知っておこう任意整理のいろは

・任意整理の基本を知っておこう
借金をするときに、もちろん任意整理等は考えるべきではないですが、万が一のときに、任意整理のことはしっかりと理解しておきましょう。

任意整理とは、返済が行き詰まってもうどうしようもないときに、司法書士や弁護士が債務者との間にはいって、支払が可能になるように手続きをし、条件のよい交渉をしてもらうことです。

裁判所は関与せず、借りた側と貸した側、そして法律関係者だけの調整となります。債務整理は、自己破産よりも取り扱い件数が多く、多くの人が債務整理を選択しています。

完全に破産してしまうのではなく、債務整理によって払いすぎた利息を元本に充当して借金の総額を減らします。利息制限法引きなおし計算によって総額を減額し、将来の利息をカットして分割払いにする交渉を行います。

過払い金などで精算したり、家族や親族からの援助で一括返済して対応するので借金額を減額して欲しいと交渉していったりなどします。

司法書士がやってくれること

利息の減額交渉や、支払の総額を減らしてくれます。
これによって借主を苦しい返済サイクルから救ってくれます。
もちろん借金が完全になくなるわけではなく、あくまで生活実態にあった返済を具体的に提案していくものです。

身の丈にあった額まで返済額を減らし、金額の交渉や期間の交渉を、債務整理になれた司法書士や弁護士が行い、調整していきます。

裁判所は介在しませんので、あくまで当事者と法律家の間で調整になります。

専門的な計算や法律の問題がからみますから、経験と実績のある司法書士や弁護士にお願いしましょう。

債務整理でできること

多くの場合、将来利息はカットできます。利息は元本に対して増えていくものですので、利息だけでも大変な負担になります。それをカットできますので、将来にわたったゆっくりと自分のペースで返済をしていける計算になります。

一括返済による減額は、必ずしもできるとは限りません。カードローン会社も元本割れは避けたいからです。ですので必ずしも交渉に乗ってくれるとは限らず、やってみないとわからないことです。

また自己破産と違い、裁判所に書類を提出することはありませんので、何か複雑な書類が必要と言うことはありません。簡単な手続きだけですみます。

任意整理のデメリット

今後5年間の借入ができなくなりブラックリスト入りします。自己破産と違って債務はあまり減額されません。任意整理に応じてくれない業者も増えています。

・利息の計算方法

利息は、元金×年利÷12 となります。

たとえば50万円を年利18%で借りて月に2万円返済した場合。

一回目:50万円×18%÷12=7500円
元金:20000-7500=12500円
残元金:50万円-12500=487500円

二回目:48.75万円×18%÷12=7312円
元金:20000-7312=12688円
残元金:48.75万円-12688円=474812円

となり、徐々に元金が減っていって、この元金が0になったら完済です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*