マルチ商法の事例と対処法

話題のネオヒルズ族、実態はマルチだった?!秒速で破産は本当・・・?!

話題になっているネオヒルズ族

数年前から話題になっているネオヒルズ族をご存知でしょうか?
ホリエモンや藤田晋社長とは異なり、情報商材で財を成した若者達です。
ネオヒルズ族のやっていることが、マルチ商法の典型です。
正確にはマルチではないのですが、マルチまがい商法ということです。
ここではネオヒルズ族がどのような手段で搾取していくのかについて見て行きましょう。

派手な生活を喧伝して、こうなれるよと宣伝する

ネオヒルズ族が自分たちの生活を宣伝するのは、それがある種の広報活動になっているからです。
どうやってこんな賢覧豪華な生活ができるのか興味を抱かせ、そしてセミナーへと誘導するのです。
いったん興味を持ったら、検索したりセミナーに通ったり、無料の情報をダウンロードしたりしますよね。それがマルチの入り口です。

ビジネスの大半は、自己プロモーション

彼等のビジネスの大半は、自分が成功したと宣伝することにあります。
成功するには自己啓発を行って集客して、また同じような人を増やしていくのです。
自己ブランディングを演出する方法がほとんどのセミナーの内容となっており、中身はまったくありません。
ただ成功しているイメージを植えつけるのです。
中には実際にヒルズに住んでいる人もいるでしょうが、大半の方は自己演出だけで中身は伴いません。中身がないものをいくらブランディングしたところで売れないのです。
結局、同じような人を集めて、同じようなセミナーを行うことで成功するというビジネスモデルです。これではだまされる人の数には限りがありますので、いつか破綻します。

情報商材などに注意

情報商材などにも注意しましょう。いったん購入すると顧客リストに載せられ、次から次へとダイレクトメールが来ることになります。
オプトインメールですので、承諾したことになってどんどん宣伝メールが来るのです。
無料の商材だからといって安易にメールアドレスを登録するのは止めましょう。
どんどんメールが来て収集がつかなくなります。

返金詐欺、被害者の会詐欺にも注意

マルチの特徴は、一度引っかかった人をメンバーで共有して、最後までしゃぶりつくすのが特徴的です。
そのため、被害にあった人同士で被害者の会を立ち上げようと声をかけられて、また新規の情報商材を購入させられるという無限ループになります。
被害者の会などは信用できず、この商材・この人は嘘だけれど、こっちの情報は本物です、と誘導して、新しい情報商材を薦めてくるのです。

某フリーエージェント、倒産は嘘?!

某フリーエージェントとして有名な方が、破産したとニュースになりました。
ですが実際に破綻しているのでしょうか?
破産をしてから秒速で復活することにより、「今度こそ本物のビジネスだ!」と思わせる手段かもしれません。テレビの情報などを安易に信用しないようにしましょう。
秒速で破産したことすら、自己プロモーションかもしれません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。