カードローンを利用するために、入会金など必要な経費はあるの?

カードローンを利用する前に気になる初期費用はいくら?

 
カードローンを利用してお金を借りるという人が、増えてきているといわれています。そんなあなたも実はカードローンを利用したい!と思っているかもしれませんね。しかし気にあるのが、カードローンは入会金などの初期費用はあるの?ということはないでしょうか?
 

 
 

・基本、カードローンの収入源は利息

カードローンをこれから利用するのであれば知っておきたいのが、基本的にカードローン会社が利益を作るのは利息からであるということです。返済をする際には、利息を元金にプラスして返済していくことになります。ですのでカードローンを使用する上での諸費用というのは、かかる場合もありますし、かからない場合もあるのです。それぞれについて詳しく見ていきましょう。
 
 

・諸費用のかかるカードローンの場合

カードローンを利用すると利息が取られてしまう上に、諸費用までかかってしまうとなると必要以外のお金がかかってしまいますね。諸費用のかかるカードローンは、キャッシュ機能があるクレジットなどの場合です。
と言っても、カードローンを利用するから諸費用が掛かるというわけではなく。クレジットカードには年会費・入会金が必要なものがあるからです。つまりクレジットカードを所有すること自体に対しての諸費用といういい方もあると思います。クレジットカードにキャッシュ機能があれば、急にお金が必要となったいざという時にとても便利です。クレジットカードには、ポイント機能などもありますので、クレジットカードを日常的に使う方であれば年会費・入会費を支払ってもポイント還元機能で元が取れること多いです。
 
 

・諸費用のかからないカードローンの場合

上記でも述べたように、カードローンの収入源は利息がメインとなっています。利息を受けることで、カードローンサービスは利益を上げるのです。でも年会費や入会金などの諸費用の発生が、カードローンを申し込む人の減少にもつながる場合があります。借り手がいなければビジネスが成り立たない金融機関系のカードローンであれば、入会金・年会費などは無料が基本となっています。
確かにお金に困っているので借入をするのに、年会費・入会金などの諸費用がかかってしまうならばさらなる負担となって、借りる人の減少は避けられないといえるでしょう。金融機関も利用者がいてこそ成り立つわけで、諸費用を発生させないところが大半です。
 
 

・どこのカードローンを利用すべき?

諸費用のことだけを考えるのであれば、カードローンは、年会費・入会金などの諸費用は基本無料である金融機関系で借り入れをするのが正解であるといえます。カードローン機能だけ使うのであれば、問題ないでしょう。またクレジットカードなどのキャッシング機能よりも、金融機関系のカードローンのほうが、諸費用がかからないだけではなく、金利も低い場合が多いのでお得です。

諸費用 気軽さ 多機能さ 金利 限度額
クレジットカード系 あり・なし 付帯サービスを申し込むだけ クレジットカード機能有り 高め 低め
金融機関系 無し 審査もあり借入できない場合もある キャッシングのみ 低め 高め

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>