しますから、返済回数が重なるにつれて毎月の返済額が減少していきます。

例を挙げると、12万円を月利1%で借りた場合、12回払いで返済するとします。そのときの1回目の返済は元本部分が12万円÷12ヵ月なので1万円になります。利息は12万円×0.01で1200円です。よって、最初の返済額は11200円になります。2回目は1万円を払っているので利息が11万円×0.01という計算で1100円ですね。

返済元本は1万円ですから2回目の返済額は11100と1回目より少し少なくなりました。このように計算していきます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*