ハロウィーンにかかる費用は平均1万円?資金が足りないときはカードローンも視野に入れて

ここ数年で定番化してきたハロウィーンイベントをもっと楽しむカードローンの使い方

 

ここ数年で比較的定着してきたイベントのひとつに「ハロウィーン」が挙げられます。
ハロウィーン自体は昔から存在しているものですが、日本のイベントのひとつとして定着してきたのはここ数年な印象があります。

ハロウィーンについては多くの方が知っていると思いますが、具体的に何をするのか、というと内容まできちんと把握している方は少ないように見受けられます。

もともとは「死者の魂が家族を訪ねてくる日」とされており、日本で言うところの「お盆」に近いものです。
合言葉となっている「トリックオアトリート」や「カボチャで顔を作る」といったイメージが先行していますが、日本でのハロウィーンの楽しみ方としてはそれで良いと思います。

そんなハロウィーンですが、多くの方は「ハロウィーンのイベント経験がある」と回答していることが分かっています。

あわせてハロウィーンで実践したイベントについては以下のようなアンケート結果があります。

インテリアなど 43.1%
テーマパーク 37.5%
ホームパーティー 24.8%
カボチャ料理 23.1%
仮装パレードの見学 19.4%
パレードの参加 15.2%
レストランなどでパーティー 7.3%

 
出典:ハロウィンにかかった費用の平均「1人あたり10,154円」

このように、比較的多くの方がハロウィーンのイベントとして色々なことを楽しんでいることが分かります。
やはり手軽にできるインテリアなどの飾り付けが人気が高く、カップルや家族連れによく見られるのがハロウィーンイベントのテーマパークで楽しむ、というもの。

またイベントとは直接関係ありませんが、この時期限定のお菓子や催し物が開催されるのも楽しさを引き立てているように感じられます。

次に、ハロウィーンイベントにかかった費用についてですが、平均すると1人当たりだいたい1万円前後になることが多いようです。

内訳としては、テーマパークやインテリアなどの飾り付けにお金がかかっていることが多く、逆にホームパーティーなどは参加者全員が少しずつお金を出し合ってイベントを楽しむことが多いようでした。

 

ハロウィーンのお金が足りないときはカードローンで

 
比較的若い世代だったり、家庭に小さな子供がいる場合だとハロウィーンは思い出づくりの絶好のイベントだといえます。

そんな時「せっかくハロウィーンなのにお金がないからイベントを楽しめない」なんてことになったら残念ですよね。

もしもお金のやりくりが厳しいときはハロウィーンに合わせてカードローンを利用することを検討してみるのも良いかもしれません。

カードローンは銀行系カードローンと消費者金融系カードローンに分けられますが、ハロウィーンに合わせた少額の借入なら消費者金融系カードローンの方が審査に通りやすいと思います。

銀行系カードローンは消費者金融系と比較すると若干金利が低めに設定されてはいるものの、審査が厳しい傾向にあります。

また、最小借入金額も消費者金融系カードローンなら1万円から借入できるところが多数あるので使い勝手が良く感じられるでしょう。

ハロウィーンは毎年10月31日に開催されています。

年末が近いので、年末年始に合わせて先にカードローンを作っておくタイミングとしてもおすすめできます。

というのも、もしも年末年始に入ってしまうと、カードローン会社が休みになってしまうため、急な出費が続いてお金を借りたいと思っても契約できない可能性が出てきます。

しかし、ハロウィーンあたりのシーズンなら普通に営業しているので、先の年末年始も見据えた上でこの時期にカードローンを作ることも検討してみてはいかがでしょうか。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>