お金を借りる前に融資と出資の違いを知っておこう

出資と融資はまったく違う!?
カードローンをする前に、融資と出資の違いをしっかり把握しておきましょう。似ているようでまったく違うものであり、特にビジネス上においては違いを理解していないとのちのち困ったことになるかもしれません。

まず、最大の違いは融資には金利が発生し、返済をしなければなりませんが、出資は元金を返済しなくてもいいものです。

出資とは、団体や会社などにビジネスのための資金を提供することです。株式会社であれば株式配当を受ける権利を獲得できるものです。出資には出資法に基づいた法律で様々なことが決められています。ただ、出資というのは1000万円などの高額な借り入れが普通ですので、審査はかなり厳しいものになっています。

融資は審査は簡単だが…

融資は金利がついていずれ返さなければなりません。銀行では融資も出資も行われますが、銀行の融資は低金利であるものの審査は厳しくなっています。ほかの貸金業者は審査が緩いところも多くあり、基本的にカードローンなど個人への融資が主です。

もし事業で融資を利用したければ別途ビジネスローンなどと呼ばれるものを検討することになります。ビジネスローンは銀行だけでなく消費者金融や信販会社などでも用意されています。ただし、用途はビジネスに限られています。個人事業でも法人でも利用できますが、事業資金や運営資金確保のための目的ローンのひとつなので、消費者金融のカードローンのような使い方はできないので注意が必要です。

というわけで、融資と出資の違いは返済の有無のほか、出資者も利益を得られるようになる点が挙げられます。利益を受け取ることで出資した以上のリターンを期待するため、出資の方が融資よりも審査が厳しく、ハードルが高いです。一定期間で元を取れないと判断されれば、出資してもらえないのです。

もし事業を始めた当初と売り上げがかけ離れていた場合、出資者に経営権の譲渡などもあるかもしれません。出資者が経営に口出しをしてくることもあるでしょう。もし経営に参加されたくないならば融資の方がいいのかもしれません。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*