銀行系カードローンの特徴を紹介、審査が厳しいからこそ知っておくべきポイントを解説!

今月は金欠気味で生活が苦しい、急用でお金が必要になってしまったなどそんな時に利用して助かるのがカードローンです。カードローンは一定の条件を満たす人であれば誰でも気軽に申込むことができるのですが、実際に利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。

特に銀行系カードローンでは厳しい審査が行われることがほとんどですから、審査に通過するためにはある程度の収入や、高い信用などが必要になります。消費者金融と比べた場合、銀行系の審査は確かに厳しくなってはいますが、それだけ他のカードローンより「安心感」があります。

特に普段よく利用している銀行系からのキャッシングであれば、安心して借入れもしやすいです、そんな銀行カードローンについて詳しく知りたい!という人のために、今回はその特徴について詳しく紹介していきたいと思います。

銀行カードローンの特徴

まず始めに銀行カードローンの特徴を一言で言ってしまうと「審査厳しく返済が楽」です。カードローンでお金を借りるためには、返済能力が十分あるかを知るために審査を実施されますが、これは消費者金融も銀行も関係なくキャッシング利用するためには必ず行われます。

一般的に銀行の審査は厳しめで例えば消費者金融の場合は即日審査・即日融資をうたっているところが多いですが、銀行は2018年1月に「貸しすぎ」という問題点から即日融資廃止が決定しました。この即日融資の取り止めにより借りる側の情報を警察庁に照会する仕組みを導入して暴力団など反社会的勢力との取引排除を徹底していくのを狙いにしているのです。

スピード融資は不可能にはなりましたが、金利は消費者金融よりも低利なものが大半で返済負担を軽減でき借り入れや返済時に利用できるATMの数も多いという銀行系カードローン会社ならではの魅力はしっかり残っています。

消費者金融との違いについて

カードローンは主に銀行と消費者金融に分類できます。ここからは銀行と消費者金融の違いは以下で詳しく見ていきます。

特徴でも触れた部分はありますが、銀行と消費者金融の主な違いは

  • 低金利
  • 審査に時間がかかる
  • 審査を実施するのは保証会社

といったところです。ここから個別に詳しく見ていきましょう。

金利の平均が14.5%と低め

銀行と消費者金融の金利について、代表的なところをピックアップして比較してみました。

カードローン名 分類 金利
アコム 消費者金融 3.0~18.0%
プロミス 消費者金融 4.5~17.8%
SMBCモビット 消費者金融 3.0~18.0%
オリックス銀行カードローン 銀行系 1.7~17.8%
みずほ銀行カードローン 銀行系 年2.0~14.0%※
三井住友銀行カードローン 銀行系 4.0~14.5%

※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

上の表でもお分かりのように、上限・下限両金利とも銀行のほうが押しなべて低利に設定していることがわかります。低金利であれば、その分利息の支払い額も少なくて済みます。

特にある程度まとまった金額の借り入れをする際は、ちょっとした金利差でも返済総額は大きくなる可能性もあるので返済負担を少しでも軽減したいのであれば、銀行カードローンのほうがおすすめできます。

融資までに時間がかかる

審査スピードで比較すると、消費者金融に一日の長があります。消費者金融の審査ならば申込んだその日に通知されることが多く早ければ、その日のうちに融資も可能になっています。

一方銀行カードローンは審査が厳しめの傾向で、時間もかかり、審査の申込だけなら即日完了しても、融資は翌日以降になるケースが多々あります。特徴で説明しましたが、2018年1月から暴力団関係者などへの融資を防ぐため、即日融資も停止になっているので早急にお金が必要な方にとっては向いていません。

またカードローン会社によっては特定の口座を持っていなければ開設しなければならないなどの問題もあるので現状ではどうしても融資までに時間はかかってしまいます。低めの金利よりもスピードを優先したいのであれば消費者金融に申込むほうがベストな選択です。

審査は保証会社が行う

消費者金融の場合、審査は自分たちで行いますが、銀行カードローンは、保証会社が審査を担当しており審査にかかる時間が長いのもこのためです。

企業向け融資のノウハウは豊富に持っている銀行は、個人向けの審査には不慣れなところがあり、そこでノウハウのある保証会社に委託するというわけです。

先ほどの金利の部分で紹介した銀行で見ると以下の通り(銀行:保証会社)

