最大でも総量規制の年収1/3が利用限度額 -カードローンおすすめトライ

総量規制まで借りることはできるけれど…
カードローンの限度額は平成22年に施行された総量規制により規定されています。利用者の年収の3分の1までとなっているのです。貸金業者が過剰に貸し付るのを抑制するための決まりで、利用者が返済不能になるのを防ぎます。

とは言っても、この年収の3分の1というのは「最大で」という意味になっている業者が多いです。初めてカードを作った場合、貸金業者は信用情報機関で申込者の信用情報を確認するわけですが、100%問題ないかどうかはそれだけでは計り知ることはできません。信用情報は問題なくても、返済してくれないことも考えうるからです。

ですので、初めてカードを作った場合は限度額は年収の3分の1どころか、もっと低く設定されます。そして、返済の状況を見て徐々に限度額を上げていくのです。

また、カード発行会社によっては選択式のものもあります。100万円まで、200万円まで、などと枠があって、利用者が選択できるのです。もちろんこれも最大で年収の3分の1までですが、利用者によっては「自分は使いすぎてしまうから限度額は低く設定しよう」などと自ら低めに設定する方もいます。

総量規制を超えて借り入れることもできなくはない

総量規制は無担保ローンにおいての規制です。有担保ローンなど総量規制の対象外となっているものもあります。 また、無担保でも緊急の医療費が必要なケースや、少額のローンをまとめて金利を有利にする借り換え、個人事業主に対する貸し付けなども総量規制を超えて借り入れることは可能です。

ただ、やはり返済の計画をしっかり立てておかないと、総量規制を超えても超えなくても返済の可不可の問題になるので、限度額については気をつけなければなりません。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*