任意破産とは?

任意破産とは、裁判所に自ら破産を申し出て破産宣告を受けることをいいます。一般的には自己破産という言い方をします。破産により、生活必需品などを除き、財産を換金し返済に充てなくてはいけませんが、代わりに残った借金についての責任を免除することができます。

任意破産に似た言葉に任意整理もあります。これは破産や民事再生、商法上の整理などの法的整理手続きに頼らず、債権者と話し合いで債権債務の清算を行なうことです。私的整理または内整理ともいいます。

これは法的整理に比べて簡易かつ迅速な整理方法ですが、債権者の公平が害されるなどの弊害もあります。 消費者信用では延滞に陥った債務者に対し、業界団体などが相談に乗って債務整理を行なうことを任意整理ということがあります。債務者と債権者の双方に任意整理で解決ができなかった場合は法的手続きへと移行します。

自己破産よりも任意整理を!

借金が膨らんでしまいどうしようもなくなった時にとる方法が、債務整理です。そんな債務整理にもいろいろな種類があります。ここではもっともよく取られる手段である任意整理と自己破産について考えていきたいと思います。この2つを混同してしまう人も多いので、しっかりとみていきましょう。

借金がなくなる効果

任意整理では過去に支払った納め過ぎた利息分を法定利息に引き直して借金を減額するというものです。今までの借入が長く借入していた利息が高い場合には、多くの減額が望めるのと同時に、減額後の利息は一般的にゼロになります。和解次第では返済がしやすくなるのです。

一方で自己破産では借金はすべて免除されます。 ただしどのようなことにお金を使ったかによっては免除されないこともあります。また資産がある場合も同様です。

手続きについて

任意整理では裁判者を介すことなく、金融機関との任意の話し合いによって交渉が行われます。そのために裁判所からの通知などの書類はありません。もちろん専門家に交渉を依頼することもできます。この場合でも裁判所はあくまで介入しません。専門家に依頼することで取り立てが中止されます。

自己破産の場合は裁判所に申し立てることになります。つまり手続きは裁判所で行うことになります。裁判所からの要請に従って裁判所に出向き手続きを進めていきます。裁判所から取立ての規制が行われます。

債務整理を行う条件

任意整理の場合は債務を作るに至った理由などを問われることはありません。また特別な資格というものもありません。つまり財産の有無が関係ないのです。ただし保証人が要る場合には注意が必要です。保証人への影響が及ぶケースがあります。任意整理を行うローンと行わないローンを自分で選択できるために、保証人がいるローンには任意整理を行わないことでトラブルを避けられます。

自己破産の場合には、自己破産を行う条件というものがあります。

たとえばお金の使い道がギャンブル、浪費などである場合には原則認められません。また財産についてですが、生活に必要とされるもの以外はすべて差し押さえられます。つまり借金もないがすべてを失うことになります。さらに保証人がいるローンに関しては、すべての残高が保証人に行ってしまうことになります。深刻な問題となります。

信用問題について

任意整理も自己破産も債務整理には変わりはありません。そのために信用については落ちてしまうのです。信用機関の情報に載せられその記録は7~10年程度保存されます。そのために新しい借入を行うことはできなくなります。またクレジットカードの使用が停止してしまうこともあります。

任意整理と自己破産について

どちらの場合にも返済が苦しくなってしまい、結果として債務整理をせざるを得なくなったということに対しては変わりがありません。

しかし、財産・保証人への影響など、また申し込み資格について考えるのであれば、任意整理と自己破産の間には大きな違いがあることがわかります。できるだけ自己破産は避けて任意整理でどうにかして返済する方法について考えてみましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*