オリックス銀行カードローン オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社
みずほ銀行カードローン 株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローン SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

ちなみにSMBCコンシューマーファイナンスは聞きなれないかもしれませんが、大手消費者金融「プロミス」の運営元であり、このように消費者金融が保証会社を務めることも多いです。

銀行カードローンでは厳しい審査が行われる

消費者金融との主な違いについて紹介しましたが銀行系でも消費者金融系のカードローンでも、いずれも申込み条件は「継続した安定した収入を得ている人」となっていますので、自分自身の収入がない人は原則としてカードローンを利用することはできません。

年収の多少については申込条件には記載されていませんので、収入が少ない人やパートやアルバイトなどの人でも審査に通過できる可能性があるのですが、年収が少ない人の場合にはやはり審査に通過することは厳しくなるでしょう。

特に銀行系カードローンでは厳しい審査が行われますので、審査に通過するためにはある程度の年収を得ていることなどが必要になります。実際に消費者金融系カードローンの審査に通ったけれど、銀行系カードローンの審査には落ちてしまったという人が多いのです。カードローンの審査に不安を感じる人の場合には、やはり消費者金融系カードローンへの申込みがおすすめできます。

審査の基準について

同じ銀行グループ内のカードローンでは基本的に同じ基準により審査が行われるのですが、申込み条件や借入が認められる限度額や金利の条件などがそれぞれ異なるため、申込者の条件により審査の結果が異なることになります。

具体例を出してみるなら三井住友銀行カードローンは金利条件が年率4.0%~14.5%で借入限度額は最高で800万円までが認められるのですが、一方のプロミスのカードローンは年率4.5%~17.8%で借入限度額は最高で500万円までとなっていますので三井住友銀行カードローンでは利用条件が有利な分だけ審査に通過することが厳しくなるのです。

ちなみにカードローンの審査通過率と言うのが消費者金融では40%~50%程度で公式サイトより確認できる会社も幾つかあります、銀行系カードローンの場合には20%~30%程度に限られるようですが、確認できる会社はありません。消費者金融系カードローンでは申込者の2人に1人が審査に通過できるのですが、一方の銀行系カードローンでは申込者の3人に1人しか審査には通過できないということになります。

審査に通過するのが厳しい理由

銀行カードローンは基本的に審査に通過することが難しいと紹介しましたがその理由としては、以下のような原因が考えられます。

  • 低金利で借り入れが利用できること
  • 大きな金額の借入れが利用できること
  • 銀行ならではの厳しい審査

保証会社との契約を行っている銀行系カードローンでは実質的な審査を保証会社が行うということは解説しましたが、同時に銀行による審査も行われることになります。保証会社は銀行の基準に合わせた審査を行いますので、低金利で借り入れが利用できる銀行系のカードローンでは審査が厳しくなる可能性が高いのです。

保証会社は利用者が返済不能となった場合に、これに代わって銀行に返済(代位弁済)を行うことになります。貸し倒れが発生しても銀行に直接損害が発生することはありませんが、貸し倒れが発生してしまうとその後は利息による収入を確保することができなくなりますので、銀行の収入もやはり減少してしまうことになるからです。

総量規制が適用されない銀行系カードローンでは、年収の3分の1を超える大きな金額の借り入れが認められる可能性があります。例えば年収が250万円の人であっても、150万円までの利用限度額が認められる可能性があるのです。このような人に貸し倒れが発生した場合には、貸付けた金額や利息などの回収が難しくなるわけで銀行にとっても保証会社にとっても不利益が発生することになります。

消費者金融系カードローンではある程度の貸し倒れを見込んでその分だけ高い金利が設定されていますが、低金利が設定された銀行系カードローンでは金利で貸し倒れのリスクに備えることができないため、その分だけ厳しい審査を行って確実な返済能力が認められた人に限定して融資を行うため審査通過は消費者金融と比べ厳しいというわけです。

他社借入れの件数や金額が多すぎは審査では不利に

すでに他社からの借入れを利用しているという人は、新規のカードローンへの申込みの際には注意が必要になります。特に他社借り入れの件数や金額が多すぎる人の場合には、それが原因で新規のカードローンの審査に落ちてしまうことがあるかもしれません。

