実質年率とは?

実質年率とは、金利表記方法の一種で、元本にどれくらい諸費用が上乗せされ支払い額になっているかを年率に換算したものを指しています。

つまり、実質年率には支払い額のうち元本分を引き、利息や手数料や印紙代、保証料といったその他の諸費用を合わせたものになっています。実質年率が16%という場合、例えば、年利12%、保証料3%、手数料1%となっているなど、返済額すべてが元本と利息に充てられているわけではないので注意が必要です。

日本では金融業者に対し、金利は必ず実質年利で表示するように義務づけられています。各社で統一していなかったり、計算方法では年間にかかる利息が見えず、トラブルの素になるからです。当然ながら、利息制限法における上限金利も実質年率で表示しています。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*