大晦日でお金がなくてピンチに!カードローンを事前に作っておこう

年末年始はお金がかかる?家から出ないのに最もお金を使う理由とは?

年末年始と言えばほとんど家で過ごすのでそこまでお金がかからない、と思われがちです。しかし、総務相の家計調査によると、年末年始ほど出費が多いことが分かっています。具体的には以下の表の通り。
 
 

忘年会 一度の費用は3000~5000円程度。3つの忘年会に顔を出せば1万円~1万5000円ほど出費に。
年末年始 人によって異なるがおせちや移動費などを考えると数万円単位が必要になりがち。
お年玉 あげる人数にもよるが、数万円から十数万円になることも。
クリスマス 国内最大級のイベントであるクリスマスで数万円以上の出費が続くことも。

 
 
この表を見てみると、年末年始の代表格である「元日:1月1日」と「大晦日:12月31日」がトップ3のうち二つを占めていることが分かります。

つまり、調査の結果では年末年始に出費が集中しがちだということが分かります。

しかし「どうしてほとんどのお店が休みになっている年末年始に、ここまで出費が集中するのかおかしい」と感じる方もいるでしょう。

大手スーパーやコンビニ以外は年末年始を休みとしている商業施設ばかりですよね。
もちろん、年末年始に合わせておせちを購入したり、初詣に出かけたり、新幹線や飛行機、高速道路料金と費用がかさむのも分かります。

実は、年末年始に最もお金を使っているその最大の理由は「お年玉」なんです。平均的な金額は7605円。先程の表と照らし合わせてみると、支出の半分はお年玉によって占められていることが分かります。家庭にもよりますが、例えば子供1人あたりに1万円ずつお年玉をあげたとすると、子供が複数いれば簡単に3万円、4万円…と費用がかさんでしまいますよね。もちろんその子供の将来のための投資だと考えれば無駄なお金ではないのですが、少なくとも家計に響くのは間違いありません。かと言って社会人になってからお年玉をあげられないのは立場的に辛いのもよく分かります。
 
 

年末年始直前の出費も響く!?

 
年末年始にお金がかかるのは多くの方がご存知の通りですが、実は直前に「クリスマス」という名の日本人が大好きなビッグイベントがあります。

ここでお金を使ってしまい、年末年始に回すお金が無くなってしまった、という話も良く耳にします。日本は特に大型連休があまりないので、クリスマスや年末年始に「ここぞ!」とたくさんお金を使うのは仕方がありません。
とはいえ、上手く資金繰りができないと周りの人たちが浮かれて楽しそうにしている中「お金がない」という理由で暗い気持ちになってしまうかもしれません。
 
 

カードローンを有効活用!

 
「年末年始にあまりお金の余裕がない」、「ここで使いすぎてしまうと次の給料日まで生活費が苦しい」といった事態になったらカードローンを有効活用することを検討してみましょう。
カードローンは銀行系、消費者金融系がありますが、審査に通る自信があるなら銀行系を、あまり通りそうもないなら消費者金融系を選ぶことをおすすめします。

銀行系は金利が若干優遇されている代わりに審査が厳しく、消費者金融系は審査が緩い代わりに金利がほぼ上限金利となっています。

ただし、カードローンを検討する場合は年末年始よりも早めに契約しておかなくてはなりません。というのも、カードローン各社は年末年始は休みになっていることが多いからです。無人契約機も元旦は休み、というところが多いので覚えておきましょう。できるだけ早めの準備が年末年始を助けてくれるカードローンの有効活用につながります。

できればクリスマス辺りにはすでにカードローンの契約を済ませ、手元にカードがある状態を作っておいた方が年末年始も安心です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>