繰り上げ返済とは?

繰り上げ返済とは、キャッシングなどの返済を当初の予定とは別に、金額を上げて返す、つまりは先の返済予定を繰り上げて返す返済の方法です。

多めの額を支払うことによって元金を減らすことができ、利息を減らしたり、返済期間を短縮することが可能です。また、返済額が高いため、毎月の返済総額を無理のない額に減額するために繰り上げ返済をすることもあります。

金利の高いキャッシングローンなどでは、余裕のあるときに繰り上げ返済をしてしまった方が結果的にはお得です。繰り上げ返済に手数料がかかる金融機関もあるので、事前に確認しておくべきでしょう。

繰り上げ返済を積極的に活用しましょう

・借り入れは繰り上げ返済で積極的に返しましょう。
繰り上げ返済は完済のために重要な機能です。
いつまでも計画通りに返済していては完済にたどり着きません。とくにリボ払いを選択したケースは、金利の負担が重く、長期の返済になりがちです。繰上げ返済を積極的に活用していかないと、完済できなくなってしまいます。

また元本だけが返済されますので一気に金利を削減することができます。ある程度余裕のある生活のためには繰り上げ返済を積極利用していきましょう。

元本を減らすことができる

リボ払いなどで問題になってくるのは、最初は金利負担が高く、いつまでも元本が減らないと言うことです。つまり延々と返済し続けることになり、元本が減りません。
また返済総額も気が遠くなるほどの高額であり、安易にリボ払いに手を出すことは危険です。

そのためには繰り上げ返済を使っていくべきでしょう。いっきに元本を減らすことができますので、返済が大いに楽になります。リボ払いを使うのでしたら繰り上げ返済は必須です。

住宅ローンも繰り上げ返済が欠かせない

住宅ローンは35年や40年などの長期のローンですが、その分金利負担も莫大な額になります。

住宅ローンこそ、繰上げ返済を考えるべきでしょう。
月々の負担額は無理のないものにして、例えば子供が小さいうちなどにたくさん貯金しておくべきだと思います。

そして住宅ローンの繰上げ返済を行えば、月々の負担額を下げる方法と、返済期間を短くする方法が選べます。

今後かかってくる教育費などを見越して、無理のない住宅ローンを設定すべきでしょう。必ずしも短期返済がいいとは限らず、一番重要なのは家計が破綻しないことです。

無理をして家庭がギスギスしては意味がないですし、教育にお金をかけられなくなってしまっては意味がありません。

ですので生活のバランスを見て月々の返済を組んで行きたいところです。
子供が小さいうちは教育費がかかりませんので、積極的に貯金して一気に繰り上げ返済していってみましょう。

・住宅ローンの繰上げ返済は事務手数料がかかる場合がある

住宅ローンの繰上げ返済は、スムーズにはいきません。
銀行は固定の金額で返済計画を練って返済表などを送ってくるため、繰上げの事務手数料がかかる場合があります。だいたい3000円前後ですがそれだけ手数料が必要となります。

ただし一般のローンの場合は繰り上げ返済手数料はかからないケースが多いです。ネットでの手続きや電話によって、簡単に繰り上げすることが可能になります。事務手数料もバカになりませんので事前にしっかりと確認しましょう。

ローンを貸す側の銀行にとっては、長期で支払ってもらったほうが利息収入が増えますので繰り上げ返済は喜ばれません。

ですがそのぶん利用者にとっては大きなメリットがあるのです。繰り上げ返済をうまく活用していけば、莫大な金利を払うことなく高額の融資が受けられます。生活のバランスを見て貯蓄して一気に返しましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*