みずほ銀行カードローンの返済を滞納してしまうとその後はどうなってしまうのでしょうか?

みずほ銀行カードローンは、大きな金額を低金利で借り入れることができる便利で使いやすいカードローンなのですが、返済を滞らせてしまうと様々なデメリットが生じることになります。それではみずほ銀行カードローンを滞納してしまうと、その後はどうなるのでしょうか。

みずほ銀行カードローンの返済を滞納してしまうと大きなリスクを背負うことになります!

みずほ銀行カードローンで借り入れを利用した場合には、定められた返済日までに確実な返済を行うことが必要です。返済を滞らせて滞納をしてしまうと、カードローンの利用が停止されてしまうことになります。すぐに返済をすれば利用停止処分は解除されるのですが、滞納が長期化するとその後はさらに大きなリスクを背負うことになるのです。いざ返済前になってから後悔しては遅いです。必ず申込前にみずほ銀行カードローンの詳細について理解するようにしておきましょう。

みずほ銀行カードローンの特徴まとめはコチラ

滞納をしてしまうとその後どうなるのでしょうか?

まずはカードローンの利用停止処分が行われます!

返済日までに返済が行われなかった場合には、すぐにカードローンの利用停止処分が行われます。

ハガキによる支払いの催促が行われます!

滞納が一定以上の期間になると、ハガキによる支払いの催促が行われます。支払いが確認できないことや、すぐに返済を行うことなどを請求する催促が、ハガキを送付することにより行われるのです。

電話による支払いの催促が行われます!

ハガキによる催促が行われても返済が確認できない場合には、電話による支払いの催促が行われます。まずは携帯電話に催促の電話がかかってくることになりますが、これに応じない場合などには自宅や勤務先などに電話がかかってくることになります。

正式な催促状が送付されます!

電話による催促が行われても返済が確認できない場合には、正式な催促状が送付されることになります。催促状の送付はいわゆる最終通告であり、これに応じない場合にはその後法的手続きが行われることになります。

厳しい取り立てが行われるのでしょうか?

返済を滞納してしまうと厳しい取り立てが行われるのではないかと不安を感じている人が多いようですが、返済を滞納してしまったからといって暴力的な取り立てなどが行われることはありません。ただしだからといって延滞をしてもよいというわけではありませんので、借り入れを利用した場合には定められた期限までに確実に返済することを心がけるようにしてください。

みずほ銀行カードローンの返済を滞納してしまうと様々なデメリットが生じることになります!

みずほ銀行カードローンの返済を滞納したからといって、厳しい取り立てが行われることはありません。ただし滞納をしてしまうとその後は、様々なデメリットが生じることになるのです。

すぐに利用停止処分が行われます!

みずほ銀行カードローンで借り入れを利用した場合には、銀行口座からの引き落としによる方法で月々の返済が行われます。口座引き落としが行われる日(約定返済日)に引き落としが確認できない場合には、すぐに利用停止処分が行われることになります。1回目の滞納の時点で即時利用停止処分が行われることになりますので、「1度ぐらいなら大丈夫だろう」などと考えずに、確実な返済を行うようにしましょう。

滞納が長期化すると信用情報機関に滞納の履歴が登録されることになります!

滞納をしてもすぐに返済すれば大きな問題にはならないのですが、滞納が長期化して悪質な利用者だと判断された場合には、信用情報機関に滞納の履歴が登録されることになります。信用情報機関は利用者に関する各種情報が登録されたデータベースであり、カードローンやクレジットカードや一般ローンなどの利用に関する履歴が登録されています。

新規のカードローンなどに申し込んだ場合には金融機関は信用情報機関に対して情報の照会を行いますので、この時に滞納の履歴が登録されているといわゆる「ブラックリスト状態」だと判断されることになります。一度滞納の履歴が登録されてしまうと返済から5年程度が経過するまでの間は抹消されませんので、その間はすべてのカードローンやクレジットカードや一般ローンなどの審査に通らなくなってしまうのです。

短期間の滞納を何度も繰り返した場合にも滞納の履歴が登録されることになります!

滞納をしてもすぐに返済をすればいきなり滞納の履歴が登録されることはありませんが、短期間の滞納を何度も頻繁に繰り返した場合には、やはり悪質な利用者だと判断されて滞納の履歴が登録されることになります。カードローンは担保や保証人なしで融資を行う金融商品ですから、審査では利用者の信用が重視されることになります。滞納をしてしまうと信用が低く判定されますので、カードローンを利用することが難しくなってしまうのです。一度失った信用を取り戻すためには、長期間確実な返済を続けていくことが必要になります。

損害遅延金(遅延利息)が請求されます!

みずほ銀行カードローンの返済を滞納してしまうと、返済日以降の滞納期間に対して損害遅延金(遅延利息)が請求されることになります。これは滞納に対するペナルティであり通常の利息とは別に請求されますので、返済の負担がさらに大きくなってしまうのです。みずほ銀行では延滞遅延金として、日割り計算により借入残高の19.9%(年率)に相当する金額が請求されます。

滞納をしてしまうとその後は借り入れを利用することができなくなります!

みずほ銀行カードローンの返済を滞納してしまうとすぐに利用停止処分が行われますので、その後は借り入れを利用することができなくなります。

借り入れが必要な場合には滞納の前に利用するようにしましょう!

みずほ銀行のカードローンを滞納してしまうとその後は借り入れを利用することができなくなりますので、どうしてもお金が必要な場合には滞納をしてしまう前に借り入れを利用するようにしてください。ただし借り入れはあくまでも借金ですから、借りたお金についてはその後必ず返済することが必要になります。

利用限度額の増額の申し込みはくれぐれも慎重に判断するようにしましょう!

すでに利用限度額いっぱいまでの借り入れを利用している人の場合には、追加の借り入れを利用するために利用限度額の増額に申し込むことが多いようですが、これはあまりおすすめできない方法だといえるでしょう。利用限度額の増額が認められるためには優良な利用履歴が必要になりますので、お金に困っている人が利用限度額の増額に申し込んでも認められる可能性は少ないのです。むしろ「お金に困っているのではないか?」と疑われて利用限度額を減らされてしまう可能性がありますので、利用限度額の増額の申し込みについてはくれぐれも慎重に判断するようにしましょう。

他社からの借り入れを利用して返済するという方法もあります!

あるいは他社のカードローンに申し込んで、他社からの借り入れを利用してみずほ銀行カードローンを返済するという方法もあります。ただしこの方法に頼っていると借金をして借金を返済する「自転車操業」の状態になり、最終的には多重債務で返済不能に陥ってしまうことになりますので、給料日の直前などのように短期間で返済が可能な場合に限ってこの方法を検討するようにしてください。

滞納をしてしまいそうな場合にはすぐにみずほ銀行に相談をしてください!

カードローンは契約に基づいた賃貸借取引ですから、借り入れを利用した場合には返済期日までに確実な返済を行うことが必要になります。様々な事情によりどうしても滞納をしてしまいそうな場合には、すぐに自分からみずほ銀行に連絡をして対応策を相談してください。

みずほ銀行カードローンの返済を滞納してしまうとすぐに利用停止処分が行われますし、返済期日以降の期間については損害遅延金(遅延利息)が請求されることになります。また滞納が長期化して悪質な利用者だと判断された場合には信用情報機関に延滞の履歴が登録されることになりますし、返済の催促のハガキや電話などを無視した場合にはその後法的手続きが行われる可能性があります。

自分から連絡をして相談するようにすれば、滞納を早期に解決できる方法が見つかるかもしれません。問題が大きくなる前に、早めに滞納を解消することを心がけるようにしましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。