消費者金融での債権管理 こわ~い取り立てができなくても返済させる手腕とは?

以前借金の取り立てと言えば、サングラスをかけた怖い顔をした人が家に押しかけて借金返済を迫るというイメージがあったかもしれません。

しかし脅迫するような取り立ては現在一切禁止されています。消費者金融もクリーンなイメージへと生まれ変わりました。窓口担当者だけでなく、取り立て業務に当たる人たちも、ごく普通のサラリーマンやOLといった人たちです。

しかし面白いことに、こわ~い取り立ては一切できなくなったのに、今でも消費者金融はしっかりと借金を回収できています。現在、消費者金融界での債務管理はどのように行なわれているのでしょうか?現在の債務回収の方法はこのようなものです。

実は取り立ては今も行なわれている

今も消費者金融の債権回収ができている主な理由は、方法は少し変わったものの取り立てがしっかり行なわれているためです。こわい怖い取り立てはなされませんが、今もこわくない取り立てはされているのです。

例えば支払期日が過ぎると必ず督促の電話が掛かってきますし、ハガキでも通告されます。それでも催促の電話が携帯電話につながらないときは、自宅にも電話がなされます。もちろん個人情報の問題があるので、本人以外には知らされないようにしますが、本人にはいろいろな方法で「借金を返してください」と連絡されます。

自宅に連絡がつながらなければ会社にもときには実家にも電話が行きます。もちろん消費者金融の名前は語らないものの本人に支払い意思を示させるまで電話がいくこととなっています。では夜逃げのように引越すれば免れますか?

いいえ。貸金契約書を元に、住民票を取り寄せて、引越し先を調べられ引越し先にも催促することもなされます。恐くないだけで、かなりの執拗な取り立てが現在でも行なわれているのが、回収率を維持している最大要因でしょう。

債権回収業者の存在

昔は消費者金融そのものだけが取り立てを行なっていましたが、現在は最初の支払期限から2、3ヶ月を過ぎると、債権そのものを債権回収業者に売り渡してしまいます。消費者金融としては少しの赤字にはなりますが、貸し出したお金すべて焦げ付くことはありません。

債権が債権回収業者に渡った後は、消費者金融よりもさらに踏み込んだ取り立てが行なわれます。消費者金融にとってはときに強い口調も使いますがあくまでもお客さんという距離感で対応です。しかし債権回収業者はお客さんとしての対応しまません。むしろ借金を返済しない迷惑な人への冷淡な対応です。どうにかして債務を回収するために法的な手段を着々と踏んでいきます。

法的に取り返す

債務回収業者は債権を確実に回収するために法的手段をとります。まずは「借金を全額まとめて返してくれ」と内容証明つき郵便を送りつけます。もちろん払えません。すると訴訟状を送りつけて、裁判を起こします。裁判の目的は債務者が働いているお給料を差し押さえることです。

すぐに借金返済をしない限り、債権回収会社の主張通り、裁判所命令が下ります。裁判所は債務者の会社に債務者のお給料の4分の1は差し押さええる判決を送りつけます。さらに債務者のパソコン等の家の財産も裁判所命令で差し押さえられることとなります。こうやって債権回収会社は確実に利益を上げることができます。

借金からは結局逃避できない

このようにこわい取り立ては行なわれていないだけで、法的な取り立ては以前よりも強化されているのが現状です。結局は今も昔も、借金から逃避はできないというわけです。

借金はできるだけしないように、どうしても借りなくてはいけないときはすぐに返すようにして、どうしても返せないときは、財産差し押さえとなる前に、債務処理などを行ない問題を解決するほうが賢明でしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*