みずほ銀行カードローンの審査はどのような基準で行われるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンには誰でも気軽に申込むことができるのですが、実際に利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。今回はみずほ銀行カードローンの審査基準について、さらに詳しく確認してみたいと思います。

みずほ銀行カードローンの審査の基準は厳しいのでしょうか?

カードローン業界全体の平均と比較してみると、みずほ銀行カードローンの審査の基準については若干厳しいといえるかもしれません。これは銀行系カードローンには共通の特徴なのですが、みずほ銀行カードローンでは実際の審査を保証会社が担当しています。詳細な審査の基準は公開されていないのですが、みずほ銀行カードローンの審査に通過する為には保証会社が定める審査基準を満たすことが必要になります。

みずほ銀行カードローンの審査については、みずほ銀行の保証会社である「オリエントコーポレーション(オリコ)」が担当しています。カードローンでは保証人や担保なしで信用に基づいて融資が行われますので、申し込みの際に申告された各種個人情報や信用情報機関に登録された信用情報などに基づいて、申込者の返済能力が総合的に判断されるのです。審査の結果「この人ならば融資をしても大丈夫だろう」と判断されれば、みずほ銀行カードローンの審査に通過することができます。

審査申込前に知っておきたいみずほ銀行カードローンのサービス

みずほ銀行カードローンの審査では何が確認されるのでしょうか?

みずほ銀行カードローンの審査では利用者に関する各種の情報が総合的に判断されるのですが、特に「勤務先への勤続年数」と「過去の返済の履歴」について確認されることになります。ちなみにみずほ銀行では自分自身の収入のない専業主婦の申し込みにも対応しているのですが、専業主婦の場合には配偶者に対して同様の項目が確認されると考えてください。その他にも様々な項目に注意をすることで、審査に通過できる可能性を高めることができます。

勤続年数は長ければ長いほど有利になります!

勤務先への勤続年数については、審査では長ければ長いほど有利になります。これは勤続年数が長ければ長いほど、安定した収入を得ていると判断されるからなのです。勤続年数が長い人の場合には定年まで続けて勤務する可能性が高くなりますので、転職や中途退職の可能性は低くなります。一方で勤続年数が短い人の場合には転職や中途退職の可能性が高いと判断されるため、審査では不利になってしまうのです。就職や転職をしたばかりで勤続年数が1年に満たない場合には、カードローンの審査に通過することは難しいかもしれません。

過去の延滞の履歴は審査にはどのように影響するのでしょうか?

カードローンの審査では、「確実な返済が期待できる人」が有利になります。過去において延滞をした履歴がある人の場合には、信用が低く判定され審査では不利になってしまうのです。カードローンの審査では、信用情報機関に対して利用者の信用情報の照会が行われます。信用情報機関は利用者に関する各種情報が登録されたデータベースであり、金融機関は利用者の返済の履歴や延滞の履歴などをチェックすることができるのです。

延滞の履歴が1回や2回程度であれば審査に通過できるかもしれませんが、延滞を頻繁に繰り返している場合長期に渡って延滞をしている場合などには、悪質な利用者だと判断されてカードローンの審査には通らなくなります。これがいわゆる「ブラックリスト状態」であり、一度ブラックリスト状態になってしまうとすべてのカードローン・クレジットカード・一般ローンなどの利用が制限されてしまうことになります。

一度信用情報機関に登録された延滞の履歴が抹消されるためには5年程度の期間が必要になりますので、それまでの間はカードローンを利用することはできなくなります。また自己破産や任意整理などの債務整理の履歴についても同様に取り扱われ、5年から10年程度の間カードローンを利用することができなくなります。信用情報機関に登録された情報の詳細については利用者本人に関するものであれば開示の請求をすることができますので、気になる人は開示を請求して信用情報の内容を確認してみてください。

短期間に複数のカードローンに申し込むと審査では不利になります!

信用情報機関には利用者に関する各種情報が登録されているのですが、その中にはカードローンに申し込んだ履歴も登録されています。短期間に複数のカードローンに申し込んだ場合には、複数申し込みそのものが原因で審査では不利になってしまうのです。カードローンの審査の際に複数のカードローンに申し込んだ履歴が登録されていると、審査を行う金融機関では「お金に困っているのではないか?」「借金で借金を返済しているのではないか?」「なにか不都合なことを隠しているのではないか?」などと考えて、通常よりも審査を厳しく行うことになります。

特に1ヶ月以内に3社以上のカードローンに申し込んだ履歴がある場合には、複数申し込みが理由で審査に通らなくなる「申し込みブラック」と呼ばれる状態になります。カードローンへの申し込みの履歴については半年程度が経過すれば自動的に抹消されますので、カードローンの審査に落ちてしまった場合には半年が経過するのを待ってから次のカードローンに申込むのが安全で確実だといえるでしょう。またどうしても短期間に複数のカードローンに申し込みたいという場合には、申し込みは多くても2社までとしておくようにしてください。

他社借り入れの件数や金額が多すぎると審査では不利になります!

さらに信用情報機関には、利用者の他社からの借り入れの件数や金額なども登録されています。審査の際に他社借り入れの件数や金額が多すぎると判断されると、その分だけ返済能力が低く判定されて不利になってしまうのです。みずほ銀行カードローンに申し込む際には、他社からの借り入れはできるだけ返済しておくようにしましょう。他社借り入れの件数が少なくなれば、返済能力が高く判定されて審査では有利になります。

さらにみずほ銀行カードローンの審査では申込者の属性情報が確認されます!

みずほ銀行カードローンの審査では、さらに申込者の属性情報について確認されます。属性というのは申込者の年齢雇用形態年収家族構成居住形態固定電話の有無などの情報のことであり、さらに前述した勤続年数なども属性情報の一種だといえるでしょう。

属性情報については、例えば正社員であればパートやアルバイトよりも有利になりますし、また年収は多ければ多いほど有利になります。属性情報の良し悪しについては、自分自身でもある程度判断できるのではないでしょうか。属性情報が比較的有利な人の場合には、低金利で利用することができる銀行系カードローンがおすすめになります。またみずほ銀行カードローンの場合には、低金利で大きな金額を借り入れることができるエグゼクティブプランの利用が認めらられるかもしれません。

一方で属性情報にあまり自信がないという人は、比較的柔軟な基準で審査が行われる消費者金融系カードローンに申し込んでみてください。消費者金融系カードローンでは金利条件などが銀行系カードローンよりも若干割高になるのですが、その分だけ審査には通過しやすくなるはずです。パートやアルバイトの人や年収が少ない人などにも、消費者金融系キャッシングへの申し込みをおすすめしたいと思います。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。