名前はよく聞くけどノンバンクって何?違いを詳しく教えて!

銀行とノンバンクの違いは何?ノンバンクは悪徳業者なの?詳しく教えて!

・ノンバンクとは

ノンバンクとは文字通り、銀行ではない貸金業のことです。
銀行を運営するには免許が必要ですが、貸金を行うだけなら銀行免許は不要です。
ただし貸金業法に基づいた登録を行う必要があります。
具体的には、消費者金融、クレジット会社、信販会社などがノンバンクにあたります。

・預金業務を行いません

預金業務ができるのは銀行だけです。
そのためノンバンクでは預金業務は行っていません。
貸金業だけです。その貸金業も、貸金業法に則って合法な運営をする必要があります。
高すぎる金利で貸し付けたり、違法な取立てをすることは法律で禁じられています。
ノンバンクといっても正規の金融業者ですので、安心して借り入れることができます

・闇金はノンバンク?

よくある誤解に、闇金はノンバンクではないのか、またノンバンクは闇金ではないのかというものがあります。
ですがノンバンク系の金融機関は、国や都道府県に貸金業の届出を行っています。
これを行わずに闇で運営しているのが闇金です

ですので両者はまったく異なります。
ノンバンクは正規の業者ですが、闇金は違法な存在です。
くれぐれも闇金と混同せず、闇金で借りてしまわないようにしましょう。

・ノンバンクの資金はどこから?

お金を貸してもらえるノンバンク。ですがその貸付の資金はどこからきているのでしょうか。
それは銀行から借り入れたり、社債や増資などを通じて調達しています。
またノンバンクの利益の源泉は、支払う利息になります。

・ノンバンク=貸金業です

ノンバンクは、銀行(バンク)でない貸金業ということです
ですので貸付を専門に行っていますので、銀行よりもサービスに積極的な一面があります。
即日キャッシング対応や、土日祝日の借り入れに対応、また金利無料期間などもサービスとして行っています。これらは顧客を獲得しようという競争の現れです。

・貸金業法による制限があります

ノンバンクは銀行とは違った業態です。そして独自の貸金業法という法律に規定されています。
貸金業法では、たとえば夜中の取立てを禁止したり、自殺による生命保険で弁済するのを禁じたり、グレーゾーン金利を禁止したりなどの制約があります。
また利用者に身近なところでは、総量規制というのも貸金業法の範疇です。
総量規制とは、年収の1/3以上は借り入れできないという制約です。
これにより年収がわかる書類の提出が必須になり、無収入の専業主婦は借り入れできなくなりました。
また闇金などの対策が盛り込まれているのも貸金業法です。
ノンバンクはこの貸金業法に従って、健全に運営されている業者です

・消費者金融、商工ローン、クレジットカード、リース、抵当証券などが該当します。

またマイクロクレジットなどの互助的な融資も、日本ではノンバンクに該当します。
個人や法人を対象に貸し付けるのがノンバンクです
保険会社や証券会社は該当しません。
国や地方自治体も融資をしてくれる場合がありますが、これらはノンバンクには該当しません。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。