カードローンの審査では申込者の返済能力が確認されるのですが、他社からの借入れを利用している人の場合にはその分だけ返済能力が低く見積もられることになります。消費者金融系カードローンの場合には実際の借入限度額は総量規制により年収の3分の1までに制限されますので、すでに他社からの借入額が年収の3分の1に達している人の場合には新規の借入れが認められることはありません。

総量規制はカードローン以外にはショッピングの分割払いやクレジットカードの利用残高などに対しても適用されることになりますので、他社からの借入れや分割払いやクレジットカードなどを利用しているという人には、新規のカードローンに申込む前にできるだけ返済してしまうことをおすすめしたいと思います。

銀行カードローンの種類

銀行カードローンの主な特徴について紹介してきましたが、実は銀行系は都市銀行・地方銀行・ネット銀行の3種類がありそれぞれ特徴が若干ながら異なるのです。

そこでここからは種類別のカードローンの特色についてみていきましょう。

都市銀行

都市銀行は東京や大阪など大都市に本店のある金融機関で一番のメリットは、どこからでも借り入れできる点でしょう。

これは日本全国に支店・ATMを展開しているからで旅行や出張先などで現金が足りなくなっても近くの支店やATMで気軽に借入れできるので非常に便利です。

地方銀行

地方銀行は本店のある都道府県を中心に支店・ATMを展開している金融機関で地域密着で営業しているため、地元の個人・企業に積極的な融資をしているところが多いです。

地方銀行のカードローンを利用を検討している場合、融資対象をチェックしましょう、これは地銀の中には銀行の営業地域内に在住もしくは勤務先のある方に限定していることがあるためで条件を満たしていない場合、利用できないからです。

低金利など銀行系ならではのメリットもありますが利用不可能というデメリットもあり得るので申込前の確認はしっかり行いましょう。

ネット銀行

ネット専業といって、Webから手続きできる金融機関も増えています。このネット銀行はカードローンを提供しているところは多く店舗を持たず必要最小限のスタッフで運営しているため、運営コストが低いのが特徴です。

その結果、低金利による融資が可能としておりネット銀行の場合、借入・返済はコンビニATMを利用するのが一般的でコンビニ自体は日本全国にありますから、近くのお店で気軽に借入・返済できるのは魅力です。

銀行カードローンのメリット

「銀行カードローンのメリットを知りたい!」興味を持ったらこのように感じる人は多いと思います。カードローンでメリットと呼べる点は多々ありますが、その中でも銀行カードローンの場合は特に

  • 上限金利の低さ
  • 総量規制の対象外

という主要な2つのポイントについて以下で紹介しますね。

上限金利が低い

通常初めてカードローンを利用する場合、上限金利の適用されることが多く理由は初めての利用ではしっかり返済をしてくれるかどうか未知数で信用がないためです。

消費者金融の上限金利は17.8~18.0%が相場で銀行カードローンは14.0~14.5%と設定しているところが多く、消費者金融と比べて3~4ポイント程度低いため返済の負担がより軽減できます。

専業主婦でもキャッシング可能

主要消費者金融では、専業主婦の借り入れを認めていないところがほとんどでその理由は、自分名義の収入がないからです。

しかし銀行カードローンの場合、専業主婦の借り入れを認めているところも多く家族に内緒で借り入れも可能になっています。ただし専業主婦の場合、限度額は30万円程度とまとまった借入はできないのでそこだけは注意。

総量規制の対象外

例えば専業主婦の場合、消費者金融で借り入れできませんが、それは総量規制があるからであり、その人の年収の1/3を超えて貸し付けができない規定で、所得ゼロの専業主婦がお金を借りられないのはこのためです。

総量規制は貸金業法に記載されているルールで銀行カードローンは消費者金融と違って貸金業者ではないから、総量規制の影響を受けないため専業主婦でも借入できるというわけです。

知名度の高い銀行カードローン

今では様々な金融機関で、カードローンサービスを展開していますが、初めて借入する場合、安心できるカードローンを利用したいと思うはずです。

では安心できるカードローンとは何なのでしょうか?それはズバリ「知名度の高い銀行」です。知名度が高いと言うのはテレビコマーシャルなどでしばしば宣伝している大手の銀行カードローンことです。

