カードローンで起こるグレーゾーン問題

グレーゾーンとはなに?
グレーゾーンは、グレーゾーン金利とも呼ばれ、利息制限法と出資法の上限金利に差があったために起こっていた問題です。現在は法改正によりグレーゾーンは実質的に存在せず、過払い金は発生していません。

しかし、改正前にローンを組み、依然その金利で支払いを続けている方は過払い金が発生している可能性があります。

グレーゾーンは以前は利息制限法の金利上限が15%・18%・20%と段階的に設定されていましたが、出資法では上限が29.2%でした。この20から29.2の間がグレーゾーン金利と呼ばれていました。利息制限法では上限を超える貸し付けをした場合、その金利は無効となります。しかし、出資法は上限を超えると刑事罰があったものの利息制限法に刑事罰はなかったため、ほとんどの貸金業者が出資法の上限利息を採用していました。

2010年6月に貸金業法が改正され、出資法の上限が利息制限法と同じ20%にまで引き下げられたので、グレーゾーン金利は事実上撤廃されています。

過払い金とは

過払い金についても説明しておきます。過払い金は返済で払いすぎたお金のことです。利息制限法を超えて出資法の上限で設定されていた場合、本来は20から29.2の間の9.2%分は払う必要はありませんでした。そのため、金利を引き直し計算してみたら、超過利息が発生しており、それを元金への返済に充当していくとすでに借金はなくなっていたにも関わらず払い続けていた、というのが過払い金の問題です。

過払い金は法律上の根拠がない不当利得なので、利用者は過払い金を取り戻すことができます。場合によっては過払い金の元金だけでなく、過払い金に対する利息の返還を請求することも可能です。

現在は利息だけでなく手数料も含めた実質年率の提示が義務化されていますが、複雑な計算方法などで利用者を惑わし、過払い金を発生させる悪徳貸金業者もあるようです。グレーゾーン金利がなくなった今でも、利用者は自分でしっかりと金利を確認しなければいけません。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*