信用保証とは?

信用保証とは、債務者に代わって第三者がその債務履行を保証することをいいます。債務者、つまりクレジットカードなどの利用者が返済できなくなった場合、保証を請け負った者が弁済することになります。 一般的には信用保証は信販会社のサービスを指すことが多いです。

銀行や生命保険、損害保険会社などの金融機関の消費者ローンや住宅ローンなどで信販会社が消費者の信用調査をし、支払いを保証してくれます。

お金を借りるときに必須なのが信用保証。信用保証って何かをもっと詳しく解説

正規の業者からお金を借りる際に必ず必要なのが、信用保証です。でもその信用保証って何?

・信用保証とは、協会が保証人になってくれることです

中小企業など、借り入れを行う際に信用が足りずに融資が受けられないような人が、信用保証協会に保証人を依頼し、保証協会が保証人となって融資を受けると言う仕組みのことです。

申し込む人は信用保証協会に保証料を支払いますので、借り入れの返済と合わせてお金がかかります。

万が一返済が不可能になった場合は、保証協会が代理で融資を返済することとなります。

・倒産や自己破産などの不慮の事態に

中小企業ですから倒産や自己破産などのリスクは起こりえます。そんなとき銀行は貸し倒れになってしまいますので、信用保証を要求するケースが多いのです。これならば代理弁済してくれますので銀行側には損失はありません。

代理弁済を行っても、債務者には返済の義務が免除されたわけではなく、銀行ではなく保証協会に対して返済の義務が残りますので注意が必要です。

・保証料は借入額が多く、返済期間が長くなるほど高くなります

保証料ですが一定ではありません。
借り入れの総額が多くなればなるほど、返済期間が長期になればなるほど、保証料は高くなります。
借り入れ額が大きくなり、期間が長くなるほど、返済不可能になるリスクが高まるからです。

・保証機関や保証会社などがあります

信用保証協会や、民間の保証会社などがありますので利用しましょう。

・個人向けの融資も保証会社が審査します

個人向けの融資も保証会社が絡んでいます。基本的に個人向けのカードローンは、無担保無保証人です。そのため、融資には審査が必要となります。

この審査を担当しているのが保証会社です。保証会社は、過去の借り入れと返済の履歴、現在の勤務先、家族構成、住宅などの申込属性から審査を行い、融資を行うかどうかを決定します。

また融資を行う場合はどれぐらいの金額を上限にするかも決定します。

・信用保証ではどのような審査を行うか

信用保証では、まず過去の借り入れ履歴をチェックします。返済事故があった場合はもちろん審査ではねられます。
一番大切な属性は、勤務先の安定性です。
返済は長期間に及ぶ可能性がありますので、長期に渡って安定して返済してくれる人が重視されるのです。

つまり一番評価されるのは公務員です。

その次に大企業の正社員となります。中小企業の正社員はあまり評価されません。
そして派遣やアルバイトなども難しいのですが、近年は審査がゆるくなってきていることもあり、固定収入があれば審査に通るケースが多いです。

一番審査に通りにくいのは、創業間もない自営業やフリーランスです。
その場合は納税証明書や数期に渡る黒字の決算書などがあるとまだ考慮してもらえるかもしれません。

・似通った属性の人を抽出してサンプルで判断する

独特の審査も行っています。
申込者と似通った家族構成、勤務年数、年収などのデータを下に、保証会社が持っている膨大な人物データの中から似通った人物を抽出し、その人物の返済率がどれぐらいかで融資の可否を判断するのです。

膨大なデータを持っていますので、もちろん年収などで嘘をついても保証会社にはわかります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*