ここからはおすすめの銀行カードローンを幾つかピックアップしたのでその概要について紹介していきます。

みずほ銀行カードローン

分類 銀行
審査時間 2日間~1週間
利用限度額 800万円
年率 年2.0~14.0%
遅延利率 年19.9%
返済方式 残高スライド方式

みずほ銀行カードローンは、来店の必要がないWebの申込みで完結できる利便性溢れるカードローンで申込にみずほ銀行の口座が必要になりますが、持っていない方でも口座も同時に申込みできます。

みずほ銀行の住宅ローンを利用していて、家計の厳しい世帯に特におすすめでカードローン申込み段階でみずほ銀行の住宅ローンを利用していれば、店頭金利よりも年0.5%引き下げられます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

審査時間は長いと1週間程度かかってしまうのがデメリットになるかもしれませんが年2.0~14.0%の低金利で利用できるのは魅力的です。

三井住友銀行カードローン

sumitomo

分類 銀行
審査時間 最短、翌営業日の回答
利用限度額 800万円
年率 4.0~14.5%
遅延利率 19.4%
返済方式 残高スライド元利定額

三井住友銀行カードローンは、無理のない返済のできるところが魅力。返済日は5日・15日・25日・月末のうちから都合のいいものを自由に選べます。

返済方法も口座振替・インターネットバンキング・ATMと豊富にラインナップされており月々の返済金額は借入残高に応じて決まります。月々2000円からでもOKですから、無理のない返済計画が立てられます。

銀行カードローンのデメリット

上で紹介したように銀行カードローンはメリットのある半面、デメリットもあります。デメリットも考慮に入れて、申込むかどうか判断してくださいね。

以下では

  • 即日融資できない
  • 無利息サービスがない
  • おまとめローンができない

この3つの主なデメリットについてみていきます。

即日中の融資は不可能

解説済ですが銀行カードローンは2018年1月から即日融資ができなくなったのはデメリットのひとつです。それまではスピーディな融資を行っていた銀行カードローンもあったのですが、その結果、反社会的勢力への融資も増えてしまったそうです。

そんな反社会的勢力への融資防止のため、審査を厳しくし、その分手続きに時間がかかって即日融資を廃止したわけです、一方消費者金融ならば即日融資に対応しているところも多数あり今すぐ現金が必要という場合は、消費者金融に申込むべしです。

無利息サービスがない

消費者金融の中には、初回申込に限り一定期間内なら無利息で借り入れできるサービスを提供しているところも多いです。一方、銀行カードローンにはこのような無利息サービスを実施しているところは見られないのでこのサービスがないのもひとつのデメリットと言えます。

但し銀行カードローンは消費者金融と比較して、低金利なものがほとんどなので長期的視点で見れば、そこまで気にするべきデメリットにはなりませんよ。

おまとめローンの利用ができない

銀行では複数の借入れを一本化するおまとめローンの利用が不可能になっています。これもまた銀行カードローンの過剰貸し付けが問題になっているからであり銀行カードローンは消費者金融のように総量規制の対象ではありません。

そこで消費者金融で借入れできない人が銀行カードローンに流れる傾向が増え、実際、銀行カードローンの貸付金額はここ数年増加していました。現状でさらに自主規制をする動きも顕著になってきており、限度額の上限を年収の1/2から1/3に引き下げる・更なる審査の厳格化を検討しているところもありますので現状の銀行カードローンではおまとめローンは不可能です。

まとめ

いかがでしたか?銀行カードローンの特徴がこれでお分かりになったでしょう。ポイントを今一度紹介すると、

  • 銀行カードローンは審査が厳しく即日融資に対応していないが低金利で返済の負担が軽い
  • 都市銀行・地方銀行・ネット銀行それぞれでサービス展開していて、特徴が異なる
  • 消費者金融と異なり総量規制の対象外

銀行系カードローンは低金利で大きな金額の借入れができることが特徴であり、さらに総量規制の適用対象外となるため自分自身の収入がない専業主婦でも借入れを申込むことができます。

時間をかけて厳しい審査が行われるのですが、利用条件などについては消費者金融系カードローンよりも有利に設定されていることが多くなっていますので、カードローンを利用したいという人はまずは銀行系カードローンに申込んで、実際に審査を受けてみることをおすすめしたいと思います。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*