日本貸金業協会ってどんなところ?加入していない未加入業者は悪徳なの?

日本貸金業協会ってどんなところだろう?何を管理してる団体?未加入業者は悪徳だと思っていいの?

・日本貸金業協会による業界全体のコンプライアンスの向上

お金を貸してくれる事業者を統括した、日本貸金業協会という業界団体があります。
この団体によって、業界全体のコンプライアンスが守られています。
あくまで消費者保護を主観として、貸金業者に監査を行っている団体なのです。
ここの団体への加入は任意です。
貸金業を営むなら必ず加入しなくてはならないというわけではありません。
ですが、問題なく貸金業を営んでいくなら、入っておいて損はない団体です。
そのため、お金を借りるなら、日本貸金業協会に加入している金融機関のほうがいいでしょう。

・国と都道府県への登録

一方で、必ず登録しなくてはならないのが、国と都道府県への届出です。
これを行わずに無許可で貸金を行っているのはすべて闇業者となります。
トラブルの元ですので借り入れしないようにしましょう。
国と都道府県に登録している場合は、登録番号が発行されます。
ホームページにいくとその登録番号が書いてありますので、参照してみてください。
悪質な業者は登録番号を偽装しますので注意が必要です。
国や都道府県への届出は、非常にハードルが高いのがポイントです。

・日本貸金業協会に登録していないところは悪徳?

日本貸金業協会への登録は任意です。
ですので、登録していないイコール悪徳業者とはいえません
いっぽうで、国や都道府県に登録している正規の業者でも、悪徳な業者はあります
そう考えると、やはりしっかりとした監査を行ってくれる日本貸金業協会に加盟している金融業者のほうが安全ではないでしょうか。
貸金業はたくさんありますので、あえてリスクをおってまで未登録の業者で借りる必要はないのではないでしょうか。
ひとつの目安として、日本貸金業協会の加盟があります。
ホームページから協会員は検索できます。

・中小の貸金業者は加盟していないケースもあります

中小の消費者金融は、日本貸金業協会に加盟せずに、ひっそりと運営しているケースもあります。
ですので、加盟していないからといって必ずしも悪徳とはいえないのです。
大手であっても強引な取立てをするケースが問題になってきました。
ですが、やはり加入している業者のほうがコンプライアンスを守っている、少なくとも守ろうという意志を見せているのではないでしょうか。

・まとめ:悪徳業者とはいえないが、加盟している業者がおススメ

まとめますと、日本貸金業協会に加盟していなくとも、普通の運営をしている貸金業者はあります。
ですが数多く貸金業者が存在する中、あえて選ぶならば日本貸金業協会に加盟している業者のほうがいいのではないでしょうか。
日本貸金業協会は、コンプライアンスを守り、トラブルの仲介をしてくれて、監査も行ってくれる安心の業界団体です。
任意団体ですが業界唯一の自主規制団体ですので、信用はあります
お金を借りる際は焦っているかもしれませんが、なるべくリスクが低くて安心なところから借りるようにしましょう

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。