ミニマムペイメントとは?

ミニマムペイメントとは、リボルビング払いでの毎月の最小返済額です。契約締結時の利用限度額設定でミニマムペイメントを任意に設定するものや、借り入れ元本の変動で最小支払金額も変わる場合もあります。この設定は各社の考え方により違い、一定の基準はありません。

また、日本では一時期JCBなどからミニマムペイメントカードというサービスが行われていました。毎月、事前に決めてある最低支払額以上であれば、都合に合わせて返済額を自由に選べる、ミニマムペイメント方式のクレジットカードでした。

しかし、2006年以降、クレジットカード業界を取り巻く環境が急速に悪化したため、ミニマムペイメントカードの新規募集はほとんど見られなくなっています。

ミニマムペイメントはお得?!メリットとデメリット

カードローンなどの借入の商品はとても競争率が高いために、次々に新しい商品が発売されています。そんなカードローンの返済方法として最近注目を集めているのが、ミニマムペイメントです。いったいどんな返済方法なのでしょうか?検討してみましょう。

・ミニマムペイメントとは?
ページ冒頭で述べたようにクレジットカードやキャッシング、カードローンの返済方法の一つで、その名称”ミニマムペイメント”の通りに、最小支払い金額を利用した返済方法です。残高に応じて決められた最少返済金額が月々に支払わなければならない返済額となるのです。一般的なカードローンの返済で用いられている返済方法よりも、返済額が少なめに設定されているのが特徴です。

・ミニマムぺイメントのメリット

負担が少ない

ミニマムペイメントの返済額はとても低く設定されています。そのために借入をして返済を行っていかなければならないとしても、家計への負担がとても少ないのです。今月は家計が苦しいというときには助かる返済方法といえます。

返済が明瞭

月々の返済額がミニマムペイメントで自動的に設定されているために、返済額についても簡単ではっきりとしています。誤解が少なくて済みます。

気軽に利用することができる

毎月の返済額がとても少ないために、気軽に利用を始めることができます。どうしてもまとまったお金が必要だけど毎月の支払はそこまで大きな額にはしたくない!というときにぴったりです。

・ミニマムペイメントのデメリット

利息が多い

ミニマムペイメントのメリットでもある家計への負担が少ない返済額ですが、返済額が少ないとどうしても返済期間は長くなってしまいます。長い返済期間=高い利息となります。

繰り上げ返済ができないところもある

ミニマムペイメント方式を採用している多くの金融機関で、繰上返済の利用が不可能であるところが多いのです。余裕がある際には多めに返済して、少しでも元金を減らすということができないために、最初の契約通りにしか返済が行えないというデメリットもあります。

メリット デメリット
①負担が軽い
②返済額がクリア
①利息が高い
②支払方法が限られていることも

 

ミニマムペイメントの利用注意点

ミニマムペイメントは家計の苦しい月などには、とても助かる返済方法ともいえます。しかしこの返済方法ではなかなか元金が減らずに、いつまでも借金を持っていることになります。とは言っても繰り上げ返済が認められていない場合には、どうしようもないのでは?と思うかもしれません。

でも実はミニマムペイメントの返済方式をとっているところでも、支払い金額の変更ができることがあります。もちろん変更が反映されるまでに時間がかかりますが、それでも返済を早めることができますし、何よりも利息を減らすことができます。

ミニマムペイメント方式を返済方法として取り入れるのであれば、より計画的に利用し始める必要があります。また返済方法について、どのようなオプションがあるのか?ということを借入先のオペレーターに尋ねるようにしましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*