お金を借りる方法、借入までの流れ

急にお金が必要になった場合には、手軽で便利なカードローンのサービスを活用しましょう。カードローンには担保や保証人なしで誰でも気軽に申し込むことができますし、また利用目的は限定されませんので借入れた資金は自由な目的に活用することができます。

現在は消費者金融や銀行などの金融機関が、カードローンのサービスを提供しています。消費者金融が提供する消費者金融系カードローンと、銀行が提供する銀行系カードローンの、それぞれの特徴や利用方法などをさらに詳しく確認してみましょう。

「お金を借りる方法」 – メリットを紹介

①申込み②審査③融資

カードローンの基本的な流れとしては以下になります。

  1. 申込み
  2. 審査
  3. 融資

各カードローン会社や申し込みの方法によって、多少審査の時間が長く掛かったり等の違いはでてきますが、基本的にこの方法で進められていきます。申込み方法としては、パソコン、携帯、固定電話、来店、Fax、郵送、無人契約機等、色々な手段があります。各会社によって採用されているシステムは異なりますので、是非このサイトや各社HPで確認してからお申込みください。

消費者金融系カードローンは即日融資に対応することができます!

消費者金融は主に個人を対象として融資を行う貸金業者であり、以前はサラ金(サラリーマン金融)と呼ばれていました。かつてのサラ金では暴力的な取り立てが行われて大きな社会問題となりましたが、現在の消費者金融は法律を遵守する正規の金融業者として営業を行っていますので、誰でも安心して借入れを利用することができます。

消費者金融系のカードローンの多くでは、借り入れを申し込んだその日のうちに借り入れが認められる即日融資に対応しています。カードローンには担保や保証人なしで申し込むことができますし、審査や融資の手続きはスピーディーに行われますので、すぐにお金が必要な場合にも余裕を持って対応することができるのです。

カードローンでは申込者の返済能力が審査され、具体的には勤務先や勤続年数や年収の額、その他各種個人情報やこれまでのカードローンの利用履歴などが確認されることになります。消費者金融系カードローンでは比較的柔軟な基準で審査が行われるため、パートやアルバイトなどの収入が少ない人でも審査には通りやすくなります。その代わり金利条件については、若干割高になることが多いようです。

・便利なインターネット申込みを活用しましょう!

カードローンには店頭窓口や電話などの方法で申込むことができますが、忙しい人には手軽で便利なインターネット申し込みの方法がおすすめです。インターネットを活用すれば自宅などに居ながら申し込むことができますし、さらに24時間365日いつでも自由な時間に申込むことができます。

必要な書類なども電子データとしてインターネットから提出することができますし、一部には申し込みから借り入れや返済までのすべての手続きをインターネット上で行うことができる、web完結サービスを提供するカードローンもあります。ローンカードや各種書類の郵送を省略したい人は、web完結サービスの活用を検討してみてください。

銀行系カードローンでは低金利で大きな金額を借り入れることができます!

従来はカードローンといえば消費者金融が提供するというイメージが強かったのですが、近年では個人を対象としてカードローンのサービスを提供する銀行が増えています。銀行系カードローンは利用条件が優れていることが多く、低金利で大きな金額を借り入れることができますし、また銀行ならではの安心感の高さも魅力だといえるでしょう。

現在はメガバンクや都市銀行、さらに地方銀行やインターネット銀行などが様々なカードローンのサービスを提供しています。ただし実際に利用するためには自行の口座開設が条件であったり、地方銀行の場合には営業エリア内に居住することが条件になったりしますので、普段利用する機会が多い銀行や地元の銀行が提供するカードローンに申込むのが便利かもしれません。

銀行系カードローンの審査基準は消費者金融系カードローンよりも厳しく、さらに銀行系カードローンでは時間をかけて慎重に審査が行われることになります。審査に不安を感じる人や、すぐにお金が必要な人は、即日融資に対応する消費者金融系カードローンへの申込みを検討しましょう。

・目的別ローンや通常の融資に申込む方法もあります!

銀行ではカードローン以外にも、目的別ローン(住宅ローン・教育ローン・自動車ローンなど)や通常の融資のサービスを提供しています。目的別ローンや通常の融資ではカードローンよりも低金利で大きな金額の借り入れが認められますので、利用目的があらかじめ決まっている人にはおすすめの方法だといえるでしょう。

ただし審査の基準はカードローンよりもさらに厳しくなりますし、さらに借り入れを申込む際には担保や保証人を用意することが必要になります。審査が完了して融資が受けられるまでにはある程度の日数が必要になりますので、余裕を持ってできるだけ早めに申込んでください。

パソコンを使った申込み方法

最後には、お手軽に申込みができて利用者が最も多いパソコンを使った申込み方法をご案内します。

パソコンを使った申し込みのメリットとしては

  1. 店頭に行く手間が省ける
  2. 24時間申し込みができる
  3. 希望金額以上の融資の誘いを回避できる可能性が高くなる
  4. 店頭に行くこと自体にためらいがある方は、気持ち的に楽に融資の希望が出せる
  5. 何社からも借りている等、融資自体を断られそうな可能性がある方で、直接断られるのは何となく落ち込んでしまいそうなので回避したい。

等、まだまだ沢山のメリットはあると思います。このようなメリットやこれ以外にも “パソコン” で申し込みたい!と感じられた方は、是非このまま続けて読んでください。

まず第一段階の “申込み” ですが、 インターネットで開いた申し込み画面の案内に従い、必要事項を入力し、送信します。会社によっては、最初に簡易的な必要事項を記入させ、さらに詳しい内容を伝えるところもあります。それは引き続きインターネットで情報を入力したり、オペレーターと直接話しをしたりと方法は各会社ごと様々なので、ご自身に合った方法で進めてください。

申込み時に確認される内容は主に次のようなものです。

住所・氏名・連絡先電話番号・仕事(業種・勤続年数・年収・社会保険の種類等)・家族構成・住居(持ち家・賃貸・借家・社宅等)・他社利用暦(利用件数・利用金額・住宅ローン等の利用など)です。他社からの利用暦や利用金額は一円単位まで正確に答えられなくても大丈夫ですが、利用暦があることや利用金額は正直に申告してください。もちろん、他の項目も同じです。

なぜなら、これらのキャシング会社をはじめとする各金融機関は、共通に利用することができる信用情報機関に問い合わせを行うことによって、利用者の身元や個人情報を入手して審査しているのです。よって明確に個人情報が確認されてしまうわけです。ですから、くれぐれも申し込み時にウソは書かないようにしましょう。他社利用暦や利用会社件数、利用金額も、明確に知られてしまいますので。

考えても見てください、利息をもらってお金を貸すにしても、初めての方で、まして無担保(例外もある)で融資するわけですから、融資する会社にしても真剣にその方の信用性を審査するのではないでしょうか?ですから正直に申告してください。

そして、これらの申告を元に、融資の決定、融資金額が決まります。融資金額は各会社によって異なります。それは、各会社の貸出基準等が異なるためです。また過去の返済状況などによって、限度額が増減することがあります。これはあくまでも各会社の審査基準ですので、どうしても融資金額に納得がいかない場合等は、どのようにしたら融資金額を上げられるのか相談することも可能です。

しかし、試した結果でも融資基準に合わないこともありますので、各会社に必ず相談するなり、確認をしてください。そして “返済可能額以上の融資を受けること” “必要のない金額の融資を受けること” は禁物です。お金には利息が掛かります。本当にご自身の必要な金額や、ライフプランにあった金額で考えてください。

融資がきまったら、申込み用紙を郵送したり、カードが発行されたりと、各会社によって様々な方法がありますが、ここは会社の指示に従って申込みを完了させてください。間単に流れを説明しましたが、各会社によって若干内容が異なってきます。このサイトや各会社のHPを確認して、あなたにあった会社を見つけてください